はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)

  • 899人登録
  • 4.13評価
    • (120)
    • (139)
    • (73)
    • (2)
    • (0)
  • 97レビュー
著者 : えすとえむ
  • リブレ (2011年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784862639509

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
オノ・ナツメ
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 表紙でギャグかな?と思って購入。
    いい意味で期待を裏切られました。
    こんな感じの非日常の日常ものって感じがすごく好き。
    空気がいいね!

  • 面白かった~。かっこいいし!
    リアルにケンタウロスが社会進出している世界でのケンタウロスの日常の苦悩と幸せのお話。
    人間より寿命が長い設定や禁句「馬臭い」狭い東京での通勤。そもそも就活。住居。馬刺し…。
    スシ詰めの通勤電車にゃそりゃ乗れないわな~。

    ケンタウロスが一緒のエレベーターにいたら…継ぎ目がみたい…お尻なでたい…しっぽ三つ編みにしたい…。

  • えすとえむセンセのマンガが同性愛だったり年の差恋愛だったりケンタウロスのような異形をモチーフにしているのは、「他者からはわかってもらえない関係の中にある普遍性やさみしさ」を描くための装置なのかもしんないなー。

  • ずっと気になりすぎて遂に買ってしまったケンタウロス。
    健太郎のシリーズが半分占めててコメディ寄り。『靴職人」が一番シリアスめだけれど、どれも軽めの短編。
    えすとえむさんのケンタウロスものといえば『equus』の方が装丁の美しさもあって良いかなとも思ったんですが、今はシリアスよりも軽めのものが読みたい気分だったのでこちらを。

    裏表紙および帯の『ケンタウロスと友好的な関係を築くための注意』だけでも面白い。ケンタウロスが人間の社会の中でごく普通に生活しているという設定。人との違いを面白く読ませたり、長命がゆえの切なさを綴ったり。
    しかし健太郎の先輩(人間)が可愛すぎてどうしたら。地味にページ下にパラパラ漫画で健太郎が走ってるのもまた可愛い。
    えすとえむさんの馬体描写のぱつっと感は絶妙。

  • ケンタウロスが人間社会で生活する、という設定から興味津々。笑
    ありえない設定が可笑しかった。
    靴屋の話が一番好き。
    年取るスピードが違う、というのも切ないなぁ。
    すこしびーえる感がありました。

  • 先輩の「絶対ダッシュすんなよ!」がツボだった。

    凄く面白くて絵も上手くて好みだったので、めちゃくちゃ楽しめました。

  • セックスシーンは無しか〜…

  • ケンタウルスが好きなんだなという本でした。
    すごい作り込んでて……とにかくえすとえむさんはBL界の美術担当ですな……

  • 不思議な設定。

    でも馬ってカッコイイなぁ。
    モデルの靴の話が素敵だった。

  • タイトルと表紙通り、全編ケンタウロスが主役の漫画ですw
    「人間とケンタウロスが共存している」という設定の架空世界を舞台に、サラリーマンや蕎麦屋のバイト、靴屋にモデル……といった様々なケンタウロス男性(というかオスというか)が登場し、普通にアパートや家で生活して普通に電車に乗って普通に働く日常とドラマが描かれます。数人の主人公が登場するオムニバス形式で、読後感はどれも爽やかです。
    掲載誌はBL漫画誌ですが、キスシーンどころか明確に恋愛が描かれたシーンもほぼないので、男性でも抵抗なく読めると思います。
    どのエピソードも味わい深いのですが、特にファッションモデルの話が好きです。(巻末のおまけ漫画も含めて)

    某氏の「うどんの女」のレビューを読んで気にかかっていた作家で、ふと本屋で表紙を見て、気になって衝動買いしたのですが、実にアタリでした。

  • 健太郎と先輩のほのぼのリーマン話。かわいくて、ほっこりします。この人はケンタウロスで耽美趣味なBLも描いてるけど、わたしはこっちの方が好きだな。

  • このマンガがすごい!ランキングに入ったのは納得。
    ギャグかと思ったら、いい話も。
    秀逸だわ。

  • 面白かったー。えすとえむさんにハズレはない。みんなかわいいなあ。「名前は持ってられるから」に同じく弱いからヤメテってなった。

  •  「竜の学校は山の上」を読んで気になったので、ケンタウロスつながりで読むw
     こちらのほうが幾分かライトだなぁ。読む順番としてはこちらが先がよいかも。

     靴とモデルの話が好きでした。
     ところでケンタウロスブームなんだろうか。

  • 友人から借りて。

    コメディというよりBL臭を感じた。
    個人的にはもっとコメディを期待したので少し残念。
    でも話の一つ一つが素敵。

    えすとえむの漫画初めてやけど結構好みかも。
    BL作品も読みたいな。

  • たっっっっぷり笑った。
    妙に現実味があっておもしろい。
    ケンタウロス用に家を改築したら大家は補助金もらえる、等。
    妄想をひろげて、それをあえて形にしてみたらこうなった、そんなマンガ。

  • バリバリのギャグかと思いきや、意外としんみり。ケンタウロスのモデルって、カッコイイなぁ。

  • こんなにおもしろいケンタウロスマンガがあっただろうか
    というかケンタウロスマンガなんてそれ自体はじめて読んだし語感が新鮮だ

    正直えすとえむさんの全作品のなかでこれがいちばんおもしろいと思う
    帯がだいすき

  • エレベーター痴漢騒動の時も、健太郎が風邪ひいた時も親身になってくれた先輩は、とっても良い人ですね( ´ー`)

  • 神話系が好きで、異形のものの美しさに惹かれる人には「まさかあのケンタウロスがこんなことに!」って意外性で楽しめる本だと思います。

    単に「下半身が馬」というだけじゃなくて、「長生き」というところもポイントなんだと思います。苦労もあるし辛いこともあるし、でも便利なこともある。
    名前の話なんかグッと来ましたね…

    ほんのりBL臭がするので万人にお勧めはできないですが、BL大丈夫な人には片っ端から軽いノリでお勧めしたいです。

    下半身(馬半身?)事情の一端がわかるので、「equus」も読まれるとよいかと。

  • ケンタウロスの話と聞いて、どんな内容なんだろうと読んでみたら思いのほか面白かった。
    ケンタウロスが人間世界で共存してたら、こうなんだろうなーと思わせる、リアルさがあった。健太郎の名前の話とか、靴屋の相手だけ年取っていく感じとか、全体的に切なさもあった。
    コメディっぽい場面の中で、そのシリアスなシーンがいい味を出してる。

  • ケンタウロス好きな作家さんですよね?他のケンタウロスも読んだ記憶があります。現代社会に生きるケンタウロスはいろいろ苦労もあったりで…あぁ面白い!外で読んでたけど笑いが抑えきれずに何度も吹き出してしまった。ほんのり、見ようによってはBLな所もまた良かった。

  • 最近人馬を描かれる絵描きさんをツイッターでフォローしているので。こちらの作品は短篇集。一部ベーコンでレタスな香りがするー まぁ、ギリ平気でした。一身上の都合が一馬身上の都合になってて(笑)

  • IPPOの続刊がなかなか出ないので過去の作品を漁って購入。騎馬闘牛がヒントになったということだけど、働くケンタウロスて。面白いなあ。

    人間の世界で暮らすケンタウロスには苦労が多い。会社で、蕎麦屋で、靴工房で、ファッション界で、半馬ゆえの仕事上の悩みは何故か身につまされる。なったことないのに。

    ちなみにサラリーマンのケンタウロスは北海道出身、名前を日高健太郎という。ケンタウロスのケンタロウ。これ思いついたらもう描くしかなかったでしょうね。

  • ケンタウロスが普通に世の中にいたら?というはなし。
    サラリーマンケンタウロス、職人ケンタウロス、モデルケンタウロス・・・。

    単純に笑えたり、しんみりさせたり。
    なかなか良い。また読みたいシリーズ。

全97件中 1 - 25件を表示

はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)のKindle版

ツイートする