I met a boy.父の日に、バンビ公園で。

  • 270人登録
  • 3.63評価
    • (24)
    • (38)
    • (36)
    • (10)
    • (3)
  • 39レビュー
著者 : 松尾健史
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2008年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596818

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
ロバート キヨサ...
松下 幸之助
喜多川 泰
村上 春樹
喜多川 泰
有効な右矢印 無効な右矢印

I met a boy.父の日に、バンビ公園で。の感想・レビュー・書評

  • 心が清らかになるような作品。
    さすがは、ディスカバー21が刊行しているだけあり、センスある本でした。

    他の人のレビューにもありましたが、本気を出してやれば人は変われるということ、最後の部長との頭を下げるシーンなどは特に良かった。
    人は本気になれば、いくつになっても生まれ変わることができると、この本は教えてくれた。

  • 今、自分の時間もないほど仕事が忙しすぎて、毎日毎日ヘトヘトになっている人に読んで欲しい。。。

  • まるで自分の事が書いてあるのかと思うくらい内容が自分とかぶってて、驚きました!

    内容ですが、とても読みやすいです。一時間半もあれば読み終わると思います。
    そして読み終わったあと、やる気が出てきました。
    なんでだろ。自分とかさなる部分が多かったからかな。。

    あまり気難しい本が読めない時、良いと思います。

  • カッコイイ自分がどんなものなのか意識しながら生きる。また、本気を出してやれば何でも楽しんでできるということを、再確認できる本でした。

  • ●世の中に『怖い』と決まっていることなんてないんだよ。怖さはいつだって人の心でつくられるんだ。それを知っておけば、この世の中の怖いものの9割は消えてなくなるさ。
    ●イメージするのとしないのとでは、素振りの意味合いが違う。ただ単にバットを振るんじゃなく、ボールが向かってくるイメージ、それを捕らえるイメージ、打球が抜けていくイメージを描きながら振るんだ。そうすれば、すぐに上手になる。人は自分が思った通りの行動しかできない。いいイメージを絶対に忘れるな。
    ●変わることは悪いことではない。ただ、変わることによって、大切なものがみえなくなってしまうこともある。
    ●『しょうがない。こんなもんさ。』と言い続けてはいけない。
    ●攻めるのはいつも自由だけど、守るのは不自由だ。
    ●生まれ変わるなら、生きているうちに。
    ●自分の中の少年に胸を張れているか?「どうだ?今の俺、カッコイイだろ?」と言えるようにならないとダメだ。
    ●いくつになったって何だってできるし、いくつになっても生まれ変わることができる。
    ●僕らはどんな存在にだってなれる。昔の僕がそう言っている。今の僕もそう信じている。

  • 暖かくて、ふんわりな、やる気の出るファンタジー。

     −生まれ変わります。

     −昨日までの、何のプライドもない、かっこ悪い僕を辞めます。会社は辞めません。


    最後の展開におっ!面白い!と。

    そして挿絵?が可愛い〜!

    ちょっとやる気喪失していた仕事を頑張ろうと思えた一冊です!

  • 世の中に怖いと決まっていることはない。怖さはいつだって人の心で作られる。

    イメージするのとしないのでは、素振りの意味が違う。人は思った通りの行動しかできない。いいイメージをもちながら練習する。

    変わることは悪いことではない。ただ変わることで大切なことが見えなくなってしまうこともある。もう一度大切なものをよく見る。

    ピンチのときこそ前に出ろ。

    生まれ変わるなら生きてるうちに。

  • 基本的には大人の「僕」が小学五年生のときの「僕」に感化される、といったものでした。多くの人が(自分も含め)何かしらの夢を小さなころは持っていたはずなのに、いつからかその夢を忘れて妥協に甘んじる生活をするようになってしまう、それどころか妥協していることさえ忘れてしまっていると考えました。なかでも主人公の父の言葉として「正しいことを正しい、間違っていることを間違っているっていうのは、勇気がいることだ。それでも、たとえ一人だとしても、声をあげなきゃいけないときがある」があるのですが、いわれれば当たり前だけれど実行できていないし、自分の場合は実行できていないことさえも忘れてしまっていた気がします。これは先の妥協すら忘れていることの典型例であり、印象深く残りました。
    さらっと読める程度の分量なので読んでみてもよいのではないかと思います。

  • 現れた少年は昔の自分。
    設定はちょっとファンタジーなとこがあるかなって思ったりもしますが、仕事やプライベートで何をやってもうまくいかなくイヤになる時は誰でもあると思いますが、そんな時に昔の自分が今の自分を見たらどう思うか考えさせられ、子どもの時になりたかった自分になりたいと思える作品です。

  • 子供の頃に亡くなったお父さんを思う。

  • じんわりと元気をもらえる内容でした。

    「生まれ変わるなら生きているうちに」

    「僕の人生は他のどこかにあるのではなく、「今、ここに」ある。」

    「もっとかっこいい自分でありたい。だから、変わろう」

    キーワードをしっかり胸に刻みます。
    *\(^o^)/*

  • 喜多川泰さんの作品を読みだしてから、Amazonのあなたへのおすすめに何度も出てくるし、カバーもかわいらしく印象的で、先日から通っている親学塾でも販売されていた本。
    著者のプロフィールは詳しくは紹介されていなくて、おそらく、喜多川さんの聡明舎に関わりの深い方だと思う。


    大学を卒業して五年後、郵便受けに不思議な手紙が届く。
    子どものころよく遊んだ『バンビ公園』で待ってます。という子どもの字で書いたような手紙。

    その子どもは、ネタバレやけど予想通り小さい頃の自分。
    今の自分に必要だからと、お父さんに言われてやってきたという少年は、今の自分がどんな自分なのかついて回る。

    36連敗の就職活動で、たまたま内定した会社でうだつの上がらない毎日を送っていたこともあり、嘘をついて期待を膨らませてしまうが、すぐにバレて泣かせてしまう。

    子どものころは、自分の可能性について疑うこともなく、もしその夢がダメでも、なにか違うカッコいい仕事をしているはずと思っていたのに、大人になると可能性なんて思い出すこともなく、大人ってこんなものだと思い込んでしまう。

    生まれ変わるなら、生きてるうちに!

    そう思い、本を読むこと、朝早く起きること、机の周りをきれいにして仕事に臨むこと、勉強して知識を増やすこと、人とよく話すことを実践する。

    さらに五年後、別人になった自分は、人の幸せに貢献することや問題を解決することがうまくなった。


    人が悩んでいるとき、その答えやどう行動すればいいのかってことは、すでに自分の中ではわかっているもの。
    それを導きだしてやりさえすれば、人は動きだし、幸せにむかって進み始める。

  • 読後、子供の頃、なんでも興味が沸いて、ワクワクしていたことを思い出しました。 つまらない仕事に明け暮れる毎日。 「こんなはずじゃなかった」自分が少年時代の自分に出会い、自分を見つめ直すお話。 ファンタジーで、説教臭くなく、自己啓発したくなる良い本です。 本のソムリエ・清水さん推薦本。

  • 読書のススメ、清水さんお勧めの本とあり購入。
    くすぶった生活を送っていた27歳の主人公の前に現れたのは10歳の頃のボク…。
    『生まれかわるなら生きているうちに』
    小さい勇気と明日頑張れる元気が湧いてくる自己啓発ファンタジー。

  • いつのまにか社会に染まってしまった大人。
    本当の自分らしく生きるために、勇気が湧いてくる本。
    どんな人生でも、今ここから変えていける。

    『自分の中にある答えを見つけてあげることが大事。話を聞いてあげて、それで相づちを打っているうちに、多くの場合、自然と答えが出てくる』

  • 設定はかなり良いと思うが、
    展開が浅く深みがあまりなくて残念かな、
    基本的に著者の考えに共感できるものの、
    特に新しい気づきもなかったかな

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    今のあなたは、あなたがあなたに誇れる、あなたですか?

    不器用な生き方しかできないすべての人に贈る、自己啓発ファンタジー。
    人生を変えたいと思っているのに動き出せないあなたに、
    小さな勇気と大きな希望をもたらしてくれる本です。

    <こんなストーリー>
    就職活動36連敗の末、勤めたIT企業では落ちこぼれ。
    学生時代からの彼女には別れを告げられ、
    唯一の楽しみは、家でナイターを見ながら缶ビールをあけること。
    そんなくすぶった生活を送る、27歳の「僕」。

    子どもの頃はプロ野球選手を夢見て、毎日練習に励んでいた。
    自信にあふれていたあの頃、自分にできないことはない、そう信じて疑わなかった。
    それなのに、今は思う。
    自分にはできることなんて、何もない、と。

    そんな「僕」の人生を変えたのは、「バンビ公園」で出会った不思議な少年だった。

    【キーワード】
    単行本・自己啓発・ファンタジー・過去・成長・青春・社会人



    1++1

  • その日だけ何かを得た気分になって終わってしまった。

  • 読書のすすめの清水さんがオススメされていた本。
    たしか、仕事で疲れている人にオススメだったような。

    あっさりとした文章で、とても読みやすい。
    大事なところは太字&バンビの顔?入りで書かれているため、「ここが重要なんだな。これが言いたいんだな」というのがよく分かる。
    個人的には、教えてもらえなくてもいいのに、とは思うが。

    現実を思い知った自分(子ども)が泣いてしまうシーンはぐっとくるものがあった。
    たしかに、今の私を小学生の私が見たら、がっかりすることだろう。
    昔の自分に誇れるような自分になるのは簡単なことではないが、せめて努力を続けたいと願ってやまない。

    「怖さはいつだって人の心でつくられる」という台詞は共感できた。私はホント、怖がりだったな。

  • 著者は1980年生まれ。佐賀県武雄市出身。横浜国立大学卒。

    「君、名前はなんて言うの?」
    「へへへ・・・内緒」

    ある日郵便受けに投函された一枚の手紙。
    バンビ公園にて待ち合わせをする旨が書かれた一枚の謎の手紙。

    そこにいたのは、一人の少年。
    白いTシャツに、ベージュの半ズボン、アシックスのランニングシューズ、野球帽といった格好。
    その少年と就職活動は大苦戦、努めたIT企業では鳴かず飛ばずとくすぶった生活を送る27歳の主人公とが繰り広げるひとつの物語。

    謎の少年と主人公との出会いにより何かが主人公の中で変わりつつある・・・。

    本の帯には「あなたの明日が変わる本」のメッセージ。
    確かに何かを変えたいと何かしら思っている自分達にはぴったりの一冊。押し付けがましくなく、今の自分の問題を考えさせる気づかせるようなそんなコーチング的な物語。

    難しい理論・言葉は一切出てこない。理屈というより気持ちで背中をぐいっと押してくれるような温かいストーリーに引込まれていった自分がいた。

  • 就職活動で36連敗後、ようやく入ったIT企業に勤めて5年目の27歳が主人公。そんな彼がバンビ公園で小学5年生の時の自分に会う。
    野球選手を夢見てキラキラした目をした昔の自分から父親が教えてくれた大切なことに気付かされる。
    就職活動を控える学生や、働き始めて何となく今の自分に疑問をもつ社会人にオススメします。

  • とても読みやすくてスラスラ読めました。
    評価は微妙ですが、あまり自分にとって感動する部分がなく
    面白くはあるのですが、★4弱ということで。

    処女作にありがちな、読んでいる時の違和感が気になりました。
    少しメッセージ性が浅いということなのかな?
    よくわかりませんが、とりあえずサラっと読めるので読んでみても損はないと思います。私は図書館で借りました。

  • 『I met a boy.父の日に、バンビ公園で。(松尾健史)』を読みました。

    小学5年生だった頃の自分に対して、今の自分の生き方は誇れるか?胸を張れるか?そんな問いかけの物語でした。成幸者になるためには、自分に誇りを持つことがどれだけ重要であるか、結局それは、自分に後ろめたい行動がないか?の問いかけでもあるのですよね。

    そして人は、きっかけによって一瞬で変われるもの、それを表現してくれています。環境や人を変えるより、自分を変える事の重要性を説いています。

    物語の中で、本をプレゼントする話がありますが、あれは紛れもなく「手紙屋」ですね。この辺に、喜多川泰さんを尊敬する気持ちが垣間見られました。

    目新しさはないのですが、とても面白く興味深い視点で描かれていて、すーと心に入ってくる作品でした。目新しさも大事ですが、新しい視点の発見もまた大事ですね。

    松尾健史さんの処女作、これからの活躍が楽しみです。ありがとうございます。

    ★★★★

    以下、本書で共感した箇所です。

    ☆page.41

     自分が不幸だとは一切思いませんでしたね・・・自分に対して誇りを持つことができたから、じゃないですかね

    ☆page.161

     世界が変わるのを待つよりも、自分が変わるほうが早いし、自由で楽かもな。そういえば、昔読んだ本にこう書いてあったな。『攻めるのはいつも自由だけど、守るのは不自由だ』って

    ☆page.162

     だれかのうれしそうな顔を見るのは、あるいは自分のうれしそうな顔を見るよりも幸せな気分になれるのかもしれない。

    ☆page.173

     変わることを望んだ僕には、二つの選択肢があった。

     一つは、今いる場所、この会社、この机、この人間関係の中で、僕自身が変わること。もう一つは、別の場所、別の会社、別の机、別の人間関係の中へ移動して、僕自身が変わること。

    ☆page.184

     睡眠時間は短くなったけれど、全然疲れていなかった。なぜか?簡単だ。僕の中の少年に胸を張れているから、だ。

    ☆page.193

     あと十年たてば、僕は三十八歳だ。たとえばそのとき、お酒を酌み交わしながら、お互いに「今の自分が人生で最高だ」と言えたら、「まだまだやりたいことがたくさんあるんだよ」とキラキラと少年のような笑顔で言えたらいいなと思う。

  • すらすら一気に読めるけど、読後感はイマイチ…
    何かそんな事感じてた時期もあったかな~程度

    20・30代前半くらいの若い人向け作品かな…

  • 帯説明で話の内容はわかってしまうのだが、泣ける話という事なので読んでみたんだが、想像通りの内容・ストーリーで、この程度の事(過去の自分から見て、今の自分をどう思うか?)は誰でも日常考えているのではないか?と思う。中年にはちょっとインパクトが無いというか、もうこういう事で悩む時期は通り過ぎて、ワンランク上のステージになっているように思う。いわゆる35歳問題というやつだろうけど。が、いろんなレビューを見ると感動している人は多いな。著者も20代(執筆時)なので若い人は共感できるのかも。

全39件中 1 - 25件を表示

I met a boy.父の日に、バンビ公園で。に関連する談話室の質問

I met a boy.父の日に、バンビ公園で。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

I met a boy.父の日に、バンビ公園で。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

I met a boy.父の日に、バンビ公園で。を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする