どんな英語も絶対読める!びっくり英読法

  • 28人登録
  • 4.13評価
    • (5)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 神戸康弘
  • 中経出版 (2004年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806120001

どんな英語も絶対読める!びっくり英読法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    今までの5文型は、間違っていた。
    このルールにのっとってネイティヴと同じ読み方をすれば、誰でも読めるようになる。

    [ 目次 ]
    プロローグ 「意識革命」で英語は飛躍的に伸びる!(「英語が読める」って、どういうこと?;どうしてみんな、塾や予備校へ行くの? ほか)
    1 まずは最初にここをチェック!「文の先頭」を見よう!―主語が何かたちまちわかる(英語の始まり方は、実はたったの2通り!;先頭の単語が、ひとつ目の「英語版てにをは」だ! ほか)
    2 2番目にチェックするのはこれ!「主語の後ろ」を見よう!―本当の動詞が見極められる(主語の後ろもたったの2通り!;主語の後ろの「8つのサイン」が次のナビゲーターだ! ほか)
    3 3番目にチェックするのはこれ!「動詞」を見よう!―その後の展開がかんたんにわかる(動詞はたったの3タイプしかない!;動詞のナビゲーター(be動詞;一般動詞;受け身(be動詞+過去分詞)))
    4 最後にここをチェックするだけ!「目的語の後ろ」を見よう!―これで英文の意味が全部わかる(目的語は「を」「に」「が」の3タイプしかない;目的語の後ろのナビゲーター(前置詞+名詞など;名詞;動詞を変化させたもの(to動詞…etc.)))

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 私は学校でちゃんと文法とかを学んだことはない。(いちおうは、あったけど。)でもTOEIC800超えだし、別にいいんじゃない。英文法なんて必要ないんじゃない、と思っていたけれど、私は「なんとなく」しか英文を読んでいないからこそ、長文でどこまでが主語か、とかを見失ってしまうのであって、きちんと本当に理解できていないのです。
    この本を読んで、あーなるほど。受験の為、というより、本当に本を読めるようになるために、という主旨もいい。私が求めているのはそれなのです。こういう「英文法」を学校では教えるべきなのだと思う。
    これの方法で、読んでみました。そして、独自の方法で試してみました。
    初心者なので、数色の色鉛筆をもって、イントロ、主語、主語の説明、動詞、目的語または補語、説明、に色分け。うん、たしかにこれはわかりやすい。
    知らない単語がでてきても、動詞か名詞かくらいがわかればそのまま飛ばせばよいし、きちんと「人に説明するための」日本語にする必要もない。
    これを、自然に脳内でできるようになれば、もっと早く、間違えなく文章を読めるぞ。

  • 英文読解の個人的にはバイブル

  • 読んでみました。
    基本5文型を順を追って説明しながら、基本的な文章の読み方を説明しています。
    ので・・・これだけではアカデミックな文章を頭から読むというには、程遠いと思います。
    でも、イラストとか図解が沢山あるので、すごく分かりやすかったです。
    (初心者向けでしょうか・・・)

  • 英文の解釈に関して、薬袋氏の一連の著作と並び、私には目から鱗の一冊でした。通勤列車の行き帰りで、読めてしまいました。本書に精通すると、とにかく英文の構造が判りますので、後はどのような日本文にするのか、国語の知識が必要だな感じました。著者が述べている中級編に期待!(斉藤孝先生の一連の著作を読んで日本語を高めますか)

  • 英語を「なんとなく」読んでいて、意味が良くわからなくなってしまう方。昔学んだ内容を復習してみたい方にはお薦めです

全7件中 1 - 7件を表示

どんな英語も絶対読める!びっくり英読法の作品紹介

今までの5文型は、間違っていた。このルールにのっとってネイティヴと同じ読み方をすれば、誰でも読めるようになる。

どんな英語も絶対読める!びっくり英読法はこんな本です

ツイートする