開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質

  • 266人登録
  • 4.10評価
    • (21)
    • (28)
    • (10)
    • (1)
    • (1)
  • 24レビュー
著者 : Cody Lindley
制作 : 和田 祐一郎 
  • オライリージャパン (2013年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873116211

開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質の感想・レビュー・書評

  • 薄いかつ内容が濃くて効率が良い

  • 本物のjavascriptの本質。本当に開眼した。

  • オブジェクトという概念を様々な具体例から解き明かしていて、とても参考になった。著者が推奨するように、他の書籍にすすむことによって、多角的なJavaScriptの理解を養っていこうと思う。

  • JavaScriptの基本が学べる

  • JavaScriptの入門に良かった
    薄くて読みやすい

  • 1日で読み終わるのでJavaScriptを復習するつもりで読むのが良いかも。JavaScriptの勉強を始めて間もない人は、実際にコードを書いて動かしながら勉強すると良い。

  • 他言語をすでに使いこなしているエンジニアを対象にJavaScript言語仕様のエッセンスをコンパクトにまとめた本。時間対効果が非常によい。ハマりポイントのthis、静的スコープ、プロトタイプ継承、等のコードを交えたわかりやすい解説。

    あくまで言語仕様のみであり、DOM操作等に話はまったくなし。初版を読んだが、ECMA-262 Edition 3に準拠。

  • js初級者が中級者になるために必ず読むべき本。

  • すでに業務で使っている言語ではあるので、スクリプトを動かしつつどんどん読み進めることができた。

    JavaScriptで必ず話題にあがるスコープやthis、クロージャがらみのところについて整理できてよかった。

    動きはなんとなくわかるけど動作の理屈がわからん、そこまで詳しくないという人の導入としてはよいのではないかと。

  • JavaScriptはなんとなく書けるけどしっくりきていない人、他の言語を書いたことはあるがJavaScriptは初めての人、あたりが読むとちょうどいい。
    家電やゲームに付いている説明書のような位置づけ。

    JavaScriptオブジェクト、this, プロトタイプチェーン、スコープなどの言語仕様の特徴的な部分についてまとまっている。
    読みやすくコンパクトにまとまっているので、読書時間対効果が高かった。

  • JavaScriptという言語について理解するのにもってこい。ただ書ける、という状態のひとつ先に進める。

  • よくわからなかった。Object周りをJavaScriptの言語仕様から説明しているので良い本なのかもしれないが。

  • 言語仕様、とくに「オブジェクト」にフォーカスして説明してある。できれば他の言語をある程度知っているのが望ましいと思う。
    JavaScriptの細かい仕様やクセが細かく纏まっていている点が良かった。

  • JavaScriptのオブジェクト指向に関する文法仕様にフォーカスした本。9,10,11,16章以外のみ興味があったので読みました。FunctionがStringやBooleanのようにオブジェクトであるのが新鮮。Cの皮をかぶったLISPというのはこのあたりから?

  • 和図書 547.48/L63
    資料ID 2013101376

  • “本書はJavaScriptのデザインパターンや、JavaScriptによるオブジェクト指向プログラミングの本ではありません。良いJavaScriptの特徴を悪い特徴と区別しているものでもありません。JavaScriptの完全なリファレンスガイドでもありません。プログラミング初心者のための本でもなく、JavaScriptを全く知らない人のための本でもありません。レシピ満載のクックブックでもありません。”
    (「はじめに」より)

    ──さていずれにしても、本書の説明やサンプルコードの使い方は適切とは思えない。1章・2章と読み進めて若干辟易してしまった。

    「そのものズバリ」を言わないまどろっこしい説明。どうせサンプルコードなどでは表現できないか表現しにくくて図解や箇条書きで簡潔にすませるべき問題を、あくまでもサンプルコードとその解説で行おうとする構成。

    本書で説明されている事項を正しくそのエッセンスだけでまとめれば、すくなくとも4分の1の厚みで済ませられそうである。(そもそも分厚い書籍ではないが。)

    もちろん本書の解説がJavaScriptの特徴的な部分の多くをカバーしていることは事実であり、かつまたサイ本などとは比較にならないコンパクトなものであることは率直に評価すべきなのだろう。しかし読みやすく理解しやすい本とは決して思えない。初学の方にはすこし大変でもサイ本のほうを読まれることをおすすめする。

  • this、スコープ、prototype、nullとundefinedの違いなど、分かりづらいことが丁寧に解説してあって良かった。

  • JavaScriptの主にオブジェクトについての本。
    短いながらも、大事なところは繰り返しでてきていたので、分かりやすかった。
    まえがきでJavaScript初心者向けの本ではないと書かれていたので少し不安だったけれども、なんとか理解できてよかった(分からないところもあったけど)。
    まあ、ここに書いてある内容どおり使いこなせるようになるのは、まだまだだろうけど・・・。

  • javascriptの世界はオブジェクトが王様。そのスタンスに則って書かれたjavascriptの挙動のメモ。

    javascript特有の動的なプロパティや、プロトタイプ、スコープチェーンについてエッセンスを絞って解説されている。javascriptの仕様をひととおり理解した後で、さらっと読むと「うんうん、そうだよね」と全体の復習ができる。

    説明が少ない割にぶっきらぼうな印象は受けない。
    初学者でも全体を理解するには悪くない本だと思う。

全24件中 1 - 24件を表示

開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質を本棚に「積読」で登録しているひと

開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質の作品紹介

JavaScriptの言語的特性で知っておくべきポイントをまとめた書籍。「オブジェクト」の理解を中心に据えて、ひと通り経験した後に陥りがちな落とし穴であるthis、プロトタイプチェーン(継承)、スコープチェーンなどをサンプルを使って解説した。

開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質はこんな本です

ツイートする