海街diary 3 陽のあたる坂道 (flowers コミックス) [Kindle]

  • 85人登録
  • 4.20評価
    • (6)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 吉田秋生
  • 小学館 (2010年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (194ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

海街diary 3 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)の感想・レビュー・書評

  • 「嫌い」は「好き」よりずっと早く伝わってしまうのかもしれないは名言

  • 早いものですずが鎌倉へ来て一年。父の一周忌で里帰りというかなんというか。複雑な思いを抱えて一年ぶりに帰ったかつての地元ではやはり一悶着。「「嫌い」は「好き」より、ずっと早く伝わってしまうのかもしれない」すずのお怒りはごもっともで「すずは怒っていいんだって」というチカは普段は姉らしさはないが、やっぱりお姉ちゃんだよな。「いくら努力してもどうにもならないことって、やっぱあるけど。だからって別に終わりじゃないんだなって」チームメイトの病気に何もできないもどかしさを抱えながら、折り合いをつけていくすず。そうやって成長していくのか。「時間が止まったみたいだったっていってた」病院のカーテンっていうのはなしてああもトラウマにするものかね。気持ちがわからなくもない。「「とても大切なこと」とそれ以外のオン・オフがあまりに激しくて不器用なだけかもしれないな…と」角度を変えると見方も変わる。幸の柔軟さ素敵だな。

  • 父親の一周忌で再び山形に集まる姉妹。そこには父親の後妻は現れず、息子ひとりを置いて新しい男と暮らしているという。家族の絆の薄さが、すずの心に重くのしかかる。
    恋の旅人・幸、恋の狩人・佳乃、そしてすずの淡い恋心が揺れる花火編が秀逸。それぞれの恋愛観の違いが、それぞれの花火の見え方の違いに重なっているかのよう。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

海街diary 3 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海街diary 3 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海街diary 3 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

海街diary 3 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)はこんな電子書籍です

海街diary 3 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)のコミック

ツイートする