夏目友人帳 16 (花とゆめCOMICS)

  • 1514人登録
  • 4.23評価
    • (159)
    • (151)
    • (65)
    • (2)
    • (1)
  • 90レビュー
著者 : 緑川ゆき
  • 白泉社 (2013年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193661

夏目友人帳 16 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おタキちゃんはいい子だーーー
    って叫びたくなりました。
    ナツメもタヌマも思いやりがあっていい子だ。

    妖怪と人の、お互いを思う気持ちがテーマの巻でした。

  • あと、3日後に発売の新刊!
    期待してます(^O^)

  • 禁術を危険なものと知っても、
    (祖父の残した)宝物と言えるタキ。
    妖しと感じながらもあのヒトに友人を店に来た田沼。
    そして、人とは交わってはいけないという、
    妖したちの想いを知る夏目。
    みんな成長していますね~。
    そして、、、旅兎、鳥さんたち(妖し)が可愛い♪

  • 田沼くんがまっすぐな子でほんとよかった

  • 夏目と妖ではなく、友達とか人間との関係も交えた話が中心だったので良かった。
    そして、妖との関係とかも含めて、いつも読んでて泣いちゃう。

  •  薦められて一気読みした本作品は誕生10周年らしい。ということは、裏返せば、これほどすばらしい作品を10年も全く知らなかったことを意味している。自分の知らない素敵な作品群が其処彼処に転がっていて、しかも、気づかないまま日常生活を送っている。この当たり前の事実に気づけたことだけでも、本作品に出会えたことを喜びとしたい。
     しかも、15巻あたりから、さらにパワーアップした素敵な作品が続いている感もあり、是非読んでもらいたい作品の一つである。

  • "「その手取坂付近は確か妖が多い所だ
    この私を置いていけば後悔することになるかもしれんぞ」
    「ーーう… …おとなしくしてろよ?」
    「やったーあつかんあつかんー」
    「アルコール禁止!!」"

  • タキが使う陣を禁じ手とするのは、人と妖の交流を誰でもできる→別れの悲しみの拡大だから?

  • タキ、田沼。夏目の友人で妖怪との関わりがある2人のお話。でも関わり方は3人とも違い… タキの話は切なかったな… ホントいい子だなぁと思った。毎回ほろっとさせられるお話と心が暖かくなるお話ばかりです。最後の鳥の妖怪がおかしくてかわいくて、ほっこりさせて頂きました

  • ホラーだと思わせてからの心温まるストーリー。偶に本当にホラーだったりもするけれど、そんなところも含めて好き。
    今回のレイコさんを招きたい白鬼の話…何回見ても素敵。

全90件中 1 - 10件を表示

緑川ゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

夏目友人帳 16 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

夏目友人帳 16 (花とゆめCOMICS)に関連するまとめ

夏目友人帳 16 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夏目友人帳 16 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夏目友人帳 16 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

学校の黒板に妖(あやかし)の落書きを見つけた夏目。用心する中、多軌が最近、陣を使って家に迷い込んだ妖を助けたという話を聞く。夏目は多軌の陣が、祓い屋の間では禁術であることを伝えようとするが…!? 小さな妖達が登場する特別編も収録。あやかし契約奇談第16巻!! 2013年7月刊。

夏目友人帳 16 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする