魔女の目覚め 上 (ヴィレッジブックス)

  • 368人登録
  • 3.81評価
    • (33)
    • (58)
    • (43)
    • (7)
    • (1)
  • 46レビュー
制作 : 中西和美 
  • ヴィレッジブックス (2011年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (518ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863323292

魔女の目覚め 上 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分が文体に慣れていないせいか状況を上手く飲み込めず、誰が喋っているのか分からなかったり、キャラクターの言動が唐突に思えたりで、入り込むまでに時間がかかりました。
    世界観が分かってからは、絶え間ない緊張感や、魔術師の怖さが切実なものとして迫ってきます。
    まだまだ明らかになっていない事柄も多く、下巻が楽しみ。
    魔女が目覚めると何がどうなるんだろう。
    あとは、過保護なマシューが可愛い。

  • 本屋で「ハリポタとトワイライトシリーズが好きな人なら絶対好きになる」と書いてあったので購入。本当にその二つを混ぜたようなお話になってる。文章は飽きなくとても読みやすい。

  • 題名のとおり、クリーチャーの出てくる本。

    錬金術について研究するヒロインは、自分の能力を拒絶し、世界の大多数を占める普通の人間として生きようと苦しんでいて、マイノリティの苦難を思わせるようでもあり、過去と戦う姿に愛着が湧きました。

    しかし、凄くてんこ盛りです。魔女の他に、紅茶、ワイン、ヨガ、英国の歴史を感じさせる建造物にファニチャー、乗馬、しまいにはロマンス、、、ドラマSACのように、女性を虜にするアイテムが満載。
    下巻次第で、上巻の評価を決めたいです。
    追記・下巻読みました。上巻の方が、まだ肉感的でないので、読みやすかったです。ご免なさい。

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    その本は図書館の奥でひっそりと眠っていた。彼女を待ちわびるように…。イェール大学の若き歴史学教授ダイアナは、錬金術の研究中にオックスフォードのボドリアン図書館で一冊の写本を手にする。褪せた金箔が放つ虹色のきらめき、鼻をつく不思議なにおい。それは彼女に何かを語りかけているように見えた。由緒ある魔女の家系に生まれながら魔法を否定して生きてきたダイアナはすぐに本を返却するが、やがて周囲で奇妙な事が起きはじめる。すべてはあの写本が原因なのか?ダイアナはオックスフォードの教授で天才科学者と名高いヴァンパイアのマシューと共に壮大な謎に取り込まれてゆくが―。

    感想は下巻で
    結構好きですこれ。

    A Discoverty of Witches by Deborah Harkness

  • 歴史的な背景を説明する箇所以外がすべて中学生の夢小説。

    常に余裕がなくキレ気味で頑固なヒロインの可愛さがまったくわからない。わがままで気取り屋で怒りっぽい吸血鬼の格好よさがまったく伝わらない。

    何度も何度も「吸血鬼は目を奪われずにはいられないぐらい美しい、危険な魅力に満ちている」と書いてあるのに恋人のマシュー以外の吸血鬼は空気のように扱われている。そしてマシューについても「格好良くて倒れそう!」とヒロインが言うのでそうか、と思うだけで文章から自然に伝わってくる魅力はない。

    これより藤本ひとみ読んでる方がいい。

  • TwilightシリーズのコメントをAmazonページで読んでいたためか、後日Amazon(Bot)さんから「あなたへのおすすめ!」としてこの本の紹介メールが届き、興味をひかれ読んでみました。著者の経歴がユニークでおもしろそうで。

    上巻を読み終わったところで、ここまでの感想。

    これは申し訳ないけど、訳が良くない、と言わざるをえないでしょう。
    非常にぎこちなくて、直訳。ときどき描写が変。ひどい時は、言っていることの意味が分からなくて、でもどうにも読み飛ばすことができなくて、ネットで探してオリジナルの英文を確認してやっと理解するはめに。
    特に分かりづらかったと記憶に残っているのは、マーカスとマシューの出会いを追憶するシーン(360ページ)。
    舞台がいきなりアメリカなんだってこと、「ブランディワインの戦い」だけでは普通の日本人には分からないでしょう。少なくとも私は分かりませんでした。独立戦争中だということくらいは、たとえ原文になくても入れるべきでは?
    更に、英語は同じ語の繰り返しを非常に嫌うために、別の語で言い換える傾向にあるのですが、それを直訳し過ぎているために、誰が誰だか分からず、シッペン医師を罵倒するフランス人兵士って誰?この「自分」はどの「自分」?等々、混乱が混乱を呼ぶ。
    おもしろいシーンなのにイライラ。

    まあ訳への文句はそれくらいにして、内容ですが、まず思ったのは、マシューの描写(所作とか性向とか)がTwilightのエドワードとそっくり!
    失笑するくらい似てる。魔女の血は「歌う」、だから強く惹かれる、と表現しているところなんかはtwilightの「La tua cantante」が想起させられるし。
    とにかくどちらも同じヴァンパイアだから、という説明では納得いかないくらい似ているので、さては作者はTwilightシリーズのファンなんだな、そしてエドワードが大好きで自分でもそういうのを書いてみたくなったのかな(でもベラは嫌いだからもっと自立した女性を主人公にしたくなったのかな?)、などと邪推する私。
    ところが、英語版Wikiの著者のページを読むと、著者はアン・ライスのヴァンパイアものは読んでいたけど、Twilightシリーズは読んでない、と書いてあった。
    ・・・・ほんとかなぁ?(笑)

    不思議なのは、明らかにプロットはTwilightより凝っていておもしろいと思うのに、読んでいてもTwilightみたいにノリノリにならない。キャラクター達への興味もそんなにわいてこない。なぜなんでしょうね。
    魔法がかかった本や、マシューの過去や、主人公の能力や、家族の過去など、興味深い「謎」がてんこもりで、本来なら続きが気になって気になってしょうがない状態になりそうなんですが、あんまりそういう気持ちにならず。
    逆に、細かいところがまるで小姑のように妙に気になって困りました。たとえば、食事を必要としないヴァンパイアがワインにこだわったり、驚くほどおいしい食事を喜々として作ったりするかな?とか。マシューとのディナーで主人公が身につける服装がオバサンぽくて趣味が悪いな~、とか。

    あっ、ネガティブなことばかり書いてしまった。
    最後に良かったところをひとつ。
    オックスフォードの宿舎の様子とか、図書館の描写とか、ボートやリサーチに没頭する描写など、そこで過ごした人しか知らない部分の描写はとっても素敵でした。

    さて、これから下巻を読みます。

  • ヴァンパイアと魔女のロマンスもの。

    二人とも学者なので何だか小難しい。
    まだマシューの人物像が掴みきれず、下巻に期待。
    主人公が図書館で古い本を読んでいるシーンがとても好き。

  • 最新が出たから一から読み直してるけど。この全編は普通~。久々借りて3度目の読み直し。

  • 前半少しもたついている印象を持ったが、中盤以降、ダイアナとマシューの距離が近付き、ダイアナに危険が迫るあたりから一気に読み進められた。
    オックスフォードやフランスでの描写が想像力をかきたてられた。
    下巻も楽しみ。

  • 良い所で終わってしまった!
    続きが気になる!

全46件中 1 - 10件を表示

デボラ・ハークネスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

魔女の目覚め 上 (ヴィレッジブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魔女の目覚め 上 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする