悪魔を出し抜け! [Kindle]

  • 26人登録
  • 4.20評価
    • (4)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
  • きこ書房 (2016年3月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (405ページ)

悪魔を出し抜け!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大切なことが書かれている。
    ただ悪魔をとの対話という設定により話の展開がネガティブになるので読んでいて楽しくないし、同じ話をしつこく繰り返すので頭でわかっても心に響かない説教臭さがあった。

    本書を全部読むのが苦痛になったら、『まとめ』だけでもよいかもしれない。

    ▪️7つの原則
    ・目標を明確にすること
    ・自制心を持つこと
    ・逆境から学ぶこと
    ・環境から受ける影響をコントロールすること(友人)
    ・時間
    ・調和
    ・警戒(計画を見返す)

    ▪️何度も出てきたテーマ
    目標を明確にして、目標達成のためには流されず自分の頭で考える。内なる恐怖に立ち向かい失敗しても諦めず挑戦し続ける。

  • ナポレオンヒルの著作。親族の反対により70年以上封印されていたが、このたび出版された。悪魔との対話形式で成功への道筋を語る。

  • 前半から中盤過ぎまでは本物だろう。(私見)
    とても実り多い読書となり、発見も多かった。

    後半の200ページほどは偽物もしくは変更・追記されたものと思われる。(明らかに違う)

    後半にはネガ暗示が隠れている。

  • 読んでいて思わずはっとさせられる場面が何度もあった。流されない人間にならないよう、たまに読み返して明確な目標を見失わないようにしていきたい。

  • Kindle unlimited でダウンロード
    人は自分で考えずに、周りや権威に「流される人間」になると悪魔に支配されてしまう。流されるという悪い習慣は「ヒプノティック・リズム」という大自然の法則により時間をかけて固定化されてしまう。
    自分自身の頭で思考し、明確な目標を持ち実行すること。肯定的な思考習慣を身につけ、時間をかけて知恵をつけることが大切。
    『思考を現実化する』を読むと更に理解が深まる。

  • 著者が悪魔と語り合うというのは厨二病臭ささえ感じさせる。その実、悪魔は「悪意」をもとに語るので、真実味を感じさせた。
    ナポレオン・ヒル博士は、前向きな思考で考えてそれを習慣化させること、というのが基本的な成功哲学としており、本書もその軸はぶれていない。
    残念なのは、この本の注釈が目障りに等しいほど散りばめられているということくらいだが、ナポレオン・ヒル博士の死後長らく日の目に晒されることのなかった原稿を本書にされた敬虔な方ではあるので広い心で読んでほしい。

全6件中 1 - 6件を表示

悪魔を出し抜け!のその他の作品

悪魔を出し抜け! 単行本(ソフトカバー) 悪魔を出し抜け! ナポレオン・ヒル

ナポレオン・ヒルの作品

悪魔を出し抜け!はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする