沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのか [Kindle]

  • 21人登録
  • 4.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 井口耕二  外村仁(解説) 
  • 日経BP社 (2014年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (390ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーブン・レ...
岸見 一郎
エリック・リース
クリス・アンダー...
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
高野 和明
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのかの感想・レビュー・書評

  • 負(マイナス)の感じがハンパない。半分ほど読んだが何が得られるんだろう?

  • アップルのようにこれほど偉大で巨大な企業が、ジョブズというビジョナリーを失ったとき、現実問題としてどうなってしまうのか、そういうところに興味があって手に取りました。

    内容は想像していた観点とは違ったけど(いい意味で知らなかったことを知れたところも多かったけど、一部アップル自身の話から多少逸れたと感じるところもあった)、おおむね予想どおりの方向性だった。
    まだ最近の内容を扱っているからか、現実味があって、人間味のある描写も多くて、興味を満たせた。

  • ”大変な労作”という印象。ジョブス晩年から、死後、今までのアップルの状況を丹念に描いている。事実関係を積み上げればアップルという会社の向かっている方向はこういう方向になるという事実を淡々と指し示している。特許論争やフォックスコンの話も断片的には知っていたが、本書で初めて全体像が理解できた。ただ、同社がこの方向で良いのかどうかは、また別の問題。おそらく筆者もそう思っているだろう。本著の中でクリステンセン教授まで登場してきたのには驚いた。ともあれ、一読をお薦めしたい。

  • 「スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのか」という副題に惹かれて購入。しかし、一番肝心なこの答えは書かれていない。いや、事細かに書かれている、最近のApple対ライバル会社の裁判、Appleと取引するサプライヤーの話。それらを読んで感じたものが、その答えだということなのかもしれない。そう考えると、明らかに何かが上手くいっていないAppleは、SONYのようになるということだろうか。

    ちゃんとApple製品を使っている人ほど感じる、何とも言えない物足りなさ。ここ数年、MacもiPhoneもiPad何も変わっていない。変わっていないどころか、微妙に使い勝手が悪くなっているようにも感じる。最近MacやiPhoneを使い始めた方は、Apple製品は使いやすいなぁと感動しているかもしれないが、今のMacもiPhoneも、2008年末頃にあった製品の延長線上に過ぎない。そこから6年経つが、Apple製品に目立った進化はない。

    圧倒的に先を行っていたApple製品に、ライバル会社が追い付いてきたのが今。沈みゆくAppleの始まりを、僕らは今見ているのかもしれない。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのかを本棚に登録しているひと

沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのかを本棚に「読みたい」で登録しているひと

沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのかを本棚に「積読」で登録しているひと

沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのかはこんな電子書籍です

沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのかの単行本

ツイートする