アメリカ銃の謎 (1961年) (創元推理文庫)

  • 13人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 井上 勇 
  • 東京創元社 (1961年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)

アメリカ銃の謎 (1961年) (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 国名シリーズ6☆ニューヨークのコロシアムで行われたロデオの最中に凶弾に倒れたかつての西部劇の英雄。必死の捜査にもかかわらず凶器も犯人も見つからない。そのうちにまたも同じような殺人が起こる(゜ロ゜)
    挑戦型読むの久し振りだからボケボケ読んじゃった(笑)まったくわからなかったわ(*´∀`)ノアハハハハハハ。しかしページぎっしりでへとへとだょ( ̄▽ ̄;)でも独特の筆致で安心して読める面白さ。

  • 2万の観衆を集めたカウボーイショーで起こった殺人。
    有り余る容疑者と武器。だが肝心の犯人と凶器は見つからない。
    素人探偵のクインが謎に挑む。

    動機…はともかくとして、トリックはかなり早い段階でわかってしまう。
    そしてそれ無理じゃね?と思ってしまう。(一番そう思ったのは銃の隠し方)
    あとから明かされる動機も何だかな~な感じ。
    この本を読んで良かったのは巻末の中島河太郎氏の解説。
    これで自分が何故エラリー・クイーンが苦手なのか納得できたw

全2件中 1 - 2件を表示

エラリー・クイーンの作品

アメリカ銃の謎 (1961年) (創元推理文庫)はこんな本です

ツイートする