ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)

  • 98人登録
  • 3.26評価
    • (6)
    • (9)
    • (25)
    • (3)
    • (3)
  • 12レビュー
制作 : 大嶌 双恵 
  • 理論社 (2007年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (469ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652079041

ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)の感想・レビュー・書評

  • 斬新な想像の仕方を、作者は持っていると思います。

  • かなり前に読んだものだったのですが、久しぶりに読み返してみました。内容を全然覚えていなかったのでそれなりには楽しめました。ただ、日本人には想像しにくい描写がされている(わたしに想像力がないだけなのかも…)部分もあり、少し混乱しました。ロンドンの様子や歴史に詳しい方が読んだらもっと面白いのかもしれません。

  • 出だしや設定はありきたりやったけど、主人公たちだけが日常の裏側に入ってしまって、石たちに追われるっていうところは面白かった。ガナーはいけめんさんだなあ。

  • 校外学習で自然史博物館へきた12歳のジョージ。
    石のドラゴンを壊してしまったことから、石壁についていた翼手竜に襲われる。
    ガーゴイルやドラゴンという石の彫像に次々と襲われる。
    逃げるジョージはブロンズ像のガナーに助けられ、少女イーディーとも出会う。
    この悪夢から抜け出すためには「ストーンハート」を探さなければならないと知り、ガナー・イーディーと共に探すことに。


    謎で答えるスフィンクスなど、神話のようで面白いね。
    石像が動き出す「裏ロンドン」とよばれるこの世界で生死をかけて戦い(逃げ)つつ、成長していく主人公。
    しかし主役の少年には魅力は感じないけれど、他の登場物たちが面白い。

    ブロンズ像の、砲兵ガナーが素敵です。

    三部作らしいので、2巻が気になるところです。
    終わり方が中途半端なのです。1巻は始まりと説明で終ったって感が。

  • 厚さとしては一日で読めそうなのに、四日かかってしまいました。しかも間に別作品を挟ませると言う。

    こちらはドラマ脚本家である筆者の長編小説処女作、三部作児童ファンタジーの一作目。

    ロンドンに実在する彫像たちが活躍するので、実際ロンドンっ子たちはわくわくするでしょうね!私は全く土地勘も何も無いので、リアルな描写に所々想像が追いつかず、もだもだしてしまいましたが。方向音痴でもある私、なかなか苦労します。

    内容としては、主人公とヒロインがそれぞれ悲しみとダークな面、本人たちもまだ把握していない不思議な能力を抱えていて、ともすれば終始暗~い話になってしまいそうなところを、陽気で愉快、楽天的、奇妙とも言える彫像たちの存在が楽しいものにしてくれています。

    読み終わる頃にはきっとガナーが大好きになっているはず。

    私はクロッカーと言うキャラクターに強く惹かれましたが、彼については是非実際にお読みになってご確認ください。

    核となる謎解きに関しては英語やロンドンに詳しくない身ではピンとこない部分もありましたが、筆者の描写力は素晴らしいと思います。

    あとがきには'09年パラマウント社が映画化予定、とありますが、調べてみたら、どうやら映画化権はディズニーに移った模様。そしてまだ公開はされていませんよね。

    私の中ではガナーの声は藤原啓治さんボイスで脳内再生されてましたが。

  • 怒濤のスピーディーファンタジー。 
    一時も目の離せない面白さですな♪ 

  • 続き物。ハードカバー児童書なんだけどな。次作待ち。

    これも舞台は英国。
    バーティミアスを読んだ人なら受け入れは大丈夫。
    児童書に分類されているけど、決行難解な事は多いと思う。
    何故なら、ココは東洋の端だから。
    日本の文化だけで読んだらつまらないかも。


  • 三部作の一巻目。ロンドンの地理が詳しく頭に描けない自分がくやしい。冒険ってすごい、何この成長ぶり。第40章がお気に入り

  • 石の怪物がぼくの命を狙っている?タイムリミットは24時間。――1日の出来事のはずなのに内容が濃いっ、そして長い。でも、彫刻が動き出すっていう設定が面白い!

  • 最初、銅像に追っかけられて何が面白いんだ〜という感じだった。読んでるうちに、まあいろんな銅像やら、古い建物についてる雨樋やらが追っかけてたり、話したりするのに違和感無くなり、話はテンポがかなりいいので、ロンドン中を逃げ惑ってる気になった。ロンドンって面白そうな町だなあ。この話は、ロンドン、あるいは欧州の古い町だからこそ成立可能で、日本では考え付かないだろう。日本だとやっぱり霊とか神とか見えないものになってしまうんだろうなあ。気と我の強い女の子が好きな男の人って多いよね。美人ならなお良しなんだろうなあ。

  • あることをきっかけに、街中の彫像に命を狙われることになってしまった少年が、その理由を探りながらロンドンを駆け巡るファンタジー作品です(全三部作の第一部)。

    「街中の彫像が動き出す」という発想は面白いし、なかなかのスピード感ではありますが、ストーリーとしては若干物足りなさを感じました。

全12件中 1 - 12件を表示

ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする