僕だけがいない街(6) (角川コミックス・エース) [Kindle]

  • 220人登録
  • 4.26評価
    • (28)
    • (36)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 三部けい
  • KADOKAWA / 角川書店 (2015年7月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

僕だけがいない街(6) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 丁寧な種明かし。大人になった悟と佐知子、友人たち。

  • 前巻で予想外に早く犯人確定しちゃって拍子抜けしちゃってたのも束の間、新展開も変わらず面白い!
    すごいなぁ。
    最初からずっと面白いままなんて。
    中だるみ無し。
    面白過ぎて終わってほしくないけど、早く犯人を懲らしめてはほしい。

  • 真犯人が判明して新たな展開へ。毎巻いろいろな展開で楽しめるのだけど、ちょっとパターン化しちゃった気もする。ひとつ謎が解けるたびに新たな困難が…という。6巻から新章突入といった雰囲気なので、どこまでパターンを崩せるかが勝負か。

  • リバイバルを繰り返した結果が寝たきり生活じゃ悟も浮かばれないが「僕の運命は僕のものだ。君が責任を感じる必要はないよ」ときっぱりすっぱり言い切れるだけ、強い男だ。悟を信じる周りの人たちも強い。八代は卑怯で卑屈だが、彼に屈しない悟たちの行方はきになる。「そんなデタラメにカメラを付き合わせないでよ。カメラは嘘をつかないんだから。」アイリと再びつながった悟の運命はどうなるんだ。

  • おもしろい…。

  • 物語が大きく動き始めた。久々にあのキャラ登場して、今後が気になる終わり方だ。

  •  タイムトリップものがあまり好きじゃないので敬遠していたけど、実はミステリだと聞いて読んでみた。結果、6巻まで一気読み。7巻はまだか!

     仲間と一緒に殺人を回避していく過程がとてもおもしろい。お母さんの頼もしさはハンパないし、同級生ケンヤは小学生とは思えぬスマートな男ぶり。サスペンスあり、友情ありでストーリーもキャラも魅力的。

     6巻ではまたもや急展開だったけど、今回判明した犯人にどう迫っていくのか気になる。

  • 6巻は発売日に買って一気読みしました。でも、その時の驚きと感動が大きすぎて感想は時間を置いて心が落ち着いてからにしようと思いました。今改めて、読み返しましたが、常に予想を裏切り続ける展開が凄いですね。6巻は転機になるようですが、期待に応えて、この作品を傑作として完結させて欲しいと思います。

  • 「マンガ大賞2014」などで話題になっていたのは知っていたが、漫画だけしかないという点からスルーしていた。

    きっかけは2016年1月からのアニメ化および2016年3月公開予定の映画化でなんとなく話題性が高まっている中、たまたま「週刊ジョージア」アプリ内において無料公開されている「マンガ傑作選」で第1巻第1話を読んだことだ。

    あまりの面白さに続きが気になり、第2話も読んだところで、
    「よし、今迄発売されている全部を読もう!」
    と決心し、2015年11月現在で単行本化されている6巻までを1日で読破することになった。

    そこまで夢中にさせる内容で、続きが読みたくなる展開や内容は本当に素晴らしい。

    アニメきっかけやドラマきっかけ、映画きっかけなど様々なきっかけがあり逆に漫画を読んだことはあったが、その前に第1巻第1話がきっかけで全部読破するとは思わなかった。そう、それだけ魅力ある引き込まれ方をした作品であったということだろう。

  • 現代編に戻る。
    そこで記憶喪失かよ・・・!

全16件中 1 - 10件を表示

三部けいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

僕だけがいない街(6) (角川コミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕だけがいない街(6) (角川コミックス・エース)のコミック

ツイートする