おとうさんがいっぱい (新・名作の愛蔵版)

  • 183人登録
  • 3.81評価
    • (22)
    • (25)
    • (34)
    • (2)
    • (0)
  • 44レビュー
著者 : 三田村信行
制作 : 佐々木 マキ 
  • 理論社 (2003年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652005149

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
森見 登美彦
米澤 穂信
桜庭 一樹
恒川 光太郎
桜庭 一樹
有効な右矢印 無効な右矢印

おとうさんがいっぱい (新・名作の愛蔵版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世にも奇妙な物語のような短編5つ。
    子どものころに読んでたらどうだっただろうな。忘れられなくなりそう。読み終わると背筋がぞくっとするようなものばかり。

    「ぼくは5階で」「おとうさんがいっぱい」が特におもしろかった。最後の「かべは知っていた」は、ほかとすこし違って切ない感じ。星新一や乙一、あと村上春樹の短編とも少し似ているかも。読んだあとにいろいろ考えてしまう。

  • 幼少期に読んだ児童書で、両親が実はエイリアンだったという物語を読んだことがあって、いま考えると今の自分の考え方の一部を作ってるなと思うんだけど、この本もその類のトラウマ本になること間違いなしの怖さがある。

    日常のふとしたことがきっかけになって、不思議な世界に閉じ込められてしまう物語ばかり。

    大人が読んでも、ちょっとゾクッとする内容でした。

  • もう少し文章が簡潔だと退屈せずに読めたのかもしれないですが、どれもなんとなく似た感じの題材で少し飽きてしまいました。でも登場するお父さんたちの大人とは思えない取り乱しようや言動はある意味面白い。古い作品なので女性に対する発言や自閉症に関する記述など、今とはだいぶ違うなと感じました。その一方で、家族関係の希薄さは今でもしばしば問題にされることですし、かべの中のお父さんの話などは、親の介護を一人で背負う息子を連想してしまいました。ホラーテイストですが、いろいろ考えさせられる話でもあります。

  • 小学生の時にフォア文庫版を買ってもらって読んだ。『おとうさんがいっぱい』…おもしろそうだなあ、と思って読んだのに、怖ろしさに震えることになった。
    「どこへもゆけない道」と「ぼくは五階で」が特に怖くて印象に残っているのだけど、今読むと「かべは知っていた」がすごくじわじわ来る。

  • 小学校の時に図書館で借りた本なのに
    いまだに忘れられない

    おとうさんがいっぱい

    世にも奇妙な物語みたいな感じで
    じわじわとぞわぞわする。
    大人になった今でも
    こんな事が起きるんじゃないかって
    ちょっぴり思っている。

  • 読んだ当時、シュールな世界観に衝撃を受けた。子供ながらにゾクッとした記憶が。児童書だけど大人が読んでも面白いと思う

  • 星新一のショートショートみたい

  • こどもの頃に読みたかったな。
    こどもの頃に、何気なく手に取って図書館の片隅でひっそり読む(ここがポイント。大人がすすめて読むのでは駄目)、そしたらきっとすごく衝撃を受けたに違いない。

    ただ、大人の方が、怖さをより感じるでしょう。
    こどもの本と思って侮るなかれ。

  • 表題作と壁の作品はまあまあおもしろい

    お父さんが増えなかった家庭の描写は、子供にはわからないブラックジョーク 

    その他の作品は不条理なだけで、その構造には特に触れない思いつきの作品
    主要な登場人物はひとりなので話は広がらず、展開も深みがない

    だけど子供にとっては無意味に強いショックを与えかねない内容なので危険かと思う

    児童書としては単なる暴力になり、一般書だと捉えたら退屈かな。

  • シュールな児童書。「世にも奇妙な物語」のような話ばかりが収録されています。全編を通して、主人公はどうやら小学生くらいの子どもたち。彼らのクスッと笑っちゃう状況が、どんどん恐怖に変わっていきます。

    「ゆめであいましょう」「どこへもゆけない道」「ぼくは5階で」「おとうさんがいっぱい」「かべは知っていた」全5編収録。

    この本が1975年に出た本(当時はロマンブック版)というから驚き。今でも充分に通用する内容です。

全44件中 1 - 10件を表示

おとうさんがいっぱい (新・名作の愛蔵版)に関連する談話室の質問

三田村信行の作品一覧

三田村信行の作品ランキング・新刊情報

おとうさんがいっぱい (新・名作の愛蔵版)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おとうさんがいっぱい (新・名作の愛蔵版)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おとうさんがいっぱい (新・名作の愛蔵版)を本棚に「積読」で登録しているひと

おとうさんがいっぱい (新・名作の愛蔵版)の新書

ツイートする