MONKEY Vol.1 ◆ 青春のポール・オースター(柴田元幸責任編集)

  • 178人登録
  • 4.14評価
    • (9)
    • (15)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 柴田元幸
  • スイッチパブリッシング (2013年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884183899

MONKEY Vol.1 ◆ 青春のポール・オースター(柴田元幸責任編集)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Twitterのフォロワーさんにオススメされたので読んでみる。
    表紙から他の雑誌と一線を画している雰囲気。内容もオースター好きには満足満足。
    いつかNYに行きたい。

  • この手の本は、ソファーに埋まりこむようにして、淹れたてのコーヒーをお供に愉しみたい。好きな作家を挙げるとき、ぱっとオースターの名前が出てこない私が読んでも、とても面白かった。特に、柴田元幸、高橋源一郎両氏との対談、ポールオースターAtoZは興味深く、春樹氏の、小説、小説家という職業をめぐる、率直で真摯な物言いには、やはり胸が熱くなった。雑誌は隅々まで、というのが難しいけれど、余すところなく堪能できたのも嬉しい。次号もたのしみ。

  • 柴田元幸さんの雑誌『モンキービジネス』がリニューアルして復刊!というニュースを聞き、買ってみた。

    第1号ということで、柴田先生のソウルメイトともいえる、ポール・オースター大特集。オースターの若き日の未刊行原稿の訳やら、オースターAtoZなど、全力でオースターてんこ盛り。でも、私は残念ながらオースター作品が大好きというほどではないので(端正だなあと思って読むことはあるんだけれど、小理屈っぽさが私の好みの方向でなくて、ちょっとめんどくさい)、この全力オースター特集よりも、後半に並んだ、のちのちの連載になると思われる作品のほうが楽しかった。中でも、門馬太喜さんとおっしゃる作家さんの短編『白足袋』が、この号ではいちばん好み。アリス・マンローに似ているけど、言葉がもう少し簡素な感じで淡々と美しい。主人公と白足袋のつながりには、書かれている以外の関係があるのではないかとうっすらにおわせるように書かれた、終盤の雰囲気のよさ(ちょっぴりのあやしさも含む)も素敵。

    巻末の村上春樹の講演録「職業としての小説家」も面白かった。例によってハルキ節全開だが、彼の小説を読んでいるときのように「チッ」と舌打ちしてしまう面倒くささはなく、直球で知的に面白い。筆一本で食べていくことと、その周りのことに関して、小説家を目指そうとするかたがたにはプラクティカルな部分も見受けられるし、こじゃれた言い回しを使うようで実はプロレスネタという、おっさん的なユーモアの効かせかたも緩急が付けられていて愉しい。個人的には、彼は翻訳と、こういった講演形式も含めた、英米のコラムのような文章を書くほうが向いているように思う。

    『モンキービジネス』のときも思ったけれど、これだけ自分の好きなものでがっちり固めて、しかもメジャー路線(といってもガイブン界隈での話だけれど)に持っていけるところは、やっぱり柴田先生の選球眼と誠実なお仕事っぷりで築いた信頼のなせるわざなんだろうなあと感じた。次号の特集「2010年代の文学」も楽しみ。

  • 何だか読んでしまうのがもったいなくて、ずっと本棚にあるのをにこにこ眺めていた一冊。
    読書会で「幽霊たち」を取り上げることになり、潮時だ、と手を伸ばした。
    若かりし日のオースターの、未完小説が数編。
    どれも、その後の作品よりも表面的には込み入って見える。
    柴田氏の訳でも、正直わかりづらい。
    この後のブランクによって、文章と物語のバランスが取れるようになるのだろう。
    それでも面白い。
    柴田氏のエッセイも非常に面白かった。

  • おすすめ資料 第228回 (2014.3.20)
     
    2011年秋に休刊した「モンキービジネス」。
    海外文学に興味がある人のための、ポップな文芸誌でした。
    タイトルも出版社も違いますが、「モンキー」はその後継といって差し支えないでしょう。

    創刊号はポール・オースターの特集です。
    初期の未発表作品、柴田元幸によるインタビュー、高橋源一郎との対談などが掲載されています。

    Vol.2以降も順次受け入れる予定です。

  • 柴田さん責任編集の創刊号。

    オースターのインタビューに村上春樹のエッセイとたまらない内容で、買い続けたい文芸誌ができました。

  • 遅ればせながらVol.1を読了。オースターをたっぷり楽しめる1冊。

  • MONKEY Vol.1青春のポール・オースター号 http://www.switch-store.net/SHOP/MO0001.html … 読んだ。オースターの名前を見るとつい買っちゃう。NYCの図書館に収蔵されているというオースターの習作9点、柴田元幸によるインタビュー、あと高橋源一郎との対談が意外によかった(つづく


    「あなたがいたい場所」という特集がおもしろかった。どういう場所を理想とするか、著名人各々の好みを読めて楽しいというだけでなく、単純で制約もないこういう寄稿依頼に何を返してくるかはその人の自意識が透け見えてしまっていて、つまりちょっと読んでて恥ずかしいものもある笑(つづく


    そしてまたハルキムラカミを読んでしまってイライラした。読まなきゃいいんだけど次のページに出てきたら目はどうしても文字を読んでしまう。なんか例によって小説家の定義について説教臭い独り言を書いていた。作品の良し悪しや誰を小説家とみなすかは自分以外の人が決めるんだと思うけどね(おわり

  • 柴田元幸さん責任編集の季刊雑誌の創刊号(bit.ly/1i9PQaA)。
    ポール・オースターの特集は読み応えがあり堪能した。
    未発表作品「草稿と断片」、柴田さんとのインタビュー、
    高橋源一郎さんとの対話、そして A to Z のオースター小辞典。
    今号は何をおっしゃっているのかよくわからなかったが、
    村上春樹さんの新連載も楽しみ。
    次号も購入するであろう良質な雑誌。
    小川洋子さんにはびっくりさせられた。

  • 翻訳家 柴田元幸責任編集の文芸誌。オースターの草稿と断片、インタビュー、オースター A to Zなどファンには堪らない内容。村上春樹、古川日出男などの連載も充実。判型は月刊文芸誌くらいのサイズが良かった。

全12件中 1 - 10件を表示

柴田元幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール オースタ...
ポール・オースタ...
ポール オースタ...
ポール オースタ...
ポール オースタ...
村上 春樹
村上 春樹
ジェニファー・イ...
三浦 しをん
ポール オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

MONKEY Vol.1 ◆ 青春のポール・オースター(柴田元幸責任編集)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

MONKEY Vol.1 ◆ 青春のポール・オースター(柴田元幸責任編集)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

MONKEY Vol.1 ◆ 青春のポール・オースター(柴田元幸責任編集)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする