アンダルシアの犬【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

  • 116人登録
  • 3.56評価
    • (10)
    • (8)
    • (10)
    • (8)
    • (0)
  • 19レビュー
監督 : ルイス・ブニュエル 
出演 : ルイス・ブニュエル  シモーヌ・マルイユ  ピエール・バチェフ  サルヴァドール・ダリ 
  • IVC,Ltd.(VC)(D) (2011年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4933672236650

アンダルシアの犬【淀川長治解説映像付き】 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ダリとブニュエルのタッグが作り出した奇妙な作品。
    ただただシュールで無意味なのだが、それが本作の意義だ。
    これはブニュエルとダリが作るから成り立つのであって、同じものを他者が作っても駄目なのだと思う。芸術分野を極めた者にしか作れないものだと。

  • ブニュエルとダリのタッグとか想像つかないと思ったけど、観たら本当に想像をはるか超えていた。
    目がいたたたた

  • わけがわからないけどとにかくおもしろい!

  • 気持ちいいほどわけわからんくて短かった。

  • Luis BuñuelとSalvador Dalíによって製作された映像作品。シュルレアリスムを代表する作品で、人にとって目から入る刺激がとても大きいものだと分かります。なんの脈絡もないイメージが15分間次々と出てきますが、非常に感覚的な作品なのでストーリーを追ったり、考えたりという事に意味はないです。それよりも、それらのイメージから感じた自分の感覚を大事にした方が良いです。不条理な世界、事物のありえない組み合わせを写実的に描くという点では絵画よりも映像という手法の方があっているように思います。

  • シュルレアリズムな映画。

    わけがわからないが、映像的に面白さがあったり、短編で場面場面が無駄に長くないので、『黄金時代』と比べると、全然見れる。

  • 2012年2月5日

    <UN CHIEN ANDALOU>

  • 目玉は勘弁。
    ピアノとか羊とか虫とか。
    自動筆記。わからない。

  • 手からアリがわらわら出てくるシーンが好き 一番ぞっとする
    15分の作品。お気に入りです

  • 有名な瞳を切るシーンは改めて驚いたけれど、それ以外はシュールだとしかいいようがない。確かにここには映像を編集することで驚きを生み出すことができるというモンタージュの実証がある。歴史的な価値がある。

全19件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アンダルシアの犬【淀川長治解説映像付き】 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

アンダルシアの犬【淀川長治解説映像付き】 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする