悩殺ジャンキー (1)

  • 1023人登録
  • 3.60評価
    • (129)
    • (108)
    • (343)
    • (8)
    • (1)
  • 124レビュー
  • 白泉社 (2004年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592188056

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

悩殺ジャンキー (1)の感想・レビュー・書評

  • 人気モデルは実は・・・

  •  やっぱり白泉社のマンガは、少女マンガ好きのキュンのツボを抑えてます。悩殺スマイルをもつモデルのウミちゃんが実は男の子という設定です。ひと昔のエビちゃんが実は男の子だったっていう感じでしょうか?

  • 売れないモデル・ナカと、売れてるモデル・ウミ(男)の話。

    ナカは、元々は好きだった人に「ウミが好き」と振られて以来、ウミを見返してやる! と思ってウミの所属するモデル事務所に所属したのだけれど、凶悪犯面のナカはなかなかオーディションに受からない。
    そんな中、実はウミが男だということを知ってしまって、ウミと取り引きをすることになる。
    ナカはウミが男だということを黙っている代わりに、仕事をもらうことになる。

    という話でした。
    恋愛要素、20%、ギャグ要素80%くらいの物語。
    個人的には、独特なタッチで描かれるファッションセンスがお気に入り。
    そして、キュンキュンするナカとウミの関係もとても楽しみです。
    元々は、読みきりだったんだろうなあ……っていうのもわかるんですが、絵と内容が良くマッチした楽しい話なので、個人的にはオススメです。

    コミカル少女漫画、といえば正しいと思いますし、ベタなのはベタなので、ベタベタなケンカラブが好きな人にはオススメしておきます。

  • 緊張すると極悪面になってしまう新人モデルのナカの奮闘記。
    しかし、このモデル事務所は大丈夫なのか?と心配になってくる…
    ナカを事務所に入れたり、男の子を女装させて、美少女モデルとして売りだしたりと面倒なモデルを所属させている…
    ナカをブランドモデルの起用にOKを出した皆川さんは挑戦者だ…

  • 極悪面モデル・ナカと人気モデル(女装男子)なウミのテンポのいいやり取りが魅力的。所々ご都合主義であったり服がださめであったり残念な所が多々あるのですが、それを差し引いても少女漫画らしくて素敵だと思います。1ページに対する書き込み量が多かったりするので非常に濃く、五月蠅い印象を持つかもしれませんが、かなり面白いと思います。

  • ウミより堤さん

  • 主人公のナカは生まれついての極悪顔。自分をフった先輩見返してやろうと、悩殺スマイルが売りの大人気モデル・ウミちゃんと同じ事務所でモデルデビューを果たすが
    、ウミちゃんの秘密を知ってしまって主従関係に…!?

    あらすじまでは軽く記憶していたけどこんなにキャラクターが濃ゆいとは。
    ウミが実はナカと同じ中学校でしかも極悪生徒会長だったんかい!(笑)

  • みんなかわいい!
    堤推し(笑)!

  • レンタルショップにて借りてきました。
    極悪顔のナカは、憧れの先輩に顔が怖いとふられてしまう。
    その彼が好きだというのが人気モデルのウミ。
    ウミの所属するモデル事務所に勢いで入るものの、なかなか仕事がもらえない。
    そんなとき、ウミの秘密を知ってしまう・・・。
    少女まんがとしてはありがちな展開かな~って思うのですが、なかなかおもしろい。

  • レンタルで全16巻読了。

    モノクロからのジャンキー。 遡及w
    ルックスは抜群なのに緊張すると極悪面になる売れないモデルのナカ。
    同じ事務所の売れっ子美少女モデル・ウミの秘密を偶然知ってしまい、
    口止め料として仕事をもらう代わりに必死で秘密を守ろうとするが・・・。
    様々な困難を乗り越え成長していくモデルたちのドタバタラブコメ。

    キャラの心情描写が上手い。 切なかったり甘かったり痛かったり。
    各エピソードはうまくまとまってるのに、全体を通して読むと、あれ?
    なんか話が・・・んんん? ってなるところがあるのが惜しい。
    でも後半の畳みかけるような展開にはかなり惹きこまれた・・・。
    ウミの基本設定が個人的に苦手分野だったので大丈夫かなと思って
    たんだけど(笑)、巻を追うごとに気にならなくなりましたw 
    絵柄は、連載中にだいぶ変わってます。
    初期~中期は、今のモノクロに比べるとかなりシンプルであっさり系。

    ウミナカかわいい。 ウミがかっこかわいい。
    みんなまっすぐでアホで意地っ張りで憎めないキャラばかり。
    梶原家の人々と生徒会メンバーによるウミ弄りが楽しすぎるw

  • 上手に笑えないモデル・ナカと人気モデルだけど実は女装男子なウミ。
    二人のやり取りがひたすらにテンション高めで面白かったです。

    ファッションやモデル系の話が好きな人にはお勧めです。

  • かわいい!!大好き!

  • 前後輩に借りたんですが集めたくなったので買いました!!
    ナカ好きです(*^o^*)
    続きはやくみたい!!!

  • 福山リョウコさんの描く空気が好き。
    キラキラした青春というか。
    笑ったりしているところだけでなく、苦しんだり迷ったりしているところ
    全部含めてキャラがみんな輝いていて。
    読む度に「いいなぁ」と思ってしまう作品。

  • 地元の図書館にあって、ずっと気になってたのですが、1巻が置いてあったのでついに借りて読みました!!
    爆笑ものでした(笑)
    こんなに笑えるとは思わなかったです(笑)
    ナカぴょん可愛いよ!!
    びっくりするほどの極悪犯人スマイルだけど(笑)
    応援したくなるし、ウミとの今後も気になります(*^^*)

  • 笑えないモデルと、女装モデル。

    最初は立場的に弱い主人公が、どんどん強く、魅力的に奔放になっていく様子が素敵。

    長くも短くもなくちょうどストンと終わった完結作品だと思う。。

    絵柄もセンスが良くてカワイイ★

  • 全16巻読了。
    モデルとか服飾系の内容扱う割にたまにダサかったり
    キャラ回しがご都合主義的だったり
    ん?と思う点は幾つかあるが

    主人公は個性に意外性あって良かったし
    ストーリーも破綻せず当初の目的をラストまで貫く点が良い。
    無駄に引き伸ばされてる感がなく、よく貫かれている。

    少女漫画としては十分な面白さ、合格点。

    最終巻の、主人公の笑顔には感動した。
    あの笑顔を見れたから、全巻読んだ甲斐があった、読んで良かったって思えた。

  • 友達に借りて全巻読破。
    設定は面白くていいけど、ちょっとぐだぐだしすぎと感じる。この設定でこんなに長く続くとは…(-o-;)
    この作家さんの絵は、あんまり好きではないのですが、現在花ゆめ本誌で読んでる次作よりは絵がよくて驚いた。こっちの絵の方が断然好き。

  • 最初の頃は特に、登場人物の見分けがつかなかった。髪黒い人はみんな同じに見えたし、ウミと堤さんもどっちだかわからないことがあって困った(笑)
    登場人物が全体的に若いなーという印象。ナカとウミはほんとに中学生か?中学生ってこんななの?と思ったし、デザイナー苺と花楓も中学生、天才カメラマン堤さんは高校生…。
    けどこういうぶっとんだ設定は少女漫画ならではだと思うし、楽しく読めました。
    心理描写がものすごく素敵でキュンときました。

  • 5巻まで

    人気モデルが実は男の子っていう設定はまだいいとして、
    オーディション内容とかカメラマンが高校生とか撮影で1ヶ月沖縄とかいきなり学祭でファッションショーとかありえなすぎてバカらしい
    小学生向きの漫画みたい

    主人公ヒーロー、それぞれのモノローグがあるとことか、お互いがお互いを凄く好きなのにうまく伝えあえてなくてバタついてるとことかは
    この作家の持ち味なのか上手く描けてると思う

  • 購入。売却。
    ・猛烈に少女漫画成分に飢えてたときに買った
    ・絵柄:シンプルでいいけど好きじゃないな
    ・「君に届け」に似てね??

  • テンションがひたすらずっと高い漫画。

    久しぶりに1巻~読んでみたんだけど、
    “あ、そういやヒーローが女装モデルしてる話だったっけ…”と。

    登場人物にこんなんがいたなぁ。くらいしか覚えてなかった。
    しかし、一話一話にきっちり区切りがつきすぎてて
    (多分モノローグ多いからかな?)
    雑誌で読むのはいいのにコミックスで一気に読むと
    ところどころ「あれ?」と思わないでもない。

    しかし、作者急激に絵が上手くなった気がする。

全124件中 1 - 25件を表示

悩殺ジャンキー (1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悩殺ジャンキー (1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする