月と雷 (中公文庫) [Kindle]

  • 19人登録
  • 2.83評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 角田光代
  • 中央公論新社 (2015年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (135ページ)

月と雷 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 普通じゃない境遇と環境で育った男の子と女の子。大きくなってもどこかゆがんだ、何か欠けた・・・。だからといってしあわせになれないとは思えないんだけど。
    母直子の影響力が大きすぎる。この小説は直子がキーになっているとは思うんだけど、結局なんだったのかよくわからなかった。直子の流されているだけのような生き方にもそれなりの信念があったのか・・・?そうは思えなかったし、直子の生き方に共感もできず。

  • けっしておもしろくなかったわけじゃなく、けっこう引き込まれて読んだ(やっぱり角田さんて読ませると思う)んだけど、うーん、どういうわけか、ちょっとどう読んでいいかわからないという感じだった。あんまり共感とかできないし。
    親が出ていっちゃったとか、他人の家を転々として暮らしたとか、子どものころから普通の生活をしてこなかったっていう境遇だと、大人になっても普通の生活ができないような感じになっちゃうのかな。逆境にもめげず、いい出会いがあって人生いい方に進んだ、って話もよくあるけど。 現実はそうもいかないものなんだろうか。正直、なんだか読んでいて気が滅入ってきた。直子みたいな、一生、浮かばれないような人生ってどうなんだろう、とか思って。でも、なぜかラストは、さわやかですがすがしいような感じもした。これもまた人生、ってことなのかなあ。
    角田さんて、子どもが普通ではない暮らしをする話が多いような気がするんだけど。そうでもない?

全2件中 1 - 2件を表示

角田光代の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

月と雷 (中公文庫)はこんな電子書籍です

月と雷 (中公文庫)の文庫

ツイートする