超訳 ヴィトゲンシュタインの言葉

  • 64人登録
  • 3.73評価
    • (3)
    • (5)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : 白取春彦  白取春彦 
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2014年8月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799315422

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
村上 春樹
三浦 しをん
田中正人
ジャレド・ダイア...
又吉 直樹
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

超訳 ヴィトゲンシュタインの言葉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 論理哲学だけあって、言葉に関するまつわる箴言が多かった。
    思考は言葉によってのみ可能となる一方で、言葉で表現できないこともあり、限界があるうえ苦しみを生む原因にもなりうることが伝わってくる

  • ウィトゲンシュタインの「哲学探究」が、今、ちょっと気になっていて、書店のコーナーで「超訳」を見つけて、なんとなく購入。

    読んでみると、「ウィトゲンシュタインって、そんな人だったの!?」でした。
    なんだろうか?「人生とは?」とか、「神とは?」とか、なんというか、実に実存哲学満載みたいな感じです。

    え〜、「語りえないものは沈黙しなければならない」のでは、なかったのでしょうか?

    と、突っ込みたくなる。引用元をみると、未発表のノートなどからのものが多いですね。なるほど、公には、「語ったり」「書いたり」してなかったけど、個人的には書いていたんだね。

    一部、「論理哲学論考」からの引用もあるのだけど、「そんなこと、あったけ?」な感じ。もともとの本と対照してないので、どこまで「超訳」したのかはわからない。

    でも、たしかに私がウィトゲンシュタインを読んでいて、なんとなく行間からにじみ出てくるのは、こういう超訳な言葉なんだよね。そういう意味では、「なるほど」です。

    と言いつつ、やっぱり、本人が「沈黙せざるを得ない」と言ったことを、こうして出してしまうと、身もふたもない気がしてしまう。

    やはり、「沈黙は金」か?

  • 個人的に、好きな哲学者であるヴィドゲンシュタイン
    の金言集。
    言葉や論理を大事にする著者の言葉集であり、
    単純に面白く興味の湧く言葉であったり、
    納得するもの、美しい言葉、感動する言葉、ゾゾットくる
    言葉.....自分にピッタリする言葉。
    ぐさっとくる言葉、思い描く人にちょうどあう言葉
    いろいろな言葉が乗っています。
    ビドゲンシュタインはもう少し読んでみたいと思います。

  • 三たび本棚の奥から出てきました〜。
    さすがにメモ帳にも残ってないな…残念…。
    て言うか、何で私はよりにもよってウィトゲンシュタインを買ったんだろう…ニーチェだったらまだ私っぽいセレクトなんだけど…(厨二臭)買った時の私どうしたん…?

  • とても良い言葉が詰まった本である。言葉による限界を知りなおも明るく世界を捉えられる気持ちになる。

    わたしたちには
    直線的に考える癖がある

    わたしたちは論理的に考えるが、
    考えたことが正しいとは限らない

  • 論考はもちろん青色本も歯が立たないが、これなら読める。

  • 「帰納法を過信するな」
    「経験とは解釈のこと」
    「思い出とは、今の自分からの記憶への反応だ」
    こういった言葉たちの根底に横たわってるものは、結局は「今」しかないということ。未来だって、連続した「今」の先にあるものだ。だから「今」にのみスポットライトを当てて、ちゃんと「今」を生きたい。

    しかし全体的には、達観する手前、といった言葉が並ぶ。

  • かなり良いと思う

  • わかりやすい。
    それが良いのか、悪いのかはしらねども。
    なんか直球の球を投げられたような感じが残る。

    自分の感覚を信じる。
    自分に嘘つかない。
    女は男を必要とする時はあるけど、それが恋とは限らない。
    大切なものを人は常に触れていとおしむ。

  • 人物として興味深いので、きちんと読んでみようかなあと。

全10件中 1 - 10件を表示

超訳 ヴィトゲンシュタインの言葉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

超訳 ヴィトゲンシュタインの言葉を本棚に「積読」で登録しているひと

超訳 ヴィトゲンシュタインの言葉の作品紹介

きみの生き方が世界そのものだ。20世紀最高の哲学者、人生に新しい地平を切り拓く言葉。

超訳 ヴィトゲンシュタインの言葉はこんな本です

ツイートする