(049)専業主婦になりたい女たち (ポプラ新書)

  • 211人登録
  • 3.53評価
    • (11)
    • (24)
    • (20)
    • (6)
    • (3)
  • 28レビュー
著者 : 白河桃子
  • ポプラ社 (2014年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591142523

(049)専業主婦になりたい女たち (ポプラ新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仕事は絶対やめてはいけないと思うが、そうはさせてくれないのだよね。

  • とにかく総合職正社員で働き、結婚後もリスクを考えて職を手放してはいけない!ということ。

    書かれていることには概ね同意。
    ただ、著者の主張ありきでデータやインタビューが解釈されているような…
    また、子育てをしていると、ほんとうにどうしようもなく退職しないといけない場面に遭遇することもあるだろうし、そこから得られるものもあるとは思う。
    とにかく専業主婦としての幸せよりも、その先にあるかもないかもしれないリスク(主に経済面の)を考えさせる書かれ方だった。
    著者の主張は現代の日本をリスク回避して乗りこなすには必要なことだけど、問題はそこじゃなくて子育てや介護と両立できる働き方ができる世の中にしないといけないと思った。

  • 尽くしたいという女性のことを割と批判的に書いている印象を受けたけれど、私はやっぱり男性には尽くしたい。役割を見つけることで自分の立場を明確にしたいから。自分がいなきゃ成り立たないことがあると思いたいから。
    金銭的な面だけでなく、精神的な面ももう少しクローズアップして欲しかった。

  • あまり硬くならない文体で専業主婦になることのリスクを説いている。印象に残った部分としては、将来のリスクに鈍感にならないと今時の時代は専業主婦にはなれないとのこと。将来のリスクを感じない、全ての条件を相手に求めない、物欲を持たないの3つのないが今時の専業主婦の幸せの源泉とのこと。

  • ゼミナーに向けて白河さんの本を予習しておこうの巻3冊め。
    あんまり読めなかったな。

  • 専業主婦になりたいという夢を追い続けるリスクがインタビュー形式で書かれていて良かった。

  • 2016/2/2

  • うん、読みやすかった。
    やっぱり専業主婦はリスクが高い。夫の稼ぎがすごくいいとか、自分にも手に職があるとか、そういうことでないかぎり、やっぱりなんとか夫婦で家事育児をして二人とも正社員に近い働き方でそこそこの年収を確保する必要がある。専業主婦志向の幸せな女性も、前向きに働く方向へ共感してほしい。

  • 日本は、男性より女性の方が幸福度が高いという統計があると聞いたことがあるが、女性にとっても生きにくい世の中になってきているんだなあという感想。
    雇用機会均等法以降、働くって結構大変というのが女性にもよく理解され、夫と仲良くさえできれば、一生働かずに、特に子供が大きくなってからはのんびりできるなら、その方がいいやって多くの人がわかってきたということかな。ただ、それはわかってはきたんだけれど、昔みたいに稼ぎのいい男が減ったせいで、専業主婦になって働かないことは超贅沢という時代になったことが、あまりわかっていないということかもしれない。

  • 読んで納得。
    婚活女子の、「専業主婦になりたいから、年収600万はほしい」という条件も、
    世の独身男性の「結婚したら出来れば夕飯どきは家にいてほしいが、相手にはゆるく働いて、300万くらいは稼いでほしい」も、
    どちらもファンタジーだということが良く分かった。
    手に職つけよ…

全28件中 1 - 10件を表示

(049)専業主婦になりたい女たち (ポプラ新書)を本棚に登録しているひと

(049)専業主婦になりたい女たち (ポプラ新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(049)専業主婦になりたい女たち (ポプラ新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(049)専業主婦になりたい女たち (ポプラ新書)のKindle版

ツイートする