ミュージアム(3) (ヤングマガジンコミックス) [Kindle]

  • 41人登録
  • 3.27評価
    • (3)
    • (1)
    • (9)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 巴亮介
  • 講談社 (2014年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

ミュージアム(3) (ヤングマガジンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オチに納得できなくてネットで色々調べたら本当のオチは規制がかかってしまって変えられてしまったらしいですね。
    予定通りの方のオチだったらもっと面白かったと思います。そっちも見たかった!

  • ・暇潰しには良い(巻数を考えても)
    ・ただ3巻~ラストのオチはもっとどうにか出来たはず
    ・終わり悪いので全て悪しとも言える
    ・けど暇潰しには良い(巻数を考えても)

  • 表紙と内容に惹かれて購入しました。
    個人的にオチが非常にクソです。
    正直サスペンス要素もミステリ要素も皆無。
    ただただ猟奇殺人の一覧を見せるがための漫画で内容なんて無いようなものです。
    さんざん犯人隠してたのに、犯人誰かと思ったら誰でもないというか犯人という新しい人物で犯人が物語に一切絡んでいない。犯人がなんで快楽殺人じみたことをしているのかという設定も全然無いに等しいし今まで読んできた漫画の中で最低傑作といったら自分はこれを上げるレベルで、kindleから速攻削除しました。

  • この巻で完結とはいえ、やはりダッとまとめに入った感ある。
    最後は良い感じに後味悪いけど、犯人周りのアレコレがちょっと足りないかな。もっとガッツリサイコな事やってくれても良かったのになー。

    合わせて収録されてる読み切り?の方が楽しかったかも。

  • 想像を掻き立てられる結末だった。
    霧島は、ただの快楽殺人者ではなく人間の内なるモヤモヤを具現化した存在のように感じられた。

  • ○まあ、おもしろかったです。

    ○読みやすいので、ひまつぶしにはおすすめできるかも。

    ○でも、こういう短編だと、キャラへの感情移入がむずかしく、俯瞰で淡々とみている感じ。

    ○ストーリーテラーなのでしょう。

    ○でも、おもしろいは、おもしろい。

全6件中 1 - 6件を表示

巴亮介の作品一覧

巴亮介の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

ミュージアム(3) (ヤングマガジンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ミュージアム(3) (ヤングマガジンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミュージアム(3) (ヤングマガジンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ミュージアム(3) (ヤングマガジンコミックス)はこんな電子書籍です

ミュージアム(3) (ヤングマガジンコミックス)のコミック

ツイートする