続・被爆者: 70年目の出会い (シリーズ 自然 いのち ひと)

  • 19人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 会田法行
  • ポプラ社 (2015年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591145784

続・被爆者: 70年目の出会い (シリーズ 自然 いのち ひと)の感想・レビュー・書評

  • 「2005年、戦後60年の年に出版された『被爆者』で6人の被爆者の方の体験を伝えた写真絵本の続編となります。去年2015年で戦後70年目となり、広島や長崎での被爆からも同じく70年のときがたちました。前回の本でインタビューに答えてくださった6人の被爆者の方々も高齢となり、また、亡くなった方もおられます。今を生きるわたしたちは、その平和への想いを引き継がなければなりません…」―紹介文より―
    本書では、被爆者の方々の想いを継承する方々の想いとともに、福島の原子力発電所の事故による放射線被害のためにふるさとを離れなければならなくなった一家の想いも紹介されています。今、私たちは何をしなければならないのかを考えるきっかけになる一冊です。

  •  表紙には、高齢の男性と若い女性。おじいちゃんと孫?と思ったが違った。被爆者の記憶に残る光景を「原爆の絵」として残すプロジェクト。被爆者の証言を聞いて高校生が絵を描く。被爆体験を若い世代へ継承していくため。
     『被爆者』の表紙の写真の女性、片岡さんのことも。2015年1月に亡くなられたそう。

  • あの絵を描くということは、ものすごく重いことだと思う。
    語られ、聞いたその話を、真剣に受け止めれば受け止めるほど、すごく重い。
    「自分だけの絵じゃない」
    その思いがあるからこそ、描くことができているのだろう。

    戦争による被爆者が歳を取り、段々と少なくなっていく中、それを残そうと記録を続ける筆者と、さらに若い世代の活動。
    そして、今、福島。
    新たに「被爆者」ではなく、「被曝者」が増えてしまったという現実。

    この本では、福島のことを語っている時にも、「被爆」という漢字を使っている。

全4件中 1 - 4件を表示

続・被爆者: 70年目の出会い (シリーズ 自然 いのち ひと)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

続・被爆者: 70年目の出会い (シリーズ 自然 いのち ひと)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

続・被爆者: 70年目の出会い (シリーズ 自然 いのち ひと)の作品紹介

2005年、戦後60年の年に発刊した『被爆者-60年目のことば』で6人の被爆者の方の体験を伝えた写真絵本の続編となります。

それから10年がたち、2015年戦後70年目となりました。広島、長崎で原爆での被爆からも同じく70年がたちました。
6人の被爆者の方々も高齢となり、また、亡くなった方もおられます。

今を生きるわたしたちは、その平和への想いを引き継がなければなりません。

この写真絵本では、被爆者の人々の想いを継承する人々-被爆体験者から話をきき、それを絵にする高校生。被爆者のことばを継がなければならないと思っている親戚-を紹介しました。
また、福島の原子力発電所の事故による放射線被害のためにふるさとをはなれなければならなくなった一家の想いを紹介しています。

平和のために、今、私たちは何をしなければならないのかを考えるきっかけになる一冊です。

続・被爆者: 70年目の出会い (シリーズ 自然 いのち ひと)はこんな本です

ツイートする