フライト・ゲーム (初回限定特典/デジタル・コピー付) [Blu-ray]

  • 81人登録
  • 3.64評価
    • (7)
    • (22)
    • (18)
    • (2)
    • (1)
  • 23レビュー
監督 : ジャウマ・コレット=セラ 
出演 : リーアム・ニーソン  ジュリアン・ムーア  ミシェル・ドッカリー  ルピタ・ニョンゴ 
  • Happinet(SB)(D) (2015年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953063303

フライト・ゲーム (初回限定特典/デジタル・コピー付) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 航空保安官ビルは、警備のために乗り込んでた旅客機の中で脅迫メールを受け取る・・・。

    二転三転する全く先の読めないストーリー展開にハラハラドキドキの連続!

    完全に騙されました!!

    面白すぎる!!

    それにしても、この監督の映画って全部面白い!

  • 乗客146人を乗せてNYを発った、ロンドン行の
    旅客機の中で乗客を装って機内を警備するベテ
    ラン航空保安官ビルの携帯に1億5000万ドル
    を指定口座に振り込まなければ20分ごとに乗
    客を殺すという謎の脅迫メールが届く。
    彼は飛行中の旅客機という閉鎖空間の中で乗客
    の中に紛れ込んだテロリストたちを、徹底的に
    追跡していき排除していきます。リーアム・ニ
    ーソンが悲しい過去を背負った凄腕航空保安官
    のビルを演じていて、狭い空間を所狭しと大暴
    れしていました。アクション映画として十分見
    応えがある作品でした。ジュリアン・ムーアの
    迫真の演技も素晴らしかったです。ずっと観た
    いと思っていた映画なので観れて大満足です。

  • きちんと伏線も回収してて面白かった。

  • 酒に溺れた航空保安官の勤務中に「20分後に乗員の誰かが死ぬ」とメールが。飛行機の中にいる犯人は誰だ?

     謎解きに的にはちょっと物足りない感じがするが、雰囲気はなかなか。

     以下ネタバレ。
     謎解き以上に興味深いのは9.11の絡みでハイジャック疑いの飛行機が勝手に降下すると撃墜される可能性があることだ。逆に飛行機が爆発しても不時着できるってのはほんまかいな。
     あと、犯人の動機が9.11ってのも面白かった。

  • 凝った内容でなかなか面白かった。





    ハイジャックものはどうしても舞台の狭さからストーリーがコンパクトに収まりがちだけど、今作は良い意味で裏切られる展開が多くて最後まで飽きずに観ることができた。

    特にビルの説得のシーンは、難しい言葉を並べ立てた立派な演説よりも胸に刺さった。

    疑いをかけられ誰からも信用されないというのは、例え映画の中のお話であったとしても観ているのが苦しくなる内容だけど、ビルの実直な人柄に惹かれひとりまたひとりと気持ちを開いていくシーンなどは上手い展開でこちらの心も晴れていくのが分かった。

    予告編ではただ単に96時間のステージが違うだけな作品のように感じていたけど、これは観て良かったと改めて思った。

  • 悲しい過去背負ってて、今も充実してるとは言えなくて、守ろうとしてる人からは疑いの目で見られてる、でもそんなんで折れへんで!というリーアムニーソンのためのキャラ設定でま~~はずれないね 面白かった!ズバ抜けてはいない

  • 主人公がいいよね。リアムニーソン。リアム・ニーソンが困るだけで映画が一本作れるという。そして、エピソードとかは描写がなくてもいい。困った顔しているだけで説得力を持つという。最後の副機長の吹っ切れがよかったよね。

  • WOWOW。

    犯人が分かってからは、それまでの緊張感とは対比的に、本当にあっけなく終わった印象。
    ハッピーエンドもいいけど、心に残るエンディングを迎えて欲しかった気もする。

    着陸もやりすぎCGのせいかハラハラ感はなく、物足りず。
    犯人のネタばれ行動のせいで、主人公より先に犯人わかっちゃうのはどうかと思うぞ。

    エンタメ作品としては及第点だけど、いろいろ勿体無い。

  • 見終わった後には何も残らないけど、とにかくハラハラ、ドキドキしたいという人にはお薦めの作品だと思う。特に、中盤までの展開は非常に良いです。

  • ハラハラドキドキ満載でおもしろかったです。リーアムニーソンの短気でせっかちだけど、無双っぷりも最高。上映時間もちょうどよくて良作でした。

  • 脚本の時点で成功する作品なんでしょうね。
    誰にでもオススメできる、this is the movie系映画です⭕️

  • 飛行機の乗客を人質にした身代金の要求と殺人予告。乗り合わせた航空保安官がテロリスト容疑をかけられ、罠が張り巡らせていることに気づく。味方か敵か、ギリギリの判断と密室空間での頭脳戦を描いた作品。犯人の動機がいまいち腹に落ちないものの、シンプルな構成で楽しめる。

  • 前半から中盤は、いい緊迫感を伴った秀作です。
    が、しかし…犯人の面が割れたあたりからラストに向かっては三流といっても過言ではないくらいダメダメですね。大体、空港でのライターの貸し借りの件…あそこでネタバレしちゃってますよね。あんなに解かりやすい伏線だとピンときちゃいますよ~
    穴が開いてエンジンが爆発したような飛行機の着陸にしては雑過ぎますよね(笑)あまりに出来過ぎで作品のレベルを下げてしまっているのが残念です。

  • サスペンス、アクション!ちゃんと纏まっており、しかも読めない!素晴らしい出来。

  • 久しぶりにサスペンス。ハラハラドキドキ感が良かった。

  • あっけなく犯人からヒーローに。

  • リーアム・ニーソン主演のサスペンス。

    NY発ロンドン行の飛行機に乗った航空保安官の彼が何者かにメール(LINE的な)で
    20分以内に指定口座に大金を振りこまないと20分後に1人殺す、と脅される。

    誰がどうやってメールをしているのか、どうやって殺すのか?
    搭乗前から複数の乗客・乗務員の所作を見せており、
    彼らの正体も徐々に明かされていき(ただそれが正しい姿なのか?)、
    ニーソンの必死の捜査をかいくぐるだけではなく、
    逆に彼を追い詰めていく犯人はかなりのやり手ですな。

    非常にミステリーらしいミステリーで悪くないと思います。

    誰が敵で誰が味方なのか?

    さらに徐々に状況を知る者が増えてきて。
    孤立無援からチーム的なものになる様はなんか…いいね!

    飛行機内出来事、ということでアクションは抑え目でしたが、
    ヒリヒリとした緊張感が十分に味わえたので満足。

    9.11になぞらえられて、ニーソンがハイジャック犯だと乗客に判断され、
    乗客たちが一致団結してニーソンに迫るくだりも
    「あれ」を経た後の飛行機物って、いう感じがあってよかった。

    あと着陸時のパイロット、かっけぇ~。

    でもこれ、絶対機内上映できないなw

  • 最初から最後までハラハラしながら観た久々の映画。
    96時間シリーズといい、リーアム・ニーソンはこうした被害者っぽい役がハマるなぁ。

  • 名画座で鑑賞、
    本日3本立てのオマケ。
    以外!良かった!本日の2位!
    リーアムニーソンが航空保安官を演じ、誰が犯人なのか、まさか本人が⁈ と思わせるややこしいプロット。
    E-mailを効果的に使った場面展開、20分毎に一人殺すとの脅迫に、まさかの一人目は正当防衛とは言え自分が殺してしまう。二人目は機長、三人目も自分が問い詰めた途端に泡を吹いて死亡。見てる方も何が何だか判らないカオス状態、最初から味方のスチュワーデスやジュリアンムーアまで怪しく思えてくるところが凄い。
    都合よく携帯のソフトエンジニアが乗り合わせていてメールにウィルスを添付して犯人を炙り出そうとする辺りからようやく話も動き始める。
    爆弾が見つかってからは怒涛の展開、アクションシーンは控えめに、犯人解明のプロセスを見せる、中々味わい深い作品です。
    最後の胴体着陸はご愛嬌。サンダーバード第1話ファイアフラッシュ号を思い出しました。

  • 飛行機でもリーアム無双

  • [2014年作、劇場鑑賞]<ユナイテッド・シネマ札幌>
    原題どおりノンストップ型サスペンスで面白かった。主人公が犯人か、いやまさかと思わせるところがミソかな。航空保安官の認識を新たにできた。9.11以前から存在していたらしいが、以降は要員を大幅増強し私服・拳銃携帯で必ず1名は搭乗している、らしい。

全23件中 1 - 23件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

フライト・ゲーム (初回限定特典/デジタル・コピー付) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

フライト・ゲーム (初回限定特典/デジタル・コピー付) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする