ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫)

  • 261人登録
  • 3.65評価
    • (21)
    • (7)
    • (14)
    • (10)
    • (2)
  • 20レビュー
制作 : 冨田 香里 
  • SBクリエイティブ (2008年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797345278

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「敏感すぎる」など自分自身があてはまる部分がある人にとっては救いとなる内容です。

    でも、どうも文章が読みづらく飽きてきます。

  • インターネットのニュースサイトでHSPのことが紹介されていて、その流れでHSPの自己診断テストをやってみたのがきっかけでこの本を知りました。

    HSPとは「Highly Sensitive Person(非常にセンシティブな人)」を略したもので、敏感な神経を持つのは人間の正常な特徴のひとつであり、全人口の15~20%もの人に見られるといいます。

    日本ではあまり聞かない言葉ですが、アメリカの方では流行語にもなったほどにメジャーな言葉だそうです。

    敏感さ、繊細さ、感受性が強いというのは、時として神経質とか、臆病とか、引っ込み思案などと言われてしまうことがあります。
    そんな風に言われてしまったら、自分は劣っているんじゃないか、場合によってはおかしいんじゃないかと自信を喪失したり、自己嫌悪に陥ってしまうことさえあります。

    現代社会では肉体的にも精神的にもタフであること(場合によっては鈍感であること)が求められがちです。なので、HSPの居場所はどんどん無くなっていっています。
    ですが、HSPがいなければ人間社会は成り立たないのだと著者は主張します。
    思慮深く状況をチェックし、性急かつ衝動的に人々が暴走しそうになった時の歯止め役になる。
    普通の人では気付かないような微妙なサインに気付き、問題解決するよう努力する。
    建設的な方向へ社会のエネルギーを持って行こうとする。
    これらはHSPだからこそできることだそうです。

    HSPであることを欠点と思わず、大事な個性として上手に活かして生きやすくするためにはどうしたらいいのか、それについて考えるために書かれた本なのです。

    この本の中にもHSP自己診断がありますので、
    HSPの可能性ありとの結果が出た方は是非一読することをおすすめします。
    きっと、悩みを解決するヒントが得られると思います。

  • 随分前位に出た本だけれど、最近発達障害の勉強会でHSPを学んで、図書館から借りてきました。
    聴覚過敏とか、疲れを感じやすいとか、ASD(自閉症スペクトラム)の過敏性と通じると思う。
    感覚過敏の人たちの、人生の歩き方。

  • ユングの欄でもあったが、いかに個性として受け入れてそれにチャレンジしていくかという視点で語っているのには好感が持てた。

  • HSP(ハイ・センシティブ・パーソン)という概念を元に様々な<敏感な人>の課題や対処方法を説明してくれる。若干苦戦しつつ最後まで読んだ。いい本だと思う。ぼんやりとあったこの本で言うHSPと非HSPという線引きが一応なされて、そこから色々、考えていくというか色々やってく。確かにHSPがHSPをひとまずそう自覚するのはいい事なのかもしれない。誠実に読めばとてもいい本だと思う。

  •  私の個人的な感想です。
     アダルトチルドレンという言葉を知ったのはずいぶん昔のことのように感じる。それは、病気では無いけれども、在る一定の条件下において、つらい思いを感じている人に名付けられた言葉。
     ADDH、アスペルガー。疾患という意味の病気ではなくて、とある状態を示す言葉。HSPもそれに連なるものなのかなぁと。

     「繊細で傷つき易い」というのは、なんというか、それ以外の人から見れば、どうなのとなる感じがある。しかしながらそれが1/5の割合でいるって多い。少数派とも言えないんじゃ?

     なんとなくの感覚だけれども、人の状態に関して、それを認めるバリエーションが増えたなぁと実感する。
     昔は精神的にものすごく健康でタフと、心が病気で辛い人位なものだったが、今は、その間を埋める、さまざまな状態にも目が向くようになったような気がする。
     出来れば、それを名付けるのは他者ではなく、当事者が名前をつけることで、自分に責任が無いことだと知ることが出来ればいいなぁと思う。
     他者からのレッテル貼りは、また別だ。

     え? で、この本の内容ですか?
     新しい観点ではあると思うんだけど、まだ名付けるには強引な感がある。
     そして、後半のスピ推しの下りはちょっと引く。出来れば学術のテーブルにのせて欲しい。

  • この本に書かれているHSPとは、The Highly Sensitive Personの略で、日本語でいうと「とても敏感な人」。
    繊細で神経質ですぐに傷ついてしまう内向的な・・・そんな人がそのままで普通に生きられるように、と書かれた本です。

    HSPの人は無理にポジティブになる必要も、タフな人、外交的な人、無神経な人になる必要はない。
    何故ならHSPは生きにくい性質ではあるけど、その反面、芸術的に優れているとか、直感が優れているとか素晴らしい性質でもあるから。

    このHSPの人は世の中の20%ほどの割合で存在しているそうです。
    つまり、5人に1人の割合ですが、そうでない人に比べると少数。
    だから、その心情を理解してもらえず、生きにくい事が多い。

    だけど、そんな自分の性質を理解して、肯定し、特別な事ととらえすぎずに、なるべく外に出よう、人と関わろうと書かれています。
    何故ならそこでひきこもってしまうと、さらに耐性をなくしてしまうから。
    無理をしすぎない程度に外に出ることにより、柔軟性が培われる。
    それは歳をとればとる程そうで、柔軟性がなくなるので、余計外に出る必要があるとあります。

    そのために、過去に受けた心の傷を肯定的なものに置き換えるとか、様々なエクササイズや自分はHSPか?という自己テストも載っています。

    前半はかなり有益な内容で、夢中になって読みましたが、後半はスピリチュアルがどうの、宗教がどうのと、ピンとこない内容で流し読みしました。

    私自身、自己テストをやるまでもなく、自分はHSPなるものだと思っていて、書かれていることは自分に当てはまるようなことばかりでした。
    読んでいて途中、呼吸が苦しくなったりもしたので、それこそがここに書かれているHSPなる所以だと思ったりもしました。

    文庫本の割には内容が濃く、一度読んだだけでは把握しきれてない部分もあると思うので、何度か取り出して読みたいと思う本です。
    前半のような内容が全てなら☆4つか5つですが、全体的には☆3評価になってしまいました。

  • HSPの優秀さについての記述がちょっと鼻についた。自信を持たせるためなのかもしれないが、あまりにそれに終始していて他の内容が頭に入らなかった。

  • 自己啓発というよりは心理学の読み物といった内容。

    後半のテーマはとてもディープで、この本の中でさらっと紹介するにはそぐわない感じがした。言葉が足りなさすぎて余計恐怖をかきたてられるというか・・・。

    でも信頼できる専門家の元、期間限定で心理学的なアプローチをとってみるのは自分の経験からして悪くないと思う。

  • 少し前にネットで一瞬だけ話題になったHSP診断なるものをやってみたらあまりにもアレな結果になったので、HSPを提唱した人の本を読んでみた。(しかし不安になったり気になったりしたらすぐに調べちゃうあたりがアレたる所以なんだろうと思う)

    最初のほうはフムフムなるほどとそれなりに興味深く、そして背中を優しく撫でられているような錯覚でもって読んでいたのだけど、中盤以降のスピリチュアル系の話はなんだかなー。診断でアレな結果になった私でさえ、うわーこの人たちって生き辛そう、と他人事のように思ってしまった。指針を示す、というより、そんなあなたでもいいんだよ、そういう人ってけっこうたくさんいるんだよ、折り合いつけて頑張って生きていこうよ、といった感じの本。

全20件中 1 - 10件を表示

エレイン・N・アーロンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ヴィクトール・E...
スペンサー ジョ...
ロバート キヨサ...
東野 圭吾
デール カーネギ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫)はこんな本です

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫)の作品紹介

ちょっとしたことにも動揺してしまう神経質、臆病、引っ込み思案な人(The Highly Sensitive Person=とても敏感な人)、この本は、そんな敏感すぎるあなたのために書かれています。とかく「タフさ」「押しの強さ」「抜け目のなさ」が求められる世の中で、生きにくさを感じる繊細・過敏な人こそ、実は、天賦の才能に恵まれた特別な人なのです。そんな彼らが「繊細すぎる自分」と折り合いをつけ、より良く生活していくためのアプローチを紹介します。

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫)の単行本

ツイートする