村上春樹にご用心

  • 456人登録
  • 3.62評価
    • (31)
    • (58)
    • (88)
    • (5)
    • (1)
  • 63レビュー
著者 : 内田樹
  • アルテスパブリッシング (2007年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903951003

村上春樹にご用心の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もしあなたがプロヴァイダの解約をしようとする。
    本棚の奥底から引っ張り出してきたマニュアルに記載されたダイヤルに電話をかけてみたら、あらかじめ録音された人の声が聞こえてくる。
    その清く正しいリズムの案内を聴き終えて促されるままに番号を押す。
    すると、また清く正しいリズムの音声が再生されて彼女が話し終えるのを待つ。
    村上春樹の解説本とはそういったものだ。

    ひとつの小説から世の中の理へと帰納する。
    あるいは、文学の本質に迫ろうとする本は解説本というだけの価値では留まらない。

    そして、それがこの本だ。

  • わたしは中1から村上春樹が好きで読んできたし、何度も何度も読んだけど、わたしの読み方はまだまだだなあと思った。
    こんな読み方があったんだ、と驚くと同時にこれだけ何度も繰り返し読んで来てもまだ新しい面がいくつもある春樹の小説は本当にすごいと思う。春樹の小説が好きなのは何度読んでも違った発見があって、何度読んでもわからなくて、でも居心地が良いから何度でも読めるためだと思う。
    しかし内田さんが春樹論を書いてるとは知らなかった。ソシュールについての文章を読んで、この人は頭も人も良さそうだと思っていたが、無意識のうちにわたしの好きな価値観の匂いを感じ取ってたのかも。やっぱり春樹の小説が無意識レベルまで深くわたしの根っこに関わってるんだと思う。
    内田さんのわかりやすくリベラルでユーモラスな語りもとても良かった!素敵な人だなあ。他の作品も読みたいです!

  • お蕎麦屋さんに置いてあった本。「ご自由にお持ち帰り下さい」とあったので、弟がもらってきた本を弟より先に読了。この方は、本当によく村上春樹を読まれてるなという印象。共感できるところも多々あった。今日はちょうど、ノーベル文学賞の発表日。村上春樹さんが授賞されたら私もうれしいし、(授賞するにせよ、しないにせよ関係ないかもしれないが)また彼の小説を読みたくなるだろう。

  • もしかしてこの本に書かれているように、村上春樹さんの作品が「誰も気付かないけど世界的に共通して失われたものをテーマに書かれている」ために読者が増えている…のかもしれないな。「文化的雪かき仕事」とは「小説」であり「バー」であり「音楽」や「映画」でもあるのかな

  • 「100パーセントの女の子とウェーバー的直感について」という最後のめちゃくちゃなエッセイが好きですね。

  • もういちど~の方に合わせて書きます

  • 現代中国で村上春樹は絶大な人気を誇っているが、それを「現代中国の若者の孤独感や喪失感と共鳴するから」というふうに説明するのは、ほんとうは本末転倒なのである。そうではなくて、現代中国の読者たちは、村上春樹を読むことで、彼ら固有の「孤独感や喪失感」を作り出したのである。

  • 村上春樹は評論家に評判悪いと初めて知った。理由はなんとなくわかるけれど、評論家に受けがよかったり悪かったりすることで、小説の面白さが変わるわけでもないし、どっちでもいいや。小説とか音楽とかを、好き嫌いで語ることができないというのは因果な商売だなあと思う。
    まあそう言い出すと、村上春樹を読み解く試みも無意味ということになるんだけど。まあ、無意味だなあ。

  • インド人も他のどの国の人も村上春樹の作品に共感し得るのは雪かき仕事が人間にとってとても大切な仕事だと皆知っているから。内田先生の本を読むと家事を楽しくやれるような気がします。

  • なるほど。うなぎを交えた三者面談が小説には必要なのか。なるほど。

全63件中 1 - 10件を表示

内田樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

村上春樹にご用心に関連するまとめ

村上春樹にご用心を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

村上春樹にご用心を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

村上春樹にご用心を本棚に「積読」で登録しているひと

村上春樹にご用心の作品紹介

祝、第6回小林秀雄賞受賞!

村上春樹はなぜ世界中で読まれているのか? デビューから『アフターダーク』までを貫くモチーフとは? なぜ文芸批評家から憎まれるのか? 村上春樹が発する倍音とは? 雪かき仕事はなぜ世界を救うのか? ベストセラー『下流志向』のウチダ教授がハルキ・ワールドの秘密を解きあかす画期的な文学論登場。

「私たちの平凡な日常そのものが宇宙論的なドラマの「現場」なのだということを実感させてくれるからこそ、人々は村上春樹を読むと、少し元気になって、お掃除をしたりアイロンかけをしたり、友だちに電話をしたりするのである。それはとってもとってもとっても、たいせつなことだと私は思う。」(本文より)

村上春樹にご用心のKindle版

ツイートする