雪と氷の図鑑

  • 28人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 武田康男
  • 草思社 (2016年10月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (108ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794222336

雪と氷の図鑑の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  暑い夏に見ていると少しだけ涼しくなれる雪と氷の写真がたっぷり載ったこの本。日本各地の珍しい現象も見られます。
    (一般担当/カリカリ)

     雪や氷のさまざまな姿の図鑑はとても珍しく、写真も美しく、説明も専門的ながら読みやすく、何度でも繰り返し見てみたい本です。
    (カウンター担当/五重の塔)平成29年8月の特集「涼を感じる本」

  • よくもこんなに面白い造形の氷ができるものだ、と自然に対して驚きと畏敬の念を感じずにはいられない写真集…いや科学本です。それを追う著者もまた執念。とても寒いでしょうに(笑)

    それにしても霜柱に線路を持ち上げるほどの力があるとは驚いた。本当に自然は摩訶不思議です。

    読んでも面白いと思いますが、写真を見ているだけでもとても感動します。真夏の暑い日に手元に置いて涼みたいですね。

  • 丁寧な説明とともに、雪や氷の上写真がきれい!
    しぶき氷を初めて知った。
    シモバシラという植物があることも初耳。

  • 雪、氷、水は美しい。北見に住んでいれば直に見れるでしょう

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50108126&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

全4件中 1 - 4件を表示

武田康男の作品

雪と氷の図鑑はこんな本です

雪と氷の図鑑の作品紹介

美しい結晶の形を保って、空から降ってくる雪。日の出とともに、地表で輝きを放つ霜の花。さらには、ダイヤモンドダストや雹、樹氷に御神渡(おみわたり)にいたるまで、氷の世界、雪の世界の科学を、元高校教諭の著者が自身で撮影した美しい写真ともに紹介。

ツイートする