禅に学ぶくらしの整え方 (オレンジページムック)

  • 69人登録
  • 4.07評価
    • (5)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 吉村昇洋
  • オレンジページ (2016年1月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865930283

禅に学ぶくらしの整え方 (オレンジページムック)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 無理せず、シンプルに。

    とても気持ちが落ち着き、イライラが薄れる感じです。
    特別な事や、カッコつけた言葉でないので、スッと入ってくる。丁寧なきもちが芽生える。

    自分との向き合い方も書いてあり、穏やかに客観的に向き合えそう。

    今の自分だから、読みたかった本だったのだ。
    読んでよかった。

  • 禅に関する本が好きでつい、買ってしまう。

    表紙を見るとお掃除の本だと思っていたけど「くらしの整え方」というタイトル通り、くらし全般の話しで、料理についても触れていて、最後の方に調味料に関する情報が載っていたのが意外だった。

    掃除に関しては雑巾の絞り方や、ほうきの使い方なども書いてあり、当たり前の事をきちんとやる事から全ては始まるのではないかと感じた。
    ぞうきんと浄きん、私も意識して使い分けてみよう。そしてぞうきんや浄きんも汚れたら漂白して綺麗なものを使う事を心がけよう!

    2016.5.27

  • 禅僧であり、カウンセラーでもある吉村昇洋さんが、お掃除と、心のあり方について易しい言葉で語った本。

    気持ちの良い写真とわかりやすい文章で読みやすく、掃除のやる気が出た。

    時間を決めて、やる。
    書き出す。
    掃除によって心を整える。

    など、実践したらとても満足した。
    簡単な事だけど、毎日淡々と続ける事が難しかった掃除。イライラせず、自分のペースで出来るような気がした。

    キッチンや料理の章も楽しかった。

    大切に当たり前のことを。
    そうして自分と向き合う。
    仏教の考えと日常が繋がり、わかりやすかった。

  • ぞうきんを絞る写真に惹かれて

    ほうきは立てて使う

    唱えごとをして心持ちを整える
    唱える=自分の一つ一つの行為を、これはこういうことと規定する意味がある。宣言することで、そのことへのモチベーションが高まる。

    プラスのこともマイナスのことも長引かせず、フラットに立ち返る=とらわれを手放すこと、心が整っている状態。

  • 著者が修行した永平寺での掃除や片付けのやり方を紹介した本。

    しかし、それにとどまらず、著者自身の向き合い方についても詳細に書かれていて、参考になることが多い。

    心持ちと実践のどちらも大切であるとする、いかにも禅者が言いそうなことを、極めて分かり易く解説してくれている良書。

全5件中 1 - 5件を表示

吉村昇洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
三浦 しをん
西 加奈子
佐々木 圭一
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

禅に学ぶくらしの整え方 (オレンジページムック)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

禅に学ぶくらしの整え方 (オレンジページムック)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

禅に学ぶくらしの整え方 (オレンジページムック)を本棚に「積読」で登録しているひと

禅に学ぶくらしの整え方 (オレンジページムック)はこんな本です

禅に学ぶくらしの整え方 (オレンジページムック)のKindle版

ツイートする