心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆 (角川文庫) [Kindle]

  • 18人登録
  • 4.80評価
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 神永学
制作 : 鈴木 康士 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2010年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (258ページ)

心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 中学生時代の八雲の思い出を語る一心&後藤。
    まるで見守るパパのような二人(笑)
    抜き身の鋭いナイフのような八雲を今のような八雲にしたのは晴香の存在も大きいが、一心&後藤パパ’Sがいたからだろうなあ。
    後藤パパは一心パパの分まで八雲を見守ってあげて欲しい。
    余談だがこけはしなかったが公園にいたメガネの制服警官が石井さんかどうかが気になる(笑)

  • シリーズの中で断片的に登場していた少年時代の八雲が明らかになる巻。意外なことばかりで驚きつつまだ子供の八雲が可愛く思えて微笑ましさもあった。晴香と出会う前の八雲の原点がわかる。

  • 今回は主人公、八雲の過去のお話でした^^
    「霊が見えてしまう赤い目」を持って生まれ
    それ故に母親に殺されかける・・・という過去を持つ八雲。
    彼が悲しい過去を、どんな人と出会い、どのように乗り越えたのか
    とっても切なくて、あったかい出会いにキューンとなる一冊でした★
    口は悪いし、態度もそっけない。けれど優しい八雲なのですが
    今回ラストの方で、彼が言った言葉に
    思わずにんまりしてしまいました(=▽=)
    「君が考えているようなことじゃない」
    ↑前後の状況を読まないとニンマリなワケが解らないですがf^_^;爆
    浮気をした言い訳のようなこの台詞にぷっと吹きました(笑)
    八雲が晴香(ヒロイン)に言い訳する・・・なんて(=▽=)
    そっかーうんうん!八雲、晴香に誤解されたくないのかー!と(笑)
    益々オススメしたい本(シリーズもの)になりました★
    是非時間があれば読んでみてください^^

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆 (角川文庫)はこんな電子書籍です

心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆 (角川文庫)の単行本(ソフトカバー)

心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆 (角川文庫)の文庫

ツイートする