はじめよう、お金の地産地消――地域の課題を「お金と人のエコシステム」で解決する

  • 37人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 木村真樹
  • 英治出版 (2017年7月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862761675

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
エリック・リース
リンダ グラット...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

はじめよう、お金の地産地消――地域の課題を「お金と人のエコシステム」で解決するの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お金、って、事業の成果や感謝の気持ち、応援するという意思などを表すひとつの手段なんだよな、ということが、この本全体を通して感じたこと。自分の将来のためにお金を増やすだけでなく、またどこかで誰かの役に立つだろう…と赤十字に寄付をするのでもなく(広くお金が使われることの例として)、自分「たち」の将来のために、ちょっとずつお金や時間を差し出していくことが、自分たちの地域をちょっとずつ良くしていく。そんな仕組みを作っているのがNPOバンクやコミュニティ財団の役割。NPOで働く身としては、もっと周りにある色んなリソースを活用できるようになりたい、そのためにもっともっと活動の目的やビジョンを分かりやすく周囲に伝えられるようにしていきたい、と思った。

    本の内容もさることながらもうひとつすごく響いたのが、全ページの言葉ひとつひとつからmomoの理念、木村さんの想いがビシッと伝わってきて、先日の講座で聞いたのと全くズレがなくて、すごく分かりやすかったこと。寄付者やボランティアなど色んな他者の力をNPOの力に変えるには、それを何のためにするのか?をしっかり伝えていかないといけない。そのプロセスの中で、ひとつひとつの言葉、表現をずーっと磨き続けて来られたんだろうな、と感じた。

    それから、「モモ」をもう一回読みたくなった。

全1件中 1 - 1件を表示

はじめよう、お金の地産地消――地域の課題を「お金と人のエコシステム」で解決するを本棚に登録しているひと

はじめよう、お金の地産地消――地域の課題を「お金と人のエコシステム」で解決するを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はじめよう、お金の地産地消――地域の課題を「お金と人のエコシステム」で解決するを本棚に「積読」で登録しているひと

はじめよう、お金の地産地消――地域の課題を「お金と人のエコシステム」で解決するの作品紹介

子育て、介護、環境…地域づくりに取り組む人をみんなで応援する仕組みをつくろう。若者たちが始め、金融機関、自治体、企業、大学、そして多くの個人を巻き込んで広がる「地域のお金を地域で生かす」挑戦。

はじめよう、お金の地産地消――地域の課題を「お金と人のエコシステム」で解決するのKindle版

ツイートする