全日本じゃんけんトーナメント (幻冬舎文庫)

  • 115人登録
  • 3.06評価
    • (5)
    • (8)
    • (44)
    • (6)
    • (4)
  • 15レビュー
著者 : 清涼院流水
  • 幻冬舎 (1999年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877288006

全日本じゃんけんトーナメント (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 途中までは面白かった

  • 書名のとおり、じゃんけんのトーナメント戦
    清水義則のような何を出すか心理描写があるともっと楽しかったかな
    Lの正体については、なんとなく気がつくレベル
    結末に関しては清涼院流水らしい終わり方ですな

    そこそこ面白いだけど、なんか物足りないねぇ

  • ライトノベルっぽい感じだった。普段読み慣れてない文体が気になって、内容は面白かったのに後味が少し悪い。。

  • 「じゃんけんは運ですか実力ですか」
    じゃんけんひとつで人生が変わる。
    限定じゃんけんかよ。

  • 幸運は不運の逆手。

  • 延々じゃんけんさせてるだけでも300ページってあっさり埋められるんだな。。それに気づけたのが一番の収穫。

  • 全力でふざけている

    著者の本はどれも、ついていける/ついていけない読者に分かれると思う。

    設定がとにかくむちゃくちゃ。そこさえ上手く飲み込む事ができれば、ちゃんと楽しめます

    姉さん、こわい

  • 紙の無駄遣い。ゴミでしかない。

  • 何処いるのかお前は

  • タイトルから想像するよりは、読み始めの1ページよりは、ゆるゆると話が展開してる気がした。

全15件中 1 - 10件を表示

全日本じゃんけんトーナメント (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

全日本じゃんけんトーナメント (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

全日本じゃんけんトーナメント (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

全日本じゃんけんトーナメント (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする