自分をあきらめるにはまだ早い 人生で大切なことはすべて歌舞伎町で学んだ

  • 124人登録
  • 3.70評価
    • (13)
    • (15)
    • (17)
    • (4)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 手塚真輝
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2008年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596801

自分をあきらめるにはまだ早い 人生で大切なことはすべて歌舞伎町で学んだの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大学を中退してホストになり、その後自身でホストクラブを経営するようになった著者の思いのたけをぶちまけた本。思いをポエム調で語っているページの合間に、自身の過去が語られているが、ポエム調の部分を減らしてもっと自分の生い立ちから現在に至るまでを自身の心境の変化も併せて書いた方がより面白くなったのでは。
    「僕らの目標は日本一のホストクラブを作ること。」と書いてあるが、現在日本一のホストクラブになれたのだろうか。

  • どんな職業でも気持ちが大事なんだろうな。

  • 今を一生懸命、真剣にやること。そうしないと絶対にご褒美はない。

    「死ぬ日を決めることで、より大事に生きられるようになる」というのが印象的。

  • 歌舞伎町のホストの自伝、ホストが何を言えるんだろ?なんて否定の目で読み始めたが、言いたい事をスパッとハッキリ自信を持って言ってる所
    覚悟や立ち止まる事の愚かさ、何事に対しても本気な姿勢など、学ぶべき事が沢山あった。ホスト≠チャラ男

  • 久々に元気がでる本に出逢った。


    悩んでる人にぜひおすすめしたい。


    ホストの人が書いた本。

    ホストってあんまりいいイメージなかったけど、この人は本当に一生懸命生きてる。


    真剣に遊ばないやつは仕事もできない。
    好きな事をやってもいいが、全力で取り組め。
    死ぬ日を決めろ。
    今、すごくなくていい。人は将来すごくなるためにがんばってるやつを応援する。
    余力を残して眠りたくない。


    趣味は「生きること」
    死ぬことも選べるが、僕は毎日生きるスイッチを選んで押している。




    全ページ共感できることばかり。



    この人に会ってみたい。

  • 納得させられる一冊でした。
    昼の仕事であろうと夜の仕事であろうと働く事に代わりはなく働く事は自分へ社会への貢献だと思うから僕も頑張りたいと思う

  • 本当に読みやすかった。
    終始頷きながら読んでいた気がします。
    昼であろうと夜であろうと、みんな必死に生きている。
    水商売だからって偏見は抱いちゃいけない。
    この一冊で分かります(^ω^)

  • ナンバーワンホストを経てホストクラブ、バーを経営する著者の哲学。
    すでにがんばってる人には不要かもしれませんが、
    がんばってない人、あきらめて逃げてる人には、良い刺激になると思います。
    ホストとか、歌舞伎町とか、イメージにとらわれずにさらっと読める万人向けの本です。

  • なるほど、、、

  • 元気が湧いてくるような 一冊でした

    担うという気持ちをもつこと
    今すごくなくていい
     未来への可能性を見せられること
    真剣な体験が大事

全20件中 1 - 10件を表示

手塚真輝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ロバート キヨサ...
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

自分をあきらめるにはまだ早い 人生で大切なことはすべて歌舞伎町で学んだはこんな本です

自分をあきらめるにはまだ早い 人生で大切なことはすべて歌舞伎町で学んだを本棚に登録しているひと

自分をあきらめるにはまだ早い 人生で大切なことはすべて歌舞伎町で学んだを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自分をあきらめるにはまだ早い 人生で大切なことはすべて歌舞伎町で学んだを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする