真・女神転生IV (2013年5月23日発売) - 3DS

  • 303人登録
  • 4.00評価
    • (27)
    • (37)
    • (23)
    • (2)
    • (0)
  • 25レビュー
  • アトラス (2013年5月23日発売)
  • Nintendo 3DS
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4984995900858

真・女神転生IV (2013年5月23日発売) - 3DSの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 物語☆☆
    中盤までの広がり方は非常によろしい。
    が、後半はイマイチ。前半で広がった部分をキレイにたためばいいのに
    さらに広げて閉じきれていない感じがする。

    映像☆☆☆
    荒廃しダンジョン化した都市のマップはすごくワクワクする。
    戦闘中の悪魔たちも3D化されていれば言うことなかったのだが。残念である。

    音楽☆☆☆☆☆
    非常に良い。それ以外に言うことはない。

    操作☆☆☆
    やや独特だが丁寧につくられた UI は好印象。小気味よいレスポンスで、操作していて気持ちがいい。
    シンボルエンカウントはなんだか中途半端なでき。先制を取る/取られる判定のしかたや、エストマソードの仕様など、無理にシビアさを出そうとして失敗している感がある。

    全体的に、
    悪魔合体を駆使して仲魔をやりくりする楽しさや、ダンジョンを探索するワクワク感はよく出せていて面白い。
    それ以外の部分は少々練り込み不足かな、という印象である。

  • 初期作のような衝撃を求めてプレイすると、東京に降りた辺りがピークになる。プロットや伏線の匂わせ方が上手かっただけに、回収の雑さや人物の掘り下げ方に不満が残る。

  • ニュートラルクリア。
    前情報から従来のメガテンよりライト層を意識していると思ったけど、実際やってみると序盤でも気を抜いてるとどんどん死ぬ。
    だけど序盤を抜けると、どこでもセーブ、お金を支払って復活システムもあるしスキルも揃い、それを狙い通りに習得させられるので簡単に感じた。
    最初は、従来と違う世界からメガテンらしさがあまり感じられないけど東京に降り立った瞬間にメガテンらしさが一気に加速。音楽も増子テイストを受け継いだ土屋さんになりメガテン1,2みたいでGOOD。

    不満点としては悪魔の新規絵が個人的に微妙(特にあの方の絵はさすがに・・・)。
    全体MAPが入り組んでて見づらく、目的地が分かりづらい。そして、どのRPGでもよくあることだけどクエスト=作業になっている。
    個別イラストがあるのにも関わらず、ほぼ出てこないサブキャラの存在が気になった。
    エストマやリフトマなどのフィールド補助の削除によりフィールド移動が面倒(エストマソードにした意味がわからない)。
    発売前、自信があるといったDLCの内容が本当にがっかり。時間がない人向けのDLCはまだいいとしても、まるで出来上がった本編から無理やりちぎり取ったようなDLCは如何なものかと。また、有名な仲魔を有料で販売するメガテンは見たくなかった。

    3が傑作だったから、前情報で不安になりつつも4を楽しみにしていたけど、個人的には不安が的中して残念。

  • ラスボス前でウロウロ。

  • そういえばラストダンジョン手前で放置していたんですが、続編発表されたので慌てて引っ張り出してクリアしました。
    まあ結構叩かれてる作品だってことは知ってますが、それでも割と楽しめました。キャラを全面に推してる感じでちょっとライトなのが従来のメガテンファンには気に入らないってのもわかりますが。あとDLCがやたらたくさんあって購入しないと悪魔全書が100パーにならないとかDLC買って得た仲魔いないと強いDLC仲魔がとても手に入らないとかは正直擁護しようがない。そこは存分に叩かれてしかるべきかと。
    あと新しい悪魔デザインがなあ・・・・適当な雑魚中ボスくらいならともかく四大天使マサカドルシファーとかはあのデザインはなあ・・・これもまあ叩かれるよなあ。
    それと仲魔のステタイプが少ないってのもたしかに後半の戦闘助長感は否めない。。。この辺は3DSのマシンパワー故ということもあるのだろうか?一度据置機とかでがっつりやり込めるメガテンだしてくれないかな。

    割と楽しめたと書いたわりに不満ばっかりになってしまった。
    いや世界観とかはいかにもメガテンメガテンしてて結構好きなので次回作も楽しみにしてます。とってつけたようになってしまいましたが。

  • 買ったはいいけど3ds本体が無いので未プレイ。

  • 【印象】
    おぞましさ。神と悪魔と人間。
    安穏とした国のどこか不自然な雰囲気。広大な地下、世界の真相、葛藤と選択。
    守るもの、棄てるもの。

    【類別】
    RPG。
    ファンタジーの色は濃いですが、物語の舞台としては実在の地域に深い関わりがあります。
    戦闘は、弱点を突くことが非常に重要なターン制バトルの形式。

    【シナリオ】
    予想を超える展開が数多くあるので、人によっては付いていけないと感じるかもしれません。
    冒険の目的がやや明瞭でなく、一貫性が弱く思われる部分もあります。
    しかし諸々の感情の入り混じる、不思議で独特な印象の中盤から終盤にかけては必見です。

    【画等】
    基本となるのは3D、しかしキャラクタの立ち絵や広域の地図として2Dのイラストもあります。悪魔の絵は2Dのみ、ややグロテスク。
    作品内の世界が多くの架空の性質を孕んでいるにもかかわらず、その空気に実際に触れるような臨場感を受けます。これは細部までの入念な造り込みが可能にしていることかもしれません。
    戦闘へはシンボルエンカウントで入ります。

    【音等】
    ボイスがあります。
    BGMは民族音楽風、民俗音楽風。それを中心としつつハードロック、エレクトロニックなども場面に合った形で流れます。ボーカル曲はありません。

    【操作感】
    プレイ中に苛々することはさほどありませんでした。
    街やダンジョンでの移動時において、十字キーの左右で視点の位置変更が行えます。視点によって操作感にかなりの違いが出るので、自分に合う設定へ早めに変えておくのをお薦めします。
    下画面のタッチ操作について。必須となる場面は殆どないので問題ないですが、常用するにはやや不便さを感じました。

    【備考】
    ゲームクリアに要するのは通常難易度で約70時間です。

  • 大好物のシリーズ!相変わらずのダークっぷり。人間の選択が一番怖い。天使も悪魔の方がわかりやすくて良いや。
    とりあえず王道のニュートラルルートでクリア。若干わかりづらいエンディングだったので、すべてを理解するためにも、残り2つのルートを引き続きプレイ中。

  • 相変わらずの丁寧な作りと、練り上げられた世界観には脱帽するしかありません。戦闘バランスも非常に良く、これ以上のRPGを作るのって、もはや普通のデベロッパーでは難しいのではないでしょうか。

    その分、期待のハードルも上がりきっていたわけですが、最後の方がグダグダになっちゃって盛り上がりが足りなかったのが悲しかったです。ストレンジジャーニーという名作がDSで出ている以上、そこは超えてほしかったのですが、ラスボスの存在感の無さがちょっと……。やっぱりこう、袂を分かった元仲間キャラクターが狂った主義主張を振りかざして挑んでくる、というシチュエーションに人々は燃えると思うので、その辺りはしっかり考慮してほしかったなー。

    あと、僕は常々言っているのですが、お願いだからディアラハンは完全回復じゃなくしてください。あとメシアライザーも消去してください。(もしくはこっちも完全回復じゃなくする)
    お手軽に完全回復できるようになった瞬間、戦闘が著しく簡単になってしまうところに僕はいつももったいなさを感じているのです。マジお願いします。。。

全25件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

真・女神転生IV (2013年5月23日発売) - 3DSを本棚に「プレイしたい」で登録しているひと

真・女神転生IV (2013年5月23日発売) - 3DSを本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

ツイートする