はなひらく 淵国五皇子伝 (一迅社文庫 アイリス こ 03-02)

  • 114人登録
  • 4.09評価
    • (16)
    • (18)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 古戸マチコ
制作 : 鳴海 ゆき 
  • 一迅社 (2010年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758041560

はなひらく 淵国五皇子伝 (一迅社文庫 アイリス こ 03-02)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 数年前のラノベは蔦ブームだったんだろうか。あ、前回のは蔦でなく、ポトスだったけどね。 5人の皇子のそれぞれの呪い(とはいえ、それは激しい思い込みらしいけど)は個性豊かというか、なんというか。でも、皆、真剣に悩んでるし、実際にあんな呪い(思い込み)が身に降りかかったら大変だわ。律は早死しそうだし、繁も体力奪われて死にそうだし、善はとにかく我慢で、啓は病弱、郷はトカゲだし、あれ、でもなんか彼だけは楽しそうなニートだわ(笑)

  • 2014/02/01【古】 105円

  • シリーズ1作目。

    植物全般に無意識のうちに栄養を与えてしまう力を持つカナン。その力のせいもあり、生まれた頃から他者に畏れられてきた。そんなカナンを救い出したのは「異人さん」。そんな異人さんに連れてこられた大学で植物研究の助手をしながらカナンは年頃に成長する。そんなある日、遠い大国・淵の国から茶を扱う商人・善がカナンの植物に対する力を耳にし、芽吹かせてほしい種を持ってくる。その種の実は淵の国のお偉いさんの病気を治すために必要で、カナンは有無を言わさず淵の国に連れて行かれることに・・・。

    キャラクターが素晴らしい。個性に富んでて被るキャラがいません。1人1人の性格も面白くカッコよく、可愛いらしく、キュンとさせてくれます。それぞれにシリアスな面があるのも良いと思います。5人の皇子も薬師のパフュームも皇帝陛下も実に個性豊か。正に王道の逆ハーレム状態でしょうか(笑)主人公のカナンも天然なだけでもないし、頑張り屋だけど弱い面も見せて守ってあげたくなるし、ツッコミもすれば、きちんと皇子たちと向き合う強さもあります。
    内容は早い段階で善の正体とか呪いとかには気づいてしまいましたが、それでも展開が読めない所もあり、飽きずに読み終えました。後半はサクサク進みました。善はラックの実を食べて呪いが解けてしまったわけですけども、時々黒い部分が出てくるのもいいなぁとか思います。ギャップ萌え!善とくっつくだろうことは予想が付きましたが、次巻で他の皇子もぐいぐい来そうですし、どんな展開になるのか楽しみです。次は誰の呪いが解けるのかな?解けなくてもいいと望んでいる皇子もいますが(笑)

  • イラストとあらすじに惹かれて購入しましたが、当たりでした。
    元盗賊で滅ぼした国から迎え入れた妃たちの呪いを受けて誕生した5人の皇子たちのキャラもいいし、何より善がいいです。

    呪いを受けて善行しかできなくなっていた善でしたけど、カナンのことを思う余りに、ついつい隠れて弟たちにプレッシャーを与えてたり、呪いが解けて悪人になった善が、カナンと弟皇子たちが関係したと勘違いしたときの動揺っぷりとか、いい味出してます。

    善のプロポーズをカナンが受けたかは気になるところですが、律も繁もカナンを気になってるっぽいので、妙に天然な2人とカナンを相手に善が苦労してるところをもっとみたいです。

    次巻も楽しみにしてます。

  • 異能を持つカナンは異国の青年・善が持っていた奇跡の実に触れ、ツタにとりつかれてしまう。ツタごと東方の帝国につれてこられた彼女を待っていたのは、呪われた体を持つ五人の皇子たちだった。

    それぞれの皇子のキャラ立ちがすばらしいです。
    その中でも善の魅力が薄いというわけではなくて、きちんと一等のヒーローでした。
    続きがあるようなので読みたいです。

  • 五人の皇子たちがそれぞれの呪いがあるが、性格がみんなかわいい~
    でも最後善が悪くなる原因はちょっと納得できなくて、もっと説明してほしい!

    黒い善のシーンはもっと見たいですが、残念だっだねw

  • 善いとおしい。みんな可愛いよ・・・!
    それだけに、これだけで終わってしまうのがもったいない。
    ページの都合であれだったみたいですが、もっと書いてほしいなあ。

  • というわけで表紙とかは引きますが;読んでみます。

  • 10/06/25 読了。
    植物を育てる力を持つ西方の少女・カナンが
    東方の国・淵の5人の皇子の呪いを解く唯一の方法・奇跡の実を
    東方の王宮で育てる羽目に、といった感じのお話。

    その呪われた五人の皇子たちが、性格も呪いもバラエティ豊かで楽しい。
    呪いといっても、「自分は○○しなければー」という
    強迫っぽい思い込みなのが大半。
    それが王宮にやってきたカナンと交流することで
    ちょっと改善、もしくは考え方を変えるようになったりな訳で。

    特に第一皇子の律がいろいろ緩和していく様がにやにやもので可愛すぎる。
    第三皇子の郷は呪い解けてない方が断然いいと思うし
    あとラックも欲望に素直すぎなところとかが結構好き。

    それ故に最終的なお相手が序盤で明らかなのが個人的に残念ですが
    終盤のびっくり展開とカナンと皇子たちの活躍が楽しくてよかったです。

  • これは前後編でやって欲しかったなー。面白いだけにもっとこの世界に浸りたかった。この作者様の描く登場人物は、なんかみんな可愛すぎてあわわっとくる。郷様の本心は常にないくらい爆笑させていただきました。目から鱗の王子様設定。

全20件中 1 - 10件を表示

古戸マチコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

はなひらく 淵国五皇子伝 (一迅社文庫 アイリス こ 03-02)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

はなひらく 淵国五皇子伝 (一迅社文庫 アイリス こ 03-02)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はなひらく 淵国五皇子伝 (一迅社文庫 アイリス こ 03-02)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はなひらく 淵国五皇子伝 (一迅社文庫 アイリス こ 03-02)の作品紹介

西の都の王立大学で植物について学ぶカナン。ある日、異国の青年・善が持っていた奇跡の実に触れたカナンは、不思議なツタにとりつかれてしまう。ツタごと東方の帝国につれてこられた彼女を待っていたのは、呪われた体を持つ五人の皇子たちだった。奇跡の実の力で呪いが解けるまで、カナンは個性的な皇子たち&ツタと王宮で暮らすことになって…!?植物を育てる能力を持つ西洋乙女と皇子たちが繰り広げる、中華風王宮恋愛ファンタジー。

はなひらく 淵国五皇子伝 (一迅社文庫 アイリス こ 03-02)のKindle版

ツイートする