THE 21 (ざ・にじゅういち) 2013年 04月号 [雑誌]

  • 21人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • PHP研究所 (2013年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910141210434

THE 21 (ざ・にじゅういち) 2013年 04月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  •  「40歳から伸びる人の大人の勉強法」って事で、すかさず手に取ったはイイが、なかなか読めずに隙間でついばみ、ようやく読了です。

    表紙に期待しすぎたかな?

     何で知ったか覚えてないですが「The21」という雑誌は、安定して面白い。と言うか向上心を刺激してくれます。

  • 40代からの勉強法。まだ40代になるのに時間はかかるけど、そろそろそんな事も考えて見ようかなと購入。自身のイメージは20代はとにかく自己投資、30代に投資を回収するとともに、ある程度まとを絞って成長戦略を補正、40代は過去の蓄積を後進に伝える時期だと。本書を読むと、40代はまだまだ勉強だという。特に多くの大企業のトップは、人生経験を積んだあとにしっかり読む本、見る映画、歌舞伎や能などの芸能、ワインを含めた食など、様々な分野における知見を持つことに注力しているようだ。人間的な魅力はまだまだ身につけられるということだろう。翻って、若い時に何をすれば良いのかというと、やはり雑食的になんでも取込むことだろう。仕事でボコボコにされようとも、自身の持つ芯は曲げないで、大切なことを大切だと言えるように。今年は、音楽を聴きに行く。映画を映画館で見る。月に一度はどこか違う所へ出掛ける。海外を旅する。一食一食を大事にする。そんな風に過ごしたい。

  • すべての知性は実用性を伴っていないと本物にならない。
    人間力は現実の仕事の中で学ぶもの。毎日の仕事と真正面から対峙し、その中から絶えず何かを学びとろうという姿勢を堅持してこそ、身に付く。

    世界のこれからを知るにはアメリカの考えを知るべき。
    国際政治を見るときに自分なりの分析ツールをもっておくことが大切になる。

    自分の頭で考えたことを実行に移し、試行錯誤する中で本質が見えてくるし、そうやって得られるものこそが本物の知識。

  • 「いまが分かる本」というテーマごとの本の紹介は非常ありがたい。
    経済、外交、雇用・労働問題、エネルギー、教育、医療、ITと多岐にわたる。

    加えて、ビジネスマナー術も普段意識しないと忘れていることもあるので、有りがたかった。

全4件中 1 - 4件を表示

THE 21 (ざ・にじゅういち) 2013年 04月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする