復興するハイチ ―― 震災から、そして貧困から 医師たちの闘いの記録2010―11

  • 28人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 岩田 健太郎 
  • みすず書房 (2014年3月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622078203

復興するハイチ ―― 震災から、そして貧困から 医師たちの闘いの記録2010―11の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:498.0259||F
    資料ID:51400586

  • 30年間に渡り、途上国、紛争地などで医療の提供を行ってきたポール・ファーマー氏が、その活動の一つの大きな拠点としていたハイチで遭遇した大震災とその後のコレラの大流行からの復興に向けた取り組みを書いた本。

    概ね2010年1月に発生した大震災から1年後までの期間を描いているが、そこに至るまでのハイチの歴史も含めて描かれており、大震災によってもたらされた被害が、自然災害だけではなく、脆弱な人間の安全保障の状態をつくり出した社会背景による人災としての側面を持つことも書かれている。

    大規模災害は、社会の矛盾や歪みを明るみに出す。ハイチにおいては、政府を中心とする公共セクターの機能劣化とそれによってもたらされた基礎的な公共サービスや雇用の確保といった社会保障の欠如がそれである。それを各国のNGOが補完していたとしても、本質的には「NGO共和国」では国家の代わりを果たすことは出来ない。

    そのような社会の歪みを冷静に見つめたうえで、「震災は復興を正しく行うチャンスである」と言い切る筆者の言葉には、非常に重たいものを感じた。

    復旧ではなく復興を、とは東日本大震災後にも多く語られた言葉ではあるが、本質的に復興の必要なものは何か、そのことを見つめ直すための視座を身につけたいと感じた。

  • ポール・ファーマー『復興するハイチ』みすず書房、読了。21世紀のシュヴァイツァーと評される著者は1年の大半をハイチやルワンダで過ごす。本書は著者による「復興するハイチ震災から、そして貧困から 医師たちの闘いの記録2010-11」(副題 http://www.msz.co.jp/book/detail/07820.html

    ポール・ファーマー『復興するハイチ』みすず書房。2010年1月の地震で死者は31万人以上に上り、国家機能が喪失したといっても過言ではない被災となった。ハイチで30年にわたって医療活動を行ってきた著者とそのチームの記録である本書は、現実の問題だけでなく構造的な病巣をも明らかにする。

    ポール・ファーマー『復興するハイチ』みすず書房。NGOの数は多いが中枢系統がないためバラバラに動いてしまったり、支援金は先進国に戻っていく愚……。「より良い再建」とは何か。著者の克明な記録は、災害が露呈する社会の矛盾と支援のあり方の再考を促す。

    ポール・ファーマー『復興するハイチ』みすず書房。ラテンアメリカ最初の独立国かつ世界初の黒人による共和国として誕生したハイチは、2世紀に渡り世界最貧国のままである。ハイチを巡る国際環境はそのまま近代史の矛盾を反映している。人々の努力だけが希望である。現状と歴史理解深める一冊。

全4件中 1 - 4件を表示

ポール・ファーマーの作品

復興するハイチ ―― 震災から、そして貧困から 医師たちの闘いの記録2010―11を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

復興するハイチ ―― 震災から、そして貧困から 医師たちの闘いの記録2010―11を本棚に「積読」で登録しているひと

復興するハイチ ―― 震災から、そして貧困から 医師たちの闘いの記録2010―11の作品紹介

2010年1月12日のハイチ大地震から4年。著者はそこで30年近く無償医療活動を行い、絶望的状況で常に方策を見出してきた。そして20万以上の死者を出した未曽有の災害後、以前より良い状態への復興を目指す。しかし、世界の近代化のしわ寄せを一手に引き受けたこの国の問題は根深く、患者の苦しみを癒すには、国の、そして世界の病理を診る必要がある。世界で最も尊敬される医師による、壮絶な闘いの記録。

復興するハイチ ―― 震災から、そして貧困から 医師たちの闘いの記録2010―11はこんな本です

ツイートする