D.C.P.C~ダ・カーポ~プラスコミュニケーション 桜色のドルチェ (ファミ通文庫)

  • 34人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (3)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 岡崎いずみ
制作 : みけおう 
  • エンターブレイン (2006年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757726253

D.C.P.C~ダ・カーポ~プラスコミュニケーション 桜色のドルチェ (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

  • ダ・カーポの小説版。ファミ通文庫での3作目(全4作品)。
    同じストーリをプロローグ〜4章までは【白河ことり】の視点で、5章〜エピローグまで【工藤叶】の視点で進む。
    お互いに【朝倉純一】を好きなのを知ってしまい友情と恋のハザマで悩みます。

    2006・3・10 初版  223ページ

  • ことりと工藤の物語の2本立て。

    ことりが主役!
    ことりファン救済の書

全2件中 1 - 2件を表示

D.C.P.C~ダ・カーポ~プラスコミュニケーション 桜色のドルチェ (ファミ通文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

D.C.P.C~ダ・カーポ~プラスコミュニケーション 桜色のドルチェ (ファミ通文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

D.C.P.C~ダ・カーポ~プラスコミュニケーション 桜色のドルチェ (ファミ通文庫)の作品紹介

風見学園のアイドル・白河ことりには、最近、気になる男の子がいる。それは、親友の工藤叶の友人、朝倉純一だった。しかし、学園にはことりと工藤がアヤしいと噂が広がり、ことりは純一と気まずくなってしまう。「私のことは気にしなくていいから、朝倉君に告白しなよ」という叶。ことりはその顔を見て、叶もまた純一に好意を抱いていることを知る…。超人気ゲームノベライズ3弾は、白河ことりと工藤叶の2人の視点で描く、ちょっぴりビターな恋の物語。

D.C.P.C~ダ・カーポ~プラスコミュニケーション 桜色のドルチェ (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする