I met a boy.父の日に、バンビ公園で。

  • 272人登録
  • 3.62評価
    • (24)
    • (39)
    • (36)
    • (11)
    • (3)
  • 39レビュー
著者 : 松尾健史
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2008年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596818

I met a boy.父の日に、バンビ公園で。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 心が清らかになるような作品。
    さすがは、ディスカバー21が刊行しているだけあり、センスある本でした。

    他の人のレビューにもありましたが、本気を出してやれば人は変われるということ、最後の部長との頭を下げるシーンなどは特に良かった。
    人は本気になれば、いくつになっても生まれ変わることができると、この本は教えてくれた。

  • 今、自分の時間もないほど仕事が忙しすぎて、毎日毎日ヘトヘトになっている人に読んで欲しい。。。

  • まるで自分の事が書いてあるのかと思うくらい内容が自分とかぶってて、驚きました!

    内容ですが、とても読みやすいです。一時間半もあれば読み終わると思います。
    そして読み終わったあと、やる気が出てきました。
    なんでだろ。自分とかさなる部分が多かったからかな。。

    あまり気難しい本が読めない時、良いと思います。

  • カッコイイ自分がどんなものなのか意識しながら生きる。また、本気を出してやれば何でも楽しんでできるということを、再確認できる本でした。

  • ●世の中に『怖い』と決まっていることなんてないんだよ。怖さはいつだって人の心でつくられるんだ。それを知っておけば、この世の中の怖いものの9割は消えてなくなるさ。
    ●イメージするのとしないのとでは、素振りの意味合いが違う。ただ単にバットを振るんじゃなく、ボールが向かってくるイメージ、それを捕らえるイメージ、打球が抜けていくイメージを描きながら振るんだ。そうすれば、すぐに上手になる。人は自分が思った通りの行動しかできない。いいイメージを絶対に忘れるな。
    ●変わることは悪いことではない。ただ、変わることによって、大切なものがみえなくなってしまうこともある。
    ●『しょうがない。こんなもんさ。』と言い続けてはいけない。
    ●攻めるのはいつも自由だけど、守るのは不自由だ。
    ●生まれ変わるなら、生きているうちに。
    ●自分の中の少年に胸を張れているか?「どうだ?今の俺、カッコイイだろ?」と言えるようにならないとダメだ。
    ●いくつになったって何だってできるし、いくつになっても生まれ変わることができる。
    ●僕らはどんな存在にだってなれる。昔の僕がそう言っている。今の僕もそう信じている。

  • 暖かくて、ふんわりな、やる気の出るファンタジー。

     −生まれ変わります。

     −昨日までの、何のプライドもない、かっこ悪い僕を辞めます。会社は辞めません。


    最後の展開におっ!面白い!と。

    そして挿絵?が可愛い〜!

    ちょっとやる気喪失していた仕事を頑張ろうと思えた一冊です!

  • 世の中に怖いと決まっていることはない。怖さはいつだって人の心で作られる。

    イメージするのとしないのでは、素振りの意味が違う。人は思った通りの行動しかできない。いいイメージをもちながら練習する。

    変わることは悪いことではない。ただ変わることで大切なことが見えなくなってしまうこともある。もう一度大切なものをよく見る。

    ピンチのときこそ前に出ろ。

    生まれ変わるなら生きてるうちに。

  • 基本的には大人の「僕」が小学五年生のときの「僕」に感化される、といったものでした。多くの人が(自分も含め)何かしらの夢を小さなころは持っていたはずなのに、いつからかその夢を忘れて妥協に甘んじる生活をするようになってしまう、それどころか妥協していることさえ忘れてしまっていると考えました。なかでも主人公の父の言葉として「正しいことを正しい、間違っていることを間違っているっていうのは、勇気がいることだ。それでも、たとえ一人だとしても、声をあげなきゃいけないときがある」があるのですが、いわれれば当たり前だけれど実行できていないし、自分の場合は実行できていないことさえも忘れてしまっていた気がします。これは先の妥協すら忘れていることの典型例であり、印象深く残りました。
    さらっと読める程度の分量なので読んでみてもよいのではないかと思います。

  • 現れた少年は昔の自分。
    設定はちょっとファンタジーなとこがあるかなって思ったりもしますが、仕事やプライベートで何をやってもうまくいかなくイヤになる時は誰でもあると思いますが、そんな時に昔の自分が今の自分を見たらどう思うか考えさせられ、子どもの時になりたかった自分になりたいと思える作品です。

  • 子供の頃に亡くなったお父さんを思う。

全39件中 1 - 10件を表示

松尾健史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
デイル ドーテン
ジェームズ アレ...
村上 春樹
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
喜多川 泰
有効な右矢印 無効な右矢印

I met a boy.父の日に、バンビ公園で。に関連する談話室の質問

I met a boy.父の日に、バンビ公園で。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

I met a boy.父の日に、バンビ公園で。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

I met a boy.父の日に、バンビ公園で。を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする