コーチが教える!「すぐやる」技術 (フォレスト2545新書)

  • 118人登録
  • 2.94評価
    • (2)
    • (6)
    • (14)
    • (6)
    • (3)
  • 19レビュー
著者 : 井上裕之
  • フォレスト出版 (2011年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894518353

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
佐々木 圭一
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印

コーチが教える!「すぐやる」技術 (フォレスト2545新書)の感想・レビュー・書評

  • 思考を行動に移すには?


    死を意識し、人生を逆算して考える
    プレッシャーとはさらなる成長への挑戦

  • 感情をコントロールするには、とにかく体を使ってみること。人間は思考よりも体が優先されるので、体を使うと感情が変わるのは絶対的事実

    コミュニケーションの3つの基本
    ①自分を知る
    ②相手を知る
    ③自分と相手との違いを知り、違いを認める
    この3つを理解している人は、普段から疑問を持った時も、相手と自分は違って当然と考え、疑問があれば、それはなぜですかと聞く対応をする

    相手の取っている態度や行動は、あなたのコミュニケーションや行動そのものに対するリアクション。それでもあなたは、なお相手のせいにして自分を変えないつもりですか。たとえば、あなたは、相手の穏やかで、晴れやかな笑顔を見るとホッとするはずです。それは、相手も同じように望んでいることです。あなた自身が変われば、きっと相手も変わる。この法則を早く受け止め、行動することです

    「なるようにしかならない」と考えるととても気が楽
    今この瞬間がうまくいかなくてもあわてふためいたり、怒ったりする人がいますが、目の前に起こっていることはもう変えようがない訳ですから、そんなマイナス感情を抱くだけ損

  • コーチング本と思って読んでいましたが、自己啓発本でした。
    セルフコーチングの本です。

    「思ったらすぐに行動をすること」の重要性と、行動を促すためのアドバイス(アクションプラン)が多く掲載されています。

    目新しさはありませんが、時々読み返すことで、行動へのモチベーションが上がる一冊。

  • 図書館で借りた。

    茂木先生の本と同様、考えすぎずに「まず行動する」ことが大切ということだな。

  • 寝る前のフォトリーディング&起床後の高速リーディング。
    以後、高速を含めて熟読する。

    読了。やはり興味のある分野は速読でも楽しい。

    下記に付箋を貼った箇所の要約をのせる:

    26:行動できるような刺激を求める。やる気は湧いてこない。刺激することによって行動でき、行動を続けられる。

    27:迷ったら動く。動いたところで何かを感じられる。行動しないといつもと同じか停滞減退する。

    112-113:多くの人は勝手にやめていく。続ければ生き残れる。

    186-187:粘り強く生きる。才能がある人も経験のある人も、粘り強く続ける人には勝てない。

    195-197:目標を連動的に統合する。(私の場合、主イエスのためになることをする。動画もKindleも買いたくも全て主イエスのため。)

  • 【No.359】「行動によって失うことよりも、得ることの方が確実に多い」「モチベーションの低い人は、刺激を求める行動をしない」「ひとつの行動は連鎖的に次の行動を生み、新しい価値を見いだすきっかけにつながる」「人生は成功のエピソードより、失敗のエピソードの方が面白い。そしてそのエピソードが誰もできないくらいの体験なら、なおさら面白い」「自分の視点と意識を変えることで、同じものがまったく違って見えてくる」「偉そうにしている人で、本当に偉いと思える人物に会ったことがない。逆にそういう人は嫌悪されている。偉そうな自分を維持するために、偉そうでいられる環境を他者に押しつけたりもするので最悪」「一気に物事を進めようとしても、決してうまくいかない。あせらずに小さいことから自分のやりたいことをやっていけば、時間の継続とともに何もしない人より必ず良い結果が得られる」

  • 腰の重い生き方をしてきました。
    そんな私でもすぐやろうと思える細かなことがたくさん乗ってます。
    根底は歯医者さんでいらっしゃるので、特に歯に関してめちゃめちゃ説得力があります。
    この間講演会も行ったのですが、すごく良かったです(^o^)

  • やること
    プロは人を感動させる、というのが印象に残った。
    やはり、そういう仕事をしていきたいと思った。
    ので、ベーシックアファメーションに登録!

  •  この本については、コーチングについて知りたいというよりも、『「すぐやる」技術』の言葉に惹かれて購入した。

     著者が『すぐやる人になろう』と思ったきっかけは、前書きに書いてるある。それは、著者の妻が交通事故に遭い、数ヶ月の間植物人間になっていたことである。
     そのときに著者は人間の儚さ、つまり時間が限られていることを痛烈に認識し、時間というものがどれほど貴重なものかを知ったのだと言う。
     そのために、多くのセミナーを受け、プログラムを受けている。10年間で総額一億以上書けているとのことだ。
     
     『すぐにやる』ことがどういう価値を生み、それが具体的にどういうことなのかを知ることができる。
     各項目の最後には、アクションプランと著者が読んでいる具体的な行動が書かれているのが興味深い。 
     例えば
     「アクションプラン 学んだことをすぐに実践し、人のために使おう!」
     などのように、各項目の最後に書かれている。
     読み返しのときなどは、この部分だけを読めば良いだろう。

     しかしながら、本の中で著者が主張しているほどには、価値がある本だとは思えない。
     内容的には、他のコーチングの本で言っていることと代わり映えしないし、解説などが安易で、説明不足が否めないからだ。
     そのため、コーチングの本の最初の入門書的な役割としては良いと思うけれど、これ一冊で著者が言うように、
     『すぐにやる人』になれるようなマインドになるかどうかは疑問である。
     位置づけとしては、マインドを変えるための本を別に持ち、この本については全体を軽く見直すために読み返しのために使う本。
     と言ったところだろうか。

  • 大原則は自分が素直に「重要だ」と感じる仕事を優先すること。一番やりたいことからやればいいのです。やりたいことをその瞬間にやることの方が、やらないであれこれ考えているよりも有益です。「やりたいこと」は、今の自分が持っている感情の欲求です、それまで自分が築いてきた潜在意識の中からその欲求は生まれていますので、それを無視してほかのことに手をつけても、自分の潜在意識がそれを拒否してしまいます。ですから「やりたい」という欲求を大切にしてください。学習的な要素からものごとをとらえていると、結局行動にはつながりません。

  • 【457】

    もっとコーチになるがわの本かと思ったら、自己啓発系でした。ちょこちょこ使えるかな??
    めちゃ流し読み。

  • すぐやるについて知りたくて読書。

    著者の本は2冊目。ナポレオン・ヒルプログラムユーザーだと知る。

    すぐやる=マメさ×スピード→成果
    だと思う。

    結果、数、成果の量にこだわる。

    悪い習慣を止め、良い習慣を始める。この繰り返しで1日1日が充実する。

    やりたいこと、やるべきこと、仕事、その他、家事、整理整頓などを1つ1つを確実に終わらせて、完了させていく。そのための管理ルール作りが必要だと思う。

    気配りのすすめ(p152~)が印象の残る。気配り、相手主義で動ける人は魅力ある人だと思う。人格主義を幹とする人間でありたい。

    読書時間:約30分

  • なかなか自分の思うように行かず、悩んでいる方におすすめ。

    自分が今すべきことを再度考え直すきっかけを与えてくれる本。

  • 死から見た自分を想像してみる。
    イメージワーク
    行動することが、気持ちを変えるのです。気持ちが変わるのを待って、行動するのではない。
    とどまることは、澱むこと。
    今やれる仕事はすぐに片付けた方が効率がいい。
    ひとつの行動は連鎖的に次の行動を生み、新しい価値を見いだすきっかけにつながる。
    完璧主義を捨て、8勝7敗主義でいく。
    晴れ渡った空を見ながらジャンプしてみる。音楽を鳴らしながら、たくさん体を動かしてみる。その時、暗いことを考えるのは無理なはず。
    虚しさを感じる。「自分は地球儀のここでしか生きていけないのか」と思うと、とても寂しい気持ちになる。
    自分の成長だけを信じる。
    習慣に感情をプラスする。

  • アクションがざっくり。

  •  目新しいものはない。
     仕事術の本をコーチングという視点で紹介しているが、私には参考にならなかった。

  • 何だか色々なビジネス書、自己啓発本の寄せ集めといった印象の本。

    今話題のピンク色の「フォレスト新書」ということで読んでみたが期待外れだった。

    「すぐやる」とあるが、本書を読んだからといって「すぐやれる人」になれる訳ではない。
    やはり、すぐ物事を実行できるかは、自分のモチベーションと目標、感情諸々をどう結び付けていくかだ。

    この本は4章に分かれていて、各章でコーチングXXという感じで、[アクションプランというのを提示していた。

    例えばこんな感じ↓↓
    □コーチング⑦
    人生とは失敗をどう解決していくかです。失敗のない人生は、恐らく成長がないと思います。
    [アクションプラン]:失敗は成長のチャンスと考え、失敗を恐れない!

    他にも、以下のようなことが[アクションプラン]として挙げられていた。

    ・知識を得たら、すぐに実践する!
    ・学んだことを実践し、人のために使おう!
    ・完璧を目指さない!
    ・毎日、最善を尽くしているか確認する!

    というような感じ。

    そもそも、コーチングってもっと体系づけられたものなのではないだろうか。コーチングと銘打っているからには、それなりの方法論があるはずだが、これだと著書が1千万円かけて色々なセミナーで学んだというただの格言集に過ぎない気がするけどな。


    でも1箇所だけいいことも書いてあったので、引用させていただく。

    <自分らしさを生かす>(第3章より)
    ビジネスパーソンは「組織の中の自分」という立場で、与えられた仕事をこなし、組織の仕組みにならう人が多いと思います。しかし、自然体のあなたが本来持っている特性を、組織の中でどう生かすかを考えるべきです。自分らしさを仕事に取り入れて、あなただからこそできる役割と貢献をすればよいのです。これは組織の大小に関係ありません。


    最後の色々な人から著者への賛辞も鼻についた感じだったので、評価は★1つ。

  • すぐにケータイをかけなさい、の焼き直し作。夢の大切さを理解できる。

全19件中 1 - 19件を表示

井上裕之の作品一覧

井上裕之の作品ランキング・新刊情報

コーチが教える!「すぐやる」技術 (フォレスト2545新書)を本棚に登録しているひと

コーチが教える!「すぐやる」技術 (フォレスト2545新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

コーチが教える!「すぐやる」技術 (フォレスト2545新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コーチが教える!「すぐやる」技術 (フォレスト2545新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コーチが教える!「すぐやる」技術 (フォレスト2545新書)はこんな本です

コーチが教える!「すぐやる」技術 (フォレスト2545新書)のKindle版

ツイートする