真・女神転生IV (2013年5月23日発売) - 3DS

  • 302人登録
  • 4.00評価
    • (27)
    • (36)
    • (23)
    • (2)
    • (0)
  • 25レビュー
  • アトラス (2013年5月23日発売)
  • Nintendo 3DS
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4984995900858

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

真・女神転生IV (2013年5月23日発売) - 3DSの感想・レビュー・書評

  • 物語☆☆
    中盤までの広がり方は非常によろしい。
    が、後半はイマイチ。前半で広がった部分をキレイにたためばいいのに
    さらに広げて閉じきれていない感じがする。

    映像☆☆☆
    荒廃しダンジョン化した都市のマップはすごくワクワクする。
    戦闘中の悪魔たちも3D化されていれば言うことなかったのだが。残念である。

    音楽☆☆☆☆☆
    非常に良い。それ以外に言うことはない。

    操作☆☆☆
    やや独特だが丁寧につくられた UI は好印象。小気味よいレスポンスで、操作していて気持ちがいい。
    シンボルエンカウントはなんだか中途半端なでき。先制を取る/取られる判定のしかたや、エストマソードの仕様など、無理にシビアさを出そうとして失敗している感がある。

    全体的に、
    悪魔合体を駆使して仲魔をやりくりする楽しさや、ダンジョンを探索するワクワク感はよく出せていて面白い。
    それ以外の部分は少々練り込み不足かな、という印象である。

  • 初期作のような衝撃を求めてプレイすると、東京に降りた辺りがピークになる。プロットや伏線の匂わせ方が上手かっただけに、回収の雑さや人物の掘り下げ方に不満が残る。

  • ニュートラルクリア。
    前情報から従来のメガテンよりライト層を意識していると思ったけど、実際やってみると序盤でも気を抜いてるとどんどん死ぬ。
    だけど序盤を抜けると、どこでもセーブ、お金を支払って復活システムもあるしスキルも揃い、それを狙い通りに習得させられるので簡単に感じた。
    最初は、従来と違う世界からメガテンらしさがあまり感じられないけど東京に降り立った瞬間にメガテンらしさが一気に加速。音楽も増子テイストを受け継いだ土屋さんになりメガテン1,2みたいでGOOD。

    不満点としては悪魔の新規絵が個人的に微妙(特にあの方の絵はさすがに・・・)。
    全体MAPが入り組んでて見づらく、目的地が分かりづらい。そして、どのRPGでもよくあることだけどクエスト=作業になっている。
    個別イラストがあるのにも関わらず、ほぼ出てこないサブキャラの存在が気になった。
    エストマやリフトマなどのフィールド補助の削除によりフィールド移動が面倒(エストマソードにした意味がわからない)。
    発売前、自信があるといったDLCの内容が本当にがっかり。時間がない人向けのDLCはまだいいとしても、まるで出来上がった本編から無理やりちぎり取ったようなDLCは如何なものかと。また、有名な仲魔を有料で販売するメガテンは見たくなかった。

    3が傑作だったから、前情報で不安になりつつも4を楽しみにしていたけど、個人的には不安が的中して残念。

  • ラスボス前でウロウロ。

  • そういえばラストダンジョン手前で放置していたんですが、続編発表されたので慌てて引っ張り出してクリアしました。
    まあ結構叩かれてる作品だってことは知ってますが、それでも割と楽しめました。キャラを全面に推してる感じでちょっとライトなのが従来のメガテンファンには気に入らないってのもわかりますが。あとDLCがやたらたくさんあって購入しないと悪魔全書が100パーにならないとかDLC買って得た仲魔いないと強いDLC仲魔がとても手に入らないとかは正直擁護しようがない。そこは存分に叩かれてしかるべきかと。
    あと新しい悪魔デザインがなあ・・・・適当な雑魚中ボスくらいならともかく四大天使マサカドルシファーとかはあのデザインはなあ・・・これもまあ叩かれるよなあ。
    それと仲魔のステタイプが少ないってのもたしかに後半の戦闘助長感は否めない。。。この辺は3DSのマシンパワー故ということもあるのだろうか?一度据置機とかでがっつりやり込めるメガテンだしてくれないかな。

    割と楽しめたと書いたわりに不満ばっかりになってしまった。
    いや世界観とかはいかにもメガテンメガテンしてて結構好きなので次回作も楽しみにしてます。とってつけたようになってしまいましたが。

  • 買ったはいいけど3ds本体が無いので未プレイ。

  • 【印象】
    おぞましさ。神と悪魔と人間。
    安穏とした国のどこか不自然な雰囲気。広大な地下、世界の真相、葛藤と選択。
    守るもの、棄てるもの。

    【類別】
    RPG。
    ファンタジーの色は濃いですが、物語の舞台としては実在の地域に深い関わりがあります。
    戦闘は、弱点を突くことが非常に重要なターン制バトルの形式。

    【シナリオ】
    予想を超える展開が数多くあるので、人によっては付いていけないと感じるかもしれません。
    冒険の目的がやや明瞭でなく、一貫性が弱く思われる部分もあります。
    しかし諸々の感情の入り混じる、不思議で独特な印象の中盤から終盤にかけては必見です。

    【画等】
    基本となるのは3D、しかしキャラクタの立ち絵や広域の地図として2Dのイラストもあります。悪魔の絵は2Dのみ、ややグロテスク。
    作品内の世界が多くの架空の性質を孕んでいるにもかかわらず、その空気に実際に触れるような臨場感を受けます。これは細部までの入念な造り込みが可能にしていることかもしれません。
    戦闘へはシンボルエンカウントで入ります。

    【音等】
    ボイスがあります。
    BGMは民族音楽風、民俗音楽風。それを中心としつつハードロック、エレクトロニックなども場面に合った形で流れます。ボーカル曲はありません。

    【操作感】
    プレイ中に苛々することはさほどありませんでした。
    街やダンジョンでの移動時において、十字キーの左右で視点の位置変更が行えます。視点によって操作感にかなりの違いが出るので、自分に合う設定へ早めに変えておくのをお薦めします。
    下画面のタッチ操作について。必須となる場面は殆どないので問題ないですが、常用するにはやや不便さを感じました。

    【備考】
    ゲームクリアに要するのは通常難易度で約70時間です。

  • 大好物のシリーズ!相変わらずのダークっぷり。人間の選択が一番怖い。天使も悪魔の方がわかりやすくて良いや。
    とりあえず王道のニュートラルルートでクリア。若干わかりづらいエンディングだったので、すべてを理解するためにも、残り2つのルートを引き続きプレイ中。

  • 相変わらずの丁寧な作りと、練り上げられた世界観には脱帽するしかありません。戦闘バランスも非常に良く、これ以上のRPGを作るのって、もはや普通のデベロッパーでは難しいのではないでしょうか。

    その分、期待のハードルも上がりきっていたわけですが、最後の方がグダグダになっちゃって盛り上がりが足りなかったのが悲しかったです。ストレンジジャーニーという名作がDSで出ている以上、そこは超えてほしかったのですが、ラスボスの存在感の無さがちょっと……。やっぱりこう、袂を分かった元仲間キャラクターが狂った主義主張を振りかざして挑んでくる、というシチュエーションに人々は燃えると思うので、その辺りはしっかり考慮してほしかったなー。

    あと、僕は常々言っているのですが、お願いだからディアラハンは完全回復じゃなくしてください。あとメシアライザーも消去してください。(もしくはこっちも完全回復じゃなくする)
    お手軽に完全回復できるようになった瞬間、戦闘が著しく簡単になってしまうところに僕はいつももったいなさを感じているのです。マジお願いします。。。

  • ニュートラル、全てを無にするENDクリア。
    55時間/周。

    序盤
    すぐ死ぬ
    毒の効果ありすぎ
    遺物って何???
    友達にも同期にも嫉妬されて…バロウズだけが天使や…

    中盤
    お金がない
    銀座で所持金半分にされた。゚(つД`)゚。
    東京のマップ分かりづらい
    どこに行けばいいの?
    人いっぱい出てきてよくわかんなくなってきた
    みんな悪そうな顔に見える

    後半
    分岐決まってからエンディングまで長い(チャレンジクエストあまりやってなかったから)
    卑怯な同期の落ちぶれ笑えない
    あっさりエンディング

    全体
    家畜人間とか、相変わらず攻めるなぁ
    吸魔とリカーム覚えるまでが大変だった
    マップの敵避けたい、本気で!!
    合体の継承がランダムじゃないので楽
    ストーリーは周回プレイして読み込みたい

  • 先日から遊んでいた女神転生IVの一周目が終わりました。終了時のプレイ時間は90時間でした。

    女神転生シリーズのエッセンスが詰め込まれていて楽しめました。
    今回は悪魔の種族数も悪魔自体の種類もかなり多いので、ストックの数が24個でどこでも合体出来るというのは良い仕様だと思いました。
    不満点としてはクエストを選んだときに次にどこに行けばいいのかがわかりにくいのはちょっと残念でしたが。

    1周目では倒せなかったボスもいて2周目でもまだまだ楽しめそうです。
    1周目はロウルートだったので2周目ではイザボーと一緒に冒険して銀座で漫画を読ませてあげたいと思ったのでした。

  • 声があるとか、悪魔合体の仕組みが変わったとか、
    事前情報段階では中々不安の多かった女神転生。
    フタを開ければ大変よろしい出来でした。
    …一部の原理主義の方には、イマ一つ受けが良くないようですが…

    何といってもプレスターンバトルの出来の良さ。
    そして、主人公が戦闘時に取れる選択肢の多さ。
    「仲魔にする」「見逃してもらう」辺りはいざ知らず、
    「カツアゲ」「無駄話」は使いこなすとゲームの在り方を変えます(大袈裟

    序盤の死にまくり、中盤の金欠に苦しみ、終盤は余裕綽々、というのも
    実はシナリオの展開に沿っていたりしますね。
    3DSでは大変にオススメなRPGです。

    敢えて難点を挙げると、一部の悪魔のデザインがいけてない…

  • ロウ・ルートでクリア。

  • ロウルートクリア。盛り上がりは東京に降り立って新宿にいく辺りまで。面白くなくは無いのだが、マップの分かりにくさやお使いイベントの多さなどで、やる気を削がれていく。
    難易度は不意の先制攻撃や勧誘失敗で事故死はあるが、悪魔で事故死であって普通にやっていて負けるようなところはなかった。

  • プレイ期間:2013/05/27~2013/07/05
    プレイ時間:約51時間

    Nルートで1週クリア。

    東京の駅や街って複雑でダンジョンみたいだよね、を体現したかのようなゲームでした。
    中盤はお使いクエストをこなすばかりという感じで少しだるかったけれど、序盤と終盤のストーリーが動いていくあたりは先がわからず非常に面白かったです。
    UIも凝っていて「ストレスなくプレイできるように」と配慮されている印象。戦闘の倒すときのエフェクトが属性ごとで違うのとか、作りこまれていて良い感じ。
    悪魔合体の楽しさも健在。とにかく大量の悪魔がいるので、作っても作っても新しい悪魔が出てくるのが楽しい。
    合体の検索も最初は戸惑ったけど、慣れれば非常に便利に使えました。

    総じてクオリティは高いなと思うんですが、それゆえ少し惜しかった点もありました。

    ①ボスやダンジョンが簡単
    女神転生シリーズはSJしかプレイしていなかったのでそれとの比較になるのだけど、ごくわずかなボスを除いてほぼ初見で倒せたし、ダンジョンも迷ったり、悩んだりするギミックもほぼなし。
    最初のチュートリアルこそシビアな感じがしたけれど、スキルがある程度使えるようになればほぼ負けることもなく、中盤以降は本当に簡単でした…。
    誰でも最後までプレイできるようにという配慮かもしれないけれど、もう少し歯ごたえが欲しかったというのが正直なところ。

    ②新悪魔デザイン
    新悪魔のデザインは、ただの”敵”としてのデザインだったら良いんだけど…という感じ。個人的にメガテンの悪魔に求めているのは善悪では割り切れない存在だったりするので、ちょっとコンセプトが違うなあ…と。天使とか全然神格がなくて、クリーチャーっぽい感じに…。

    ③シンボルエンカウントがだるい
    後半になったら雑魚敵のエンカウントがだるく…自分よりレベルが遥か下の敵は寄ってこないとか、そういう工夫があれば良かったのになあと。

    あと、悪魔全書の登録率が出ないのはDLCとの兼ね合いなんだろうけど、ちょっと寂しい。

    惜しいところはありつつも楽しかったので、アトラスには今後も良いゲームを開発していってもらいたいところなのですが…

  • とりあえず、Nルートを攻略済み

  • PVを見た時は従来の雰囲気をあまり感じ取れず、どうなるかと思いきやうん、いつも通りのメガテン!
    基本ライトユーザー向けで私としてはとても助かった。
    むしろ親切設計すぎて重度のメガテニストには物足りない出来かと。
    シリーズをプレイしてる人がにやにやするような小ネタがちりばめられており、そういう点もゲームをする上でとても楽しい。
    あとミドーなんですけど、見てるとぞわぞわ鳥肌たってくる…この手のデザインはこれっきりにしてくださいまじで!

  • メガテンはSSのデビルサマナー以来、RPG自体もSSのグランディア以来という
    オールドゲーマーのロウ、ニュートラルルートクリア時の感想です。


    最初は簡単に死にまくり、けど、コツが分かってくると死ななくなり、
    それでも相手から先制されたりミスったりすると一気に瀕死状態、
    敵よりレベルが10くらい上でも全然安心出来ない、という
    今まで体験したことの無いような絶妙なゲームバランスは非常に◎。

    仲魔の技継承も難しい法則が一切無くお手軽、
    ダークサイドの仲魔も会話で仲魔に出来たり
    (そもそもダークサイドという概念が無い)、
    悪魔召還がタダ、マグネタイト不用など、
    それまでの常識では考えられない変更点もストレスを感じさせない
    親切設計でいい。
    検索合体も「よくぞここまで思い切った!」と思える改革&親切。
    「俺のパーティにマカラカーン持ちは3人いればいいけど、このマカラカーンはいらないんだっけ?継承したほうがいいんだっけ?」
    という時に一旦邪教の館から出ないといけないのは超×だけどw


    電撃や氷結のバインド状態ナシや剣が普通に買えて悪魔合体出来ないなどの
    寂しい変更点もあるが、減点要素では無い。


    けど、東京行って少し進んだあたりから、
    その辺の新鮮味も薄れ、ストーリーのワクワク感も薄れ、
    ちょっとモチベが下がって作業的になるかも。
    東京のフィールドマップわかりにくいし。



    肝となるロウ、カオスのストーリー分岐もどうも…
    過去作品はロウなのかカオスなのか非常に考えさせられる
    絶妙なバランスだった気がするが、今作はカオス側に全然入り込めない。
    過去作品をやっていた頃は中二病ど真ん中で、
    今現在は保守的な人間になってしまったからなのかもしれないが…
    あっさり気味のエンディングも×。

    とはいえお馴染みの東京を始めとした退廃的な世界観はしっかりメガテンだし、
    十分楽しめる要素ではある。



    金子一馬以外の悪魔デザインは、カッコいいものも多少あるが、総じて×。
    意図は分からないでもないが…コレはあまりにヒドイ、というのもあるのがなあ…



    ダンジョンのマップはちょうどいいが、
    マップの無い結界は分かりにくいものが多く×。
    マップ無しでも分かりやすいものにして欲しかったかなあ。
    通路ばかりの似た構造でなく広いスペースや扉があるとか。



    ニュートラルルートのチャレンジクエストをやらせるのは
    どうにかして欲しかったなあ…
    一週目のロウルートの時にその辺はやりこんで、
    二週目はスルーしようと思ったのに…
    作業は苦痛です。



    レベルが総じて上がりやすいのは○だが、
    すぐにレベル99になってしまうのは×かなあ…
    100以上になってくれれば全然問題無かったんだけど。
    後半、終盤の強いボスはめっちゃ強いけど、
    そうでも無いボスは割とあっさり気味なのも×といえば×。


    総じて面白いんだけど、最初の面白さやモチベが続かないのはマイナスかな。
    それでも十分面白いんだけど、エンディングが寂しくて、
    終わり良ければ全て良しなのに、その終わりが良くなくて評価を下げている。

  • 2013/6/18 ロウ・ルートでクリア。メガテン・シリーズは何作も遊んでいますが、ロウENDでクリアするのは初めですね。正直、悪魔絵師の悪魔を見るのはこれで最後にしてほしいかと。あとは、そろそろデビルサマナーから10年以上悪魔をそのまま使用するのは止めにしてほしいと思うのはメガテニストの性ですかねぇ。

  • 実はこのシリーズはマトモにプレイしたことが無く(おい)携帯機でなら…!と意気込んで購入。
    初心者でも大丈夫らしいというお話を聞いて安心。評判はビミョーですが…。
    …ただ、ダウンロードコンテンツ次第では途端に楽勝ゲーになってしまうらしいのでそれはやめておこうと思っております(汗)
    まだプレイできておりませんので、のちのちゆっくりやり込みたいと思います///
    個人的には、むしろこういうタイトルは声優さんボイスが無くても良い感。

  • 開発の言うとおり3DSで一番面白いRPG

  • 止め時がわからないほど熱中してしまう。。。

  • ファミコン時代から一応ほぼ全部やってるけど、未だに好きなのかわからないままやってるシリーズw

    そもそも考えるバトルってのがめんどくさくて、たいてい力任せ方式な私。
    だから弱点をつくとか性格を見極めてスカウトするとか、そういうのはチョー苦手。
    それに出てくる悪魔ももうほぼ同じで新鮮味ないし・・・
    なんで買っちゃったのかわからんけど気づいたら買ってた!
    やっぱ好きなんかしらん(笑)。

    まあまだプレイし始めたばかりなんで、ひょっとしたらすごい好きになっていくかも知れない。
    今のところはフツーな感じ。

    --追記--
    発売後10日足らずで売っちまいました(-ω-)
    ただでさえレベル上げ好きじゃないのにレベル上げが楽しくない。
    グラフィックも好きじゃない。
    評判はいいしいいゲームなのかも知れんが、私には合わんってことだ。
    やっぱもうメガテンシリーズとはお別れ決定やね(゚Д゚)

全25件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

真・女神転生IV (2013年5月23日発売) - 3DSを本棚に「プレイしたい」で登録しているひと

真・女神転生IV (2013年5月23日発売) - 3DSを本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

ツイートする