魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣【通常版】

  • 72人登録
  • 3.80評価
    • (5)
    • (12)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 秋田禎信
制作 : 草河遊也 
  • ティー・オーエンタテインメント (2013年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864720984

魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣【通常版】の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017.6.12

  • 引っ越しのどさくさにまぎれて新刊買うの忘れてたオーフェン新シリーズ、Kindle版出てたので再開。
    いま読むと、っていうか当時から思ってたけど、オーフェンって全然ライトじゃないよなあ。
    普通のラノベなら「後のことなんて知ったことか、いま全力を出さないと・・・!」みたいになるところで、勝ち過ぎると後々に政治的にまずいからほどほどに抑えないととか考えてる主人公とか。政治色が強まったのは大人編なせいもあるかもだけど、なんか、旧シリーズ序盤でオーフェンが勢いで突っ走った尻拭いを以降20年以上やってる感はあるな・・・

    ・・・あとクリーオウが奥さんなのいくら続いても慣れんな・・・

  • 前巻での予告と展開が微妙に違う、ジャンプの次号予告気分に苛まれてるんだけど、ヒュプノカイエンなんてどこに出てきた?

  • ぶっちゃけて言うと、懐かしさゆえの惰性で読んでいる。
    旧作のストーリー展開、テンポはすっと入ってくるのだが、このシリーズはどうも分かりにくい。

    あとちょっとプライシングのやり方が気に入らなかったりする。

  • アイルマンカー結界がローグタウンに出現し、女神がいつくるかもしれない恐怖に飲まれる原大陸。
    カーロッタ派も女神との接触を果たすためその周囲を囲み、ラポワント市内では開拓者/市民を選別するためサルアとメッチェンを襲撃。

    結界内には閉じた世界での君臨を望むジェイコブズと共にキエサルヒマ組とラチェット、その友人が閉じ込められる。

    同調術は姉二人だけでなくラチェットも加えた三姉妹でこなしてたらしい。
    三姉妹の能力インフレしてるなー。
    ジェイコブズのノリはついていけなかったが、それぞれの決断と最終局面は熱かった。

    しかし一難去ってまた一難。
    マヨールはカーロッタたちから逃れることはできるんだろうか。

  • 結界によってローグタウンで孤立したマヨール一行&ラチェットトリオと
    奔走するオーフェン率いる戦術騎士団。

    旧シリーズから登場している人物が相次いで亡くなったり、思わせぶりにカーロッタが出てきたりといよいよ佳境という感じの巻でした。
    マヨール側はジェイコブズのおかげで無謀編のノリを地でいってて面白かったです。そのかわりオーフェン側はシリアスでしたが…三魔女はコギーが有能になったこと以外は相変わらずで安心しました。
    キース好きとしてはケリーの正体がものすごく気になります…

  • 次がラスト、らしい。

  • 前半やたらとハイテンションというかやたら楽しそうで、後半になるにつれ・・・。
    まぁ、あのカミスンダ小芝居は必要あったのかとか思うけども不覚にもウケたので好きです。
    次回あたりがラストとのことで否応にも感傷的になっちゃうな。
    とりあえずは、新シリーズを読んだことを後悔するようなラストでないことだけ祈りつつ、もいちどシリーズ読み返していこうかな。
    というか、まったく買うつもりもなかったしゃべる無謀編まで書き下ろし目当てに欲しくなってきた・・・。
    今回は短編なしの本編のみでした。それもまた切なさを募らせる。

全8件中 1 - 8件を表示

秋田禎信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣【通常版】を本棚に「読みたい」で登録しているひと

魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣【通常版】を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣【通常版】を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣【通常版】の作品紹介

"魔王"オーフェンの活躍により、キエサルヒマ大陸からの刺客は退けられた。しかし、ラポワント市の被った損害は大きく、魔術士たちは社会からの糾弾を受ける。一方、マジクは大陸の果てで、宿敵であるヴァンパイアと対峙していた。二人の交渉が決裂し、"死の教主"が宣戦布告をすると同時、大陸上空を巨大な黒い"結界"が貫く。"結界"の中心となったのは、ローグタウンのフィンランディ邸だった。完全に外界と隔絶され、取り残されたマヨールとラチェットは脱出の道を模索する。"戦術騎士団"、"リベレーター"、"キエサルヒマ魔術士同盟"、"アーバンラマの三魔女"、そして、"魔王スウェーデンボリー"。複雑に絡み合う状況の中、神託を下されるオーフェンの行方は?分かたれた世界で、それぞれの選択が試される。流転の物語。

魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣【通常版】のKindle版

魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣【通常版】の単行本

ツイートする