リーダーシップ・チャレンジ

  • 256人登録
  • 4.18評価
    • (16)
    • (15)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 18レビュー
  • 海と月社 (2010年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903212159

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ロバート キヨサ...
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

リーダーシップ・チャレンジの感想・レビュー・書評

  • あー、ついに巡り会えた!!!!

    そんな感じのリーダーシップ論である。

    リーダーシップ論もいろいろあるが、どれもそうだよなー、と思いつつ、なんだかリーダーシップのある一面を取り上げているようで、全体像が分からない気がしていた。

    もちろん、それはリーダーシップという現象が、とても複雑で、まさに盲人が象をさわっているようなものなので、とりあえず、自分に一番役立ちそうなものを信じてやってみる、ということかな、とあきらめていた所である。

    このリーダーシップ・チャレンジは、リーダーシップを包括的に論じていて、かつ、網羅的、総花的ではない、しっかりとした指針になりうるものになっている気がする。

    まあ、これは好みの問題かもしれないけど。

    自分が、いろいろな本を読んだり、自分が素晴らしいと思った人を見たりして、そのよいところを組み合わせて、やろうとしていたことが、まさにきれいに1冊にまとまっていた、という感じで、もう他のリーダーシップの本はいらない気がしてきた。

    これ1冊でよい。

    さらには、すべてのリーダーシップは信頼の上に立つという一言だけでもよいのかもしれない。

  • かなり分厚い本だが、一気に読める。
    模範的リーダーとはどんな特徴があるかを5つの実践指針を基本として、具体的な実践について説明している。
    5つの実践指針と、10の実践
    1.模範となる(Model the way)
     ・価値を明確にする(Clarify values)
      具体的行動
      ・自分自身の声で語る
      ・共通の価値観を確立する
      実践のためのステップ
      ・自分あてに賛辞を書く
      ・自分の信条を書く
      ・メンバーと信条を語り合う
    ・手本を示す(Set the example)
      具体的行動
      ・共通の価値観を自ら実践する
      ・価値観の実践方法をメンバーに教える
      実践のためのステップ
      ・セルフチェックをする
      ・ルーチンの質問をつくる
      ・会議に物語を取り入れる
      自分で強化したい事:目的を持って質問する
    2.共通のビジョンで鼓舞する(Insire a shared vision)
    ・未来を思い描く(Envision the future)
     具体的行動
     ・可能性を探る
     ・共通の目的を見つける
     実践のためのステップ
     ・自分のしたいことを明確にする
     ・常に先を考えて行動する
     ・メンバーが求めているものをたずねる
    ・メンバーの協力を得る(Enlist others)
     具体的行動
     ・共通の理想に訴える
     ・ビジョンをいきいきと描く
     実践のためのステップ 
     ・共通のビジョンを書く
     ・ビジョンに命を吹き込む
     ・コミュニケーション能力と表現力を磨く
    3.現状を改革する(Challenge the process)
    ・チャンスを見つける(Search for opportunities)
     具体的行動
     ・自発的に行動する
     ・外の世界を観察する
     実践のためのステップ 
     ・すべての仕事を冒険とみなす
     ・現状を問い直す
     ・全員でアイデアを探る
    ・実験しリスクをとる(Experiment and take risks)
     具体的行動
     ・小さな勝利を重ねる
     ・経験から学ぶ
     実践のためのステップ 
     ・事後分析を行う
     ・事前分析を行う
     ・心の弾力性を高める
     ハーディネス(心の頑健さ)の高い管理職の特徴
     ・コントロール(制御)力が高い
     ・コミットメント(関わりあい)力が旺盛
     ・チャレンジ(挑戦)力が旺盛
    4.行動できる環境をつくる(Enable others to act)
     ・協働を促す(Foster collaboration)
     具体的行動
     ・信頼の風土を培う
     ・メンバー間の交流を増やす
     実践のためのステップ 
     ・まずは自分が信頼する
     ・「私たち」という守護で語り、メンバーの意見を聞く
     ・交流しやすい環境をつくる
    ・メンバーに力を与える(Strengthen others)
     具体的行動
     ・メンバーの自己決定権を拡大する
     ・メンバーの能力と自信を深める
     実践のためのステップ 
     ・各自の責任範囲を広げる
     ・メンバーを引き立てる
     ・毎月コーチングのための会話をする
    5.心から励ます(Encourage the heart)
     ・功績を認め、感謝を伝える(Recognize contributions)
     具体的行動
     ・ベストを期待する
     ・相手に合わせて感謝を伝える
     実践のためのステップ 
     ・メンバーの心を動かすものを知る
     ・メンバーのもとを訪れる
     ・商社の態度を育てる
     ・価値観をたたえ、勝利を祝う(Celerate the values and victories)
     具体的... 続きを読む

  • 色々と参考になる事例が沢山書いてある良書。ただ、ちょっと欧米風味な事例が多く、アジア圏ではどうなのかちょっと疑問。しかしながら、原則は東洋的な精神に通じるものがあり、腹に落ちた。

    この原則がリーダーシップの真髄だとすれば、自分はこれとは真逆の考え方、生き方をしてきたことになる。この点は今後、改めて行かなければならないと感じた。

  • とにかくすごい。ここまでリーダーシップのことがまとまっているなんて。必読。

  • Coach A お勧め
    2013-1-13 復習完了
    1章活性化

  • リーダーは言行一致。

  • リーダーシップのバイブル。

  • 絶対的な発見はなかったように思う。
    ただ、こういう物を読んでいく中で、
    少しづつ、なにか影響をうけて行くんだよ。
    そして次第に他人と思考が離れていく。

    自分で開いていくことに違和感がなくなっていくんだろうね。
    いいことだと思うけど、大変だよ。

    内容を具体的に覚えてはいない。
    それでもいくらか影響を受けたんじゃないかと感じている。
    そういうものが時たま小さな言動にでるんだろうね。

    訳の問題かもしれないが、上から目線だ。

  • これ読みたい!

  • 凄くいい本だった。
    今までリーダーシップ関係で読んできた本の要素が
    分かりやすく書いてある。
    フレームワークとしてでなく行動原則として
    書いてあるのも読みやすい。
    そして、信頼関係こそがリーダーシップの基礎になる
    という考え方には非常に共感できる。

    唯一の弱点は高いこと。まあそれぐらいの価値はありそうだけど。

  • 今まで読んだリーダーシップ系の総決算とも言える本だった。リーダーシップとは何か、すべての要素がつまっていると思う。入門書としてはけっこう難解だと思ったが、ある程度本を読んだ後ならば、思考が整理されて便利だと思った。
    リーダーは頭じゃない、心で行われるものだそうだ。

  • ■概要
    世界各国で刊行。180万部突破!最も信頼され、最も読まれている
    リーダーシップ実践テキストの最高峰、ついに日本上陸

    真のリーダーになるための「5つの指針」「10の実践」とはいったい何なのか?

    どんな組織であろうと、どんな立場であろうと、人は誰もがみな真のリーダーになることができる!

    ■活かせる点
    最近金井先生の本を集中的に読んでますが、その中でも紹介されていた、リーダーシップの教科書とも言える本です。
    リーダーシップについて勉強していてこの本を読んでいなければ「もぐり」とまで言われてます。

    リーダーシップについての何万人もの調査から導き出された、5つの行動指針について、事例を含めて紹介されています。

    自分自身がリーダーとして、ということと、リーダーシップについて知見を深めるという2つの点で非常に勉強になります。(身につまされますね。。。)

    リーダーシップは、誰でもスキルを磨き、努力することで身につけられる、という点が非常に重要なポイントなのではないかと思いますね。天性でも遺伝でもセンスでもない、と。

    久しぶりに400ページを超える大作なのですが、休暇を使ってしっかり読みたいと思います。
    (はっせー)

  • 2010年9月19日読了

    リーダーシップの研究の始めとして、評判の高いこの本を読んでみた。結論として、いきなり最高の本に当たったというのが率直な感想である。ビジネス書は、細かいテクニックを教えるものだけであってはならず、その背後に大量のリサーチを下敷きとするベストプラクティスを提示するものが望ましいと考えているが、本書はまさにそれを体現している。

    さらに、具体的にはどういった行動をとればいいかが具体的に書かれている。今後、何度も読み直したい一冊となった。

    5つの実践指針

    まず、「5つの実践指針」というのが大きな枠組みである。

    (1)規範となる
    (2)共通のビジョンで鼓舞する
    (3)現状を改革する
    (4)行動できる環境をつくる
    (5)心から励ます

    ただし、これはあくまでも、リーダーの側からの視点である。リーダーシップがリーダーとメンバーの参加するプロセスなので、メンバーの願望を満たさなければならない。この観点から求められるのが、

    ・正直である
    ・先見の明がある
    ・わくわくさせてくれる
    ・有能である

    の4つである。このうち上の3つは、リーダーの信頼性に関わるものであり、メンバーはリーダーに信頼を求めていることが分かる。つまり、いくらすばらしいビジョンを掲げていても、メンバーから信頼されていなくては、それは全く信用されず、意味を持たないので、リーダーは常に自分の信頼性を維持する努力を怠ってはならない。

    ◆10の実践と20の具体的行動

    さて、上の5つの実践指針には、それぞれ、2つの実践(計10の実践)と10の実践のための具体的な20の行動が示される。

    (1-1)価値感を明確にする
    具体的行動1:自分自身の声で語る
    具体的行動2:共通の価値感を確立する

    (1-2)手本を示す
    具体的行動1:共通の価値観を自ら実践する
    具体的行動2:価値観の実践方法をメンバーに教える

    (2-1)未来を思い描く
    具体的行動1:可能性を探る
    具体的行動2:共通の目的を見つける

    (2-2)メンバーの強力を得る
    具体的行動1:共通の理想に訴える
    具体的行動2:ビジョンをいきいきと描く

    (3-1)チャンスを見つける
    具体的行動1:自発的に行動する
    具体的行動2:外の世界を観察する

    (3-2)実験し、リスクをとる
    具体的行動1:小さな勝利を重ねる
    具体的行動2:経験から学ぶ

    (4-1)協働を促す
    具体的行動1:信頼の風土を培う
    具体的行動2:メンバー間の交流を増やす

    (4-2)メンバーに力を与える
    具体的行動1:メンバーの自己決定権を拡大する
    具体的行動2:メンバーの能力と自信を高める

    (5-1)功績を認め、感謝を伝える
    具体的行動1:ベストを期待する
    具体的行動2:相手に合わせて感謝を伝える

    (5-2)価値感をたたえ、勝利を祝う
    具体的行動1:コミュニティ精神を生み出す
    具体的行動2:進んでメンバーと交流する

  • 非常に分かりやすく「リーダー」とはについて書かれている本です。
    今、実際にリーダーの立場で働いている方は必読! 畑

  • 全世界で刊行され、180万部を突破しているリーダーシップ書籍の最高峰。その待望の邦訳が本書である。

    リーダーに必要な要素を様々な国々でアンケート調査し、その結果に基づいてリーダーシップに必要とされる「5つの指針」が示されている。そしてさらにその指針をもとに「20の実践的行動」を導き出してある。このように具体的行動が明確に示されているため、志のあるものであれば誰でも実践できるような内容だと思われる。

    著者は成果主義を否定しているが 自分の体験と照らし合わせて非常に納得できた。成果主義を採用すれば、メンバー同士がライバル関係になり、結果として協調性を乱すことになる。

    ピーター・ドラッカー、リー・アイアコッカ、トム・ピーターズらが受賞した国際マネジメント評議会の「最優秀マネージメント・リーダーシップ教育専門家賞」を受賞しているというと、本書の素晴らしさが尋常ではないことが容易に想像できるであろう。

  • リーダーシップを研究した人の本。

    リーダーシップは、誰でも、スキルを磨き、努力することで身につけられる、という信念に基づいて行った研究の結果をまとめてある。

    すべての基礎は信頼にあり、愛と情熱を持ってメンバーや仕事に臨むことの効果が示してある。
    別に管理職でない人も、こういった本を読んだ上で仕事に臨むとプラスの効果が絶対でるとおもう。

全18件中 1 - 18件を表示

リーダーシップ・チャレンジに関連する談話室の質問

リーダーシップ・チャレンジを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする