ルーム 205 [DVD]

  • 37人登録
  • 2.28評価
    • (0)
    • (0)
    • (9)
    • (5)
    • (4)
  • 10レビュー
監督 : ライナー・マツタニ 
出演 : ジェニファー・ウルリッヒ  アンドレ・ヘンニック  ティノ・ミューズ  ユリア・ディーツェ  デニス・ガンゼル 
  • アメイジングD.C. (2013年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4580189025798

ルーム 205 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 雰囲気コワイけど・・・
    お父さんはなんで?w

  • リングの影響が濃い独産ホラー。

  •  意外に面白かった。洋画なんだけど、和ホラーテイストなものを感じたなあ。「モロにアレに影響受けてると言うかもうそのまんま」と評判のラスト付近のシーン、実は該当の和映画をまだ見ていなくて、「ああそういうシーンがあるんだ……」と逆輸入でネタバレくらった感じ。笑
     細かい部分まで整合性を求める人はイマイチに思えるのかな。私は「雰囲気で何となく楽しめりゃいいや」派なので、あのラストシーン含め結構好きでした。

  • 洗濯室がSAWみたいに汚くて、良い雰囲気だった!全体的に雰囲気が良かった!

  • うーん。
    思ったより怖くない。

    と、いうか主人公はいいんだけど
    周りの人ー特にお化けの人が残念な感じだった。

  • ○日本語字幕
    ×日本語吹き替え
    *
    *
    *
    かなりサクサクと進んで面白かった。
    オチがもう少し何かあると面白さUP。
    警察が割と能力貧相なのと、手が泥だらけになったら洗って欲しいのと、台に乗ったら速やかに降りて欲しい。
    父とばっちり。
    みんな含みのある話し方だから、最初から彼女の妄想で展開してるのかと思ったら違った。
    いろいろあったがあっさり。
    パッケージ詐欺だわ。

  • なんのこっちゃない…所謂「リング」のアレンジ版(ドイツ)ですなぁ〜パッケージに騙された気分ですわ。
    詰まらん上、ちっとも怖くもない…

  • 「10年に一度のホラー」「サム・ライミ絶賛」「ハリウッドリメイク決定」の三点セットは、幾らなんでもこの映画には重過ぎです。そういう期待を廃して見れば、私の大好きなヨーロッパ映画(ドイツ)というのもあり、決して悪くはありませんでした。王道を綺麗になぞっているのと、もったいぶらない展開なので軽く見るにはいい感じです。ヒロインの可愛さはお気に入りです。ちゃんと調べてはいないんですが、元は北欧ホラーのリメイクみたいですね。

  • きっと「リング」などのJホラーに影響されて、似たような映画を作ろうと思ったんでしょうが、ホラーとは何であるかという考察に欠けているので、何をやりたいのか観客にはさっぱり分からない作品になりました。ホラー、ミステリー、サスペンス、モンスター・・・3分ごとに脚本の方向性がくるくると変わるといっても過言ではありません。こういうのを見ると、「ドイツ人にはホラーは作れないのかなぁ」と思ったりもしますね。

  • 制作年:2011年
    監 督:ライナー・マツタニ
    主 演:ジェニファー・ウルリッヒ、アンドレ・ヘンニック、ティノ・ミューズ、ユリア・ディーツェ
    時 間:98分
    音 声:ドルビーデジタルステレオ


    親元を離れ、学生寮に入って念願の一人暮らしを始めた女子大生カトリン。
    だが、彼女が越してきた205号室は、前に住んでいた女子学生が行方不明になり、そのまま空き部屋になっていたと上級生から知らされるのだった。
    そしてその夜、カトリンのパソコンにその女子学生が撮っていたビデオ日記が送り付けられ、それを境に彼女の周囲で次々に不気味な出来事が頻発し始めて…。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ルーム 205 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ルーム 205 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ルーム 205 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ルーム 205 [DVD]はこんな映画です

ツイートする