鼻のある男―イギリス女流作家怪奇小説選

  • 16人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 梅田 正彦 
  • 鳥影社 (2006年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862650436

鼻のある男―イギリス女流作家怪奇小説選の感想・レビュー・書評

  • 19世紀後半から二十世紀前半までのイギリス人女性作家による怪奇短篇集。8篇収録。

    子ども時代に読んだ『砂の妖精』の作者ネズビットが怪奇小説も多く書いていたとは。「すみれ色の車」は細やかで上品な語り口が怖さを盛り上げている。
    日本刀によるスプラッター・シーンが印象的な「超能力」(D.
    K.ブロスター)
    本当のところはわからないけれど、たぶんこういうことだったのだろうな、と想像すると、かなりおぞましい「第三の窯」(アミーリア・エドワーズ)
    なんでもない短い話のようで、案外怖い「幽霊」(キャサリン・ウェルズ)

    いちばん印象に残ったのは、中篇ともいえる長さの「仲介者」(メイ・シンクレア)
    愛を失った妻と、愛を失った子どもを描いて大変読み応えがあった。語り手の、子どもへの慈愛に満ちた共感が美しい。

    <収録作品>

    鼻のある男 ローダ・ブロートン
    すみれ色の車 イーディス・ネズビット
    このホテルには居られない ルイザ・ボールドウィン
    超能力 D.K.ブロスター
    赤いブラインド ヘンリエッタ・D・エヴァレット
    第三の窯 アミーリア・エドワーズ
    幽霊 キャサリン・ウェルズ
    仲介者 メイ・シンクレア

全1件中 1 - 1件を表示

鼻のある男―イギリス女流作家怪奇小説選を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鼻のある男―イギリス女流作家怪奇小説選を本棚に「積読」で登録しているひと

鼻のある男―イギリス女流作家怪奇小説選はこんな本です

ツイートする