空と糸(初回限定盤)(DVD付)

  • 39人登録
  • 3.75評価
    • (7)
    • (1)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
アーティスト : ムック 
制作 : 逹瑯  ミヤ  ken 
  • ユニバーサル シグマ (2009年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988005547170

空と糸(初回限定盤)(DVD付)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 空と糸

     達瑯さんが、「途中で風景が変わって見える」と言ってたこの曲。
     僕はまだ、何処で風景が変わって見えるのかわからないままなんだけど……。
     何処だろう……?

     そして、カラオケでよく歌ってます。近頃。
     でも、今回改めて、じっくり歌詞を読んで、悲しい歌であることがわかりました。
     ムック初心者だだからよくわからないんだけど。

     個人的には、メロディだけで考えると、アゲハの方が好きだと思う。歌詞は確かにこっちの方が好きだけど。
     パンチ具合はアゲハの勝ちだからな……という感じ。
     個人的に、私がアゲハのメロディが好き過ぎる、というのは決して忘れてはならない事実だと思うけれど。

     なんか、最初聴いた時、アゲハのメロディにキュンとしちゃったので、ついついアゲハと比べちゃいました。
     うん。でも、歌詞は確かにこっちの方がいい。


    カナリア

     空と糸ばかり聞いてて、あんまり印象に残ってなかったので、こっちを今、かけてます。
     あくまでも個人的な主観ですが、ムックの魅力はベースの重さにあると思うんですよ。ゆけたん最高!(苦笑)

     こっちはミヤ君が歌詞書いたやつです。
     なんか、この2曲だけ見比べると。
     達瑯さんはどんどん外見的に、人間離れしてってる感じがあるけど、ちゃんと上手く発散出来てる感じがして。
     実はミヤ君の方が鬱屈してるものがあるんじゃなかろうか……? とか、思ってしまった。
     普段のインタビューとか知らないので、あくまでも歌詞を読んだだけの感想ですが……。

     まぁ、何も思うところがなければ、音楽なんてやらないっていうのは、確かに大前提なのですが。


     そんな感じ!

     最近、ムックブームが熱くて困る。
     ゆけたんのウッドベースが聴きたい!


    気化熱

     嫌いじゃないですよ。
     ていうか、今回の3曲の中で一番明るいんじゃないんだろうか……?
     不思議な明るさだけど。
     突き抜けて明るいわけじゃなく。
     ふわっと明るい感じがする。
     でも、これくらいの明るさが好きです。

     僕自身が、ネガティヴな人間だから、明る過ぎると死んでしまうから。


    DVD

     いいなぁ……と、思う感じのおまけDVD。
     ムックのおまけDVDいつも手が込んでるよね。おまけに、時間も長い(爆)
     普段のムックのおふざけ感と、ライヴに対する真剣さと。
     おまけにライヴの空気と、がとてもよく伝わってくるおまけDVDだったと思います!

     欲を言えば、もうちょっと客席見たかった気がしないこともないですが。
     まぁ、いいか。

     僕の夢は椅子のあるムックのライヴに行く事です(爆)

  • 当然、通常盤と2枚買いです。

  • するめ曲でした。今は通常版のカナリアが好き

全3件中 1 - 3件を表示

空と糸(初回限定盤)(DVD付)はこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする