一刀斎夢録 下 [Kindle]

  • 20人登録
  • 4.13評価
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 文藝春秋 (2013年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (342ページ)

一刀斎夢録 下の感想・レビュー・書評

  • 西南戦争とは何だったのか。著者が老いた斎藤一に語らせる仮説の真相はともかく、結果から見れば武士の世を完全に終わらせ、近代的軍隊の完成に向けた大転換点となったことを考えれば腑に落ちるところではある。

  • 沖田、土方、近藤ら仲間たちとの永訣。
    土方の遺影を託された少年・市村鉄之助はどこに消えたのか―
    維新後、警視庁に奉職した斎藤一は抜刀隊として西南戦争に赴く。
    運命の地・竹田で彼を待っていた驚愕の光景とは。
    百の命を奪った男の迫真の語りで紡ぐ鮮烈な人間ドラマ・浅田版新選組三部作、ここに完結。

    最後は思わず泣いてしましました。。。。。
    そして、新撰組ものの作品を再読しまくることに。。。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

一刀斎夢録 下はこんな電子書籍です

一刀斎夢録 下の単行本

ツイートする