そこがいいんじゃない!みうらじゅんの映画批評大全1998‐2005

  • 73人登録
  • 3.38評価
    • (5)
    • (5)
    • (16)
    • (2)
    • (1)
  • 11レビュー
  • 洋泉社 (2006年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862480774

そこがいいんじゃない!みうらじゅんの映画批評大全1998‐2005の感想・レビュー・書評

  • みうらさん独特の語り口で様々なジャンルの映画が紹介されています。読み終わった後、色々観てみたくなりました。映画「バーディー」(サントラはピーターガブリエル、私はそれを「ピーガブ」と呼ぶね)の頃の長髪が懐かしい、私の好きなニコラス先輩について、2度も紹介されているのが嬉しかったです。

  • みうらさんの本を読むのは本当に久しぶりで、一番読んでいたのは中高生時代だろう。あの頃私が感じたものと何ら変わらない、エロ、怪獣、ブロンソン...etc、への熱はそのままで、して殆ど映画の話はぐちゃぐちゃにかき乱される。
    中高生時代はみうらさんの言っていることが気になろうがチャリですぐのブックオフかTSUTAYAに行ってなんとか調べて…と言った感じだったが、今はネットが目の前にある、みうらさんがサラッと書くアホみたいなフレーズも簡単に調べて詳細をくまなく知ることができる。「聖石傳説」の予告編をYoutubeで、天知茂の写真集をamazonで、「Tバック・ビーチバレー」をDMMで調べてるときは我ながら本当にバカらしかった。

    聖石傳説予告編の「ハリウッドは終焉を迎え アジアが新世紀を震撼させる。」の文言がアホすぎて頭から離れない。

  • 本題の映画とまったく関係ない話が出てくるのも、面白いです。

  • NHKの「クイズ日本の顔」にA先生が御出演。
    先生の御姿を拝見し、御声を拝聴し、胸が打ち震えました。
    回想場面になると、「ああ『まんが道』だあ。手塚先生の『新宝島』だあ。『小太陽』だあ……」と、胸がいっぱいになり、思わず涙がこぼれました。
    先生が新作を執筆なさっている映像が流れ、
    「ああ、『愛…しりそめし頃に…』だ!」と、
    あまりのもったいなさにまた涙。

    それにしても、『愛…しりそめし頃に…』ってすごい題名ですよね。これは衒いでも諧謔でもない。A先生本気ですからね。心の底から「愛」を賛美し、「愛」をうたいあげている。のどかでほがらかなA先生ならではの題名ですね。(F先生には絶対つけられない)

    ところで、『そこがいいんじゃない! みうらじゅんの映画批評大全1998‐2005』を立ち読みしました。
    「『NIN NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』 オレはそれを「恐怖ハットリくん」と呼ぶね」は、章題とはうらはらに選挙がつまらないという話と60年代の実写版(アニメではない)「忍者ハットリくん」の話しかない怪文章。
    でも妄想だけで書かれたのではないということは、「ケムマキ役は杉良太郎だった」というデマをさりげなく否定し、「傍田勉という子役説が有力!」と最新の研究成果を取り入れている点から見ても分かる。やっぱり努力の人なのね、みうらさんは。


    2006年10月17日記

  • 爆笑です。
    マカロニウェスタンと、谷ナオミなどの女優ネタは分かりませんが、他はだいたい理解できます。

  • 批評大全といいながら、あんまり批評してない。
    けど、みうらじゅんはおもしろい。

  • 作者と波長が合わない人にはオススメできませんが、そこがいいんじゃない!

  • この本を2年にまたいで読んでしまったぁ〜。読み納めと読み始めがこれ。バカエロス満載の本です。映画はサブストーリー?好きなものを人にけなされようと「そこがいいんじゃない」って言えることは素敵です。

全11件中 1 - 11件を表示

そこがいいんじゃない!みうらじゅんの映画批評大全1998‐2005を本棚に「読みたい」で登録しているひと

そこがいいんじゃない!みうらじゅんの映画批評大全1998‐2005を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

そこがいいんじゃない!みうらじゅんの映画批評大全1998‐2005を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そこがいいんじゃない!みうらじゅんの映画批評大全1998‐2005を本棚に「積読」で登録しているひと

そこがいいんじゃない!みうらじゅんの映画批評大全1998‐2005の作品紹介

日本映画批評家大賞受賞(2004年度・功労賞)。業界の権威に衝撃を与えた本気の映画コラム8年分。ベストテン付。

そこがいいんじゃない!みうらじゅんの映画批評大全1998‐2005はこんな本です

ツイートする