空白を満たしなさい [Kindle]

  • 34人登録
  • 4.27評価
    • (7)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 平野啓一郎
  • 講談社 (2012年10月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (498ページ)

空白を満たしなさいの感想・レビュー・書評

  • 嫌悪感を抱きながらの序盤から、清々しい読後感へ。うん、『空白は満たされた』。 描かれる死生観や、テーマとなる“分人”の考え方にも納得。対人関係ごとの分人を、お互いに見守る。常にこれが出来れば、寛容性にある自分で居られる。…難しいがしかし。

  • 平野啓一郎氏( @hiranok )著。

    文句なしに面白い。
    分人(詳しくは「私とは何か」)っていう考え方を元にして書かれている小説で、特に人間関係に関してすごく楽に、前向きになれる本。
    とにかく是非読んでみてほしい1冊。

  • ひとりの人間の中に沢山の分人がいるという考え方をもってすれば、過去どれぐらい多くのことで救われ悩まなくてもいいことがあったか。早くこの考え方に出会いたかった。

  • 久々に小説を一気に読んだ。

    すごくいい。

    小説の主題は、生きることと死ぬこと。
    重たい主題なのに、主人公の心情の変化に沿って作者はポジティブな答をだしている。

    ・仕事でも充実し家庭でも幸せ出会ったはず主人公が自死する。
    ・様々な登場人物がそれぞれの死生観や幸福論で対立し葛藤する。
    ・「分人」というコンセプト: 一人の中には、父、夫、子、上司、部下、友人など様々な役割と顔がある。怠惰で投げやりな顔もあれば、真面目で実直な顔もある。それぞれの顔が互いに肯定することもあれば、否定しあい葛藤することもある。

  • 自殺から生き返った男の葛藤を描いていて重いテーマだと思いましたが、死生観、そして死というものがもたらす残されたものたちへの影響について考えさせられました。生から死のベクトルでものを見がちですが、死から生というものを見るということもある意味大事なのかなと。「私とは何か」を先に読んでいた事もあって分人という考え方が更に身にしみました。

  • 「自殺」を分人の概念をつかって考え直す小説。結婚式でつがれ続けるお酒を例に、幸せの絶頂のはずでも苦しいときはある、ということを示されたのが印象的だったかな。復生者の設定なども新しくて面白い。

  • 読書の後は余韻が残るものだが、これは限りない空白を残された感じだった。
    読み進めていくうちにきちんと空白を満たしてもらっていたと思ったのに、最後には埋めようのない空白が。
    変に匂わせる余韻よりも、ずっと清々しい空白だ。

    わたしにとって小説の醍醐味は共感、言語化の快感だったが、この小説にはとても具体的な救いを提示してもらった。

    自分の中にはっきりと分人を意識すると(しかもそれは一人の時にも出来る)今まで気付いてすらいなかった窮屈から解放される。
    人生のこれからに光を見た気さえする。

    始めから終わりまで、考えてもどうにもならない先の不安や答えの出ないことのてんこ盛りなのに、始めは暗く絶望的なのに対して、だんだんと希望が見えてくるのが不思議だった。

    景色や空気の丁寧な描写がとても素晴らしくて、映画でも見ているようにしっかりと頭のなかに映し出された。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

空白を満たしなさいを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空白を満たしなさいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空白を満たしなさいを本棚に「積読」で登録しているひと

空白を満たしなさいはこんな電子書籍です

空白を満たしなさいの単行本(ソフトカバー)

ツイートする