「人を動かす」広告デザインの心理術33 ―人の無意識に影響を与える、イメージに秘められた説得力

  • 110人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (6)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
  • ビー・エヌ・エヌ新社 (2016年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784802510189

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
みうら じゅん
ジェームス W....
デール カーネギ...
佐々木 圭一
ヘンリック・フェ...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

「人を動かす」広告デザインの心理術33 ―人の無意識に影響を与える、イメージに秘められた説得力の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 674.1||An

  • Yotsuya

  • 所在:展示架
    請求記号:674.1/A48
    資料ID:11601431

    選書担当:原嵜

  • 借りたもの。
    広告イメージに込められた心理戦、あるいは広告イメージが人に与える影響について、まとめられた本。
    後半になるほど、賛否両論別れるような高度なテクニックを有している。

    紙面のつくり方も洗練されていて、読んでいて落ち着く。
    「03.フット・イン・ザ・ドア・テクニック」(小さな要求からスタートすることで、大きな要求を通すための道筋をつける)から「32.ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」まで、現代人は広告の刷り込み効果を四六時中受けながら、消費社会を円滑に動かそうとしている……

    ダリの言葉が引用されているが、キャサリン・イングラム『僕はダリ』( http://booklog.jp/item/1/4756245048 )で、ダリが広告とアートを結びつけた先駆者であり、広告にちょっとしたエロティシズムを持ち込んだ事を指摘していたことを考えると、府に落ちる。
    「25.性的表現を取り入れる」ケースの紹介があったので。

    日本の広告はすぐ文字だらけになってしまうが、海外の広告はヴィジュアルでの訴えが強い。
    「02.脳にやさしいメッセージを作る」では、文字情報が多いと敬遠されてしまう点を挙げていたが、言語文化の相違だろうか……
    日本はまたちょっと違うニュアンスがありそうだ。

  • 主にヨーロッパの広告デザインを使用したカタログ。人を動かすことを目的に広告は打たれるわけだから,何らかの学術理論や体験理論に基づいて作成されているはずだ。この本は広告を作った本人がその意図を語るわけではなく,研究者がこの広告デザインはこういう仕組みで人を動かそうとしていると解説する。

  • ◆一言でいうと、pinterestの解説版。

    心理的側面からの見地、各広告のジャンル分けおよび解説がなされている。かなりしっかりとした解説。全面カラーなのでちょっと高いけど、おすすめです。

  • 広告でメッセージを効果的に伝えるにはどうしたらよいか

    03フット・イン・ザ・ドア・テクニック
    13おとりの選択肢を用意する
    28「初頭効果」や「新近効果」を利用する

    心理学的視点にもとづき分析した「社会的影響」をおよぼす33の手法

  • 広告の手法について。
    ポスターなどがどのような手法を使ってアピールしているかの解説本。
    ポスターを見てどういう効果を狙ったものかを言葉で説明できたらカッコイイやんと思い読む。
    聞いたことある心理術が多い。
    実物のポスターを例に説明しているので理解が深まる。
    デザイン系だから当然カラー。
    よってお値段高め。

  • 「ー」

    心理学の用法が使われている広告の紹介。実際の使用例としてわかりやすい。簡単に応用できるのがよい。

    フットインザドア
    社会的証明
    アンカリング
    は、やはり強力だ。

    Heinekenのeは傾いて笑っているようだ。

  • 【広告という名の「誘導」】
    どの広告も、アピールしたいものに全力で気づいて欲しい。
    そのための努力・手法がいくつもあって、
    本能に訴えられたら、下手をすると無意識を掌握される。
    それにどれぐらい気がつけているのだろう…とドキドキしながら読みました。
    心理学の勉強にもなる一冊です。

全11件中 1 - 10件を表示

「人を動かす」広告デザインの心理術33 ―人の無意識に影響を与える、イメージに秘められた説得力を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「人を動かす」広告デザインの心理術33 ―人の無意識に影響を与える、イメージに秘められた説得力を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「人を動かす」広告デザインの心理術33 ―人の無意識に影響を与える、イメージに秘められた説得力を本棚に「積読」で登録しているひと

「人を動かす」広告デザインの心理術33 ―人の無意識に影響を与える、イメージに秘められた説得力の作品紹介

「メッセージを伝えるには何より技術力。
本書は人のココロに触れる技法を網羅している」
東京大学薬学部教授・池谷裕二氏推薦!

私たちの日常生活のいたるところに存在する広告は、私たちにビジュアルメッセージを伝え、何かを感じたり、信じたり、行動したり、買ったり、自分を変えるよう説得しようとしています。人々の日々の決断に無意識のうちに影響を与える、こうした広告にひそむ「隠れた力」とはどのようなものでしょうか? 本書は、心理学的視点に基づいて広告を分析し、ビジュアルに秘められた、人の決断や行動、考え方に影響を与える33の手法について、豊富な実例図版を用いて解説しました。広告業界関係者はもちろん、一般消費者にもわかりやすい言葉で綴られた1冊です。

「人を動かす」広告デザインの心理術33 ―人の無意識に影響を与える、イメージに秘められた説得力はこんな本です

「人を動かす」広告デザインの心理術33 ―人の無意識に影響を与える、イメージに秘められた説得力のKindle版

ツイートする