灰かぶり姫と吸血鬼~ブラッディ・ガーネットの少年伯~ (一迅社文庫アイリス)

  • 63人登録
  • 3.07評価
    • (1)
    • (8)
    • (13)
    • (4)
    • (2)
  • 6レビュー
制作 : 松本 テマリ 
  • 一迅社 (2012年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758043243

灰かぶり姫と吸血鬼~ブラッディ・ガーネットの少年伯~ (一迅社文庫アイリス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幼い頃の初恋相手を強烈に愛している設定で、相手の性格等を全く気にせず話が進むので、どこが良くて好きになったのかが全く分からず置いてけぼり感すごい。

  • シリーズ1作目

  • あまり好きな作家さんではないのですが、これは楽しめた。

  • 2012年5月24日読了

    内容が低年齢層向けっぽい感じがした。キャラが幼い印象が強いんだよね。あと、処女等の言葉を連発するくせにイマイチ危機感と言うか現実味がないのもなぁ。題材は悪くないんだけどねぇ…1巻完結だとやはり少し駆け足気味になっちゃうのは否めないか…(-_-;)
    初恋にしたって、もうちょっと強い印象があってもいいだろうし、なんか灰かぶりエピソードがなさすぎるんだよね。メルディがああいう性格で、意地悪な伯母ってのもわかるんだが、伯母の口調がコミカル通り越して変。伯母と従姉もなぁ…なんかイマイチで、不幸さが伝わらないのが難点。

  • ルルーのオレ様ヤンチャキャラ面白いし可愛い♪
    執事とのテンポの良い言い合いが笑えます。
    終盤は話が急…約50ページに詰め込み過ぎていて、読み終えたあと物足りませんでした。
    なので続編期待してます!

全6件中 1 - 6件を表示

かたやま和華の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

灰かぶり姫と吸血鬼~ブラッディ・ガーネットの少年伯~ (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

灰かぶり姫と吸血鬼~ブラッディ・ガーネットの少年伯~ (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

灰かぶり姫と吸血鬼~ブラッディ・ガーネットの少年伯~ (一迅社文庫アイリス)を本棚に「積読」で登録しているひと

灰かぶり姫と吸血鬼~ブラッディ・ガーネットの少年伯~ (一迅社文庫アイリス)の作品紹介

宝石商の娘だったメルディは、伯母に家屋敷を乗っ取られ、吸血鬼一族が住むと噂される不気味なガーネット城へ奉公に出されてしまう。しかし、そこで待っていたのは、麗しく成長した初恋の美青年!…と思いきや、目覚めた時に隣にいたのは生意気な美少年!?「お前こそが、オレの唯一無二の…晩餐なのだ」あなたが欲しいのは私?それとも私の血?花嫁と書いて晩餐ってどういうこと…!?-。

灰かぶり姫と吸血鬼~ブラッディ・ガーネットの少年伯~ (一迅社文庫アイリス)はこんな本です

灰かぶり姫と吸血鬼~ブラッディ・ガーネットの少年伯~ (一迅社文庫アイリス)のKindle版

ツイートする