亡霊星域 〈叛逆航路三部作〉 (創元SF文庫) [Kindle]

  • 17人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 赤尾 秀子 
  • 東京創元社 (2016年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (290ページ)

亡霊星域 〈叛逆航路三部作〉 (創元SF文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブレク・ミアナーイとセイヴァーデンのコンビによるシリーズの第2作。性の区別がない言葉を持つラドチ語と元戦艦であったブレクの複数の視座が行き来する語り口にもようようなれてきた。
    ラチドでは性の区別がないので、一体誰が男で誰が女の判別が難しい。2作まで読んで何となくどうであろうという予測は付くが、本当にそうなのかは不明。そもそも男と女という組み合わせだけでなく、同性同士の組み合わせも普通にあるようなので更にややこしい。
    しつこく性にまつわる話がでてくるが、そもそもラチド圏ではどのようにこどもを産み育てているのかは書かれていない。家(家系)については出てくるが、家族の有り様についての記述が薄い。
    敵対相手のアナーンダ・ミアナーイはクローンで自分を複製し精神はインプラントを埋め込むことで永遠の生を保っているがクローン技術は一般化しているようには見えず、アナーンダ以外のクローンは登場しない。インプラント技術は発達しており、ブレクもかっては「トーレンの正義」という戦艦でありかつ戦艦に乗り組む属体でもあった。属体はインプラントを埋め込むことでタチコマのように何千人が同一人格として行動する。

    と言うように、かなり特異な設定で進む物語だが、文体になれてくるとそれが心地よいリズムを生み出す。

    第2作は、1作目と異なり淡々と物語が進むのであるが、これは第3作目に向けての静の時間であろう。

    と言うことで続けざまに第3作も購入セリ(^_^;

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

亡霊星域 〈叛逆航路三部作〉 (創元SF文庫)を本棚に登録しているひと

亡霊星域 〈叛逆航路三部作〉 (創元SF文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

亡霊星域 〈叛逆航路三部作〉 (創元SF文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

亡霊星域 〈叛逆航路三部作〉 (創元SF文庫)はこんな電子書籍です

亡霊星域 〈叛逆航路三部作〉 (創元SF文庫)の文庫

ツイートする