サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福 [Kindle]

  • 183人登録
  • 4.56評価
    • (26)
    • (12)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
制作 : 柴田裕之 
  • 河出書房新社 (2016年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (585ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
ウォルター・アイ...
シーナ・アイエン...
トマ・ピケティ
ウォルター・アイ...
クリス・アンダー...
リチャード・ドー...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福の感想・レビュー・書評

  • 壮大なスケールの本だった。
    私のような不勉強な人間には感想が書けないほど背伸びをした読書体験だった。(理解せず、字を追う時間帯が多かった。。)

    ■勉強になった部分
    今日でさえ、人間の組織の規模には、一五〇人というこの魔法の数字がおおよその限度として当てはまる。この限界値以下であれば、コミュニティや企業、社会的ネットワーク、軍の部隊は、互いに親密に知り合い、噂話をするという関係に主に基づいて、組織を維持できる。秩序を保つために、正式な位や肩書、法律書は必要ない(3)。三〇人の兵から成る小隊、あるいは一〇〇人の兵から成る中隊でさえ、親密な関係を基に、うまく機能でき、正式な規律は最低限で事足りる。人望のある軍曹は、「中隊の王」となり、将校たちにさえ指図できる。小さな家族経営事業は、役員会やCEO(最高経営責任者)や経理部なしでも生き延びて、繁盛できる。  だが、いったん一五〇人という限界値を超えると、もう物事はそのようには進まなくなる。小隊を指揮するのと同じ方法で、一万を超える兵から成る師団を指揮することはできない。繁盛している家族経営の店も、規模が大きくなり、多くの人を雇い入れると、たいてい危機を迎える。根本から再編できなければ、倒産の憂き目に遭う。  では、ホモ・サピエンスはどうやってこの重大な限界を乗り越え、何万もの住民から成る都市や、何億もの民を支配する帝国を最終的に築いたのだろう? その秘密はおそらく、虚構の登場にある。厖大な数の見知らぬ人どうしも、共通の神話を信じることによって、首尾良く協力できるのだ。  近代国家にせよ、中世の教会組織にせよ、古代の都市にせよ、太古の部族にせよ、人間の大規模な協力体制は何であれ、人々の集合的想像の中にのみ存在する共通の神話に根差している。

  • 読み終わるまでにかなりの時間を要した…トマピケティは全部読まなくて良しとよく言われるが、この本もボリューム的にはサマリだけでいいんじゃないかと途中何度か思いつつも読み応えがあってなんだかんだ全部読めた(いや、正確には結構流し読みもした。いずれにせよ集中を要する本)

    135億年前にビッグバンとともに宇宙及び物理的化学的現象が始まり、45億年前に地球が形成され、38億年前に有機体が出現し生物学的現象が始まり、600万年前にヒトとチンパンジーの最後の共通祖先が存在し、(もうこの時点でロマン溢れすぎてヤバイのだが)20万年前にホモ・サピエンスが進化し、7万年前に認知革命が起きて歴史的現象が始まった。
    1.2万年前に農業革命が起こり、500年前に科学革命、200年前に産業革命、シンギュラリティ前夜の今日に至る。
    これだけで夜も眠れなくなるほど脳汁が出る壮大な物語である。

    ただの1つの種でしかなかった我々ホモ・サピエンスがこの惑星のいわば頂点に立つまでに起きたこと。
    まず言葉が生まれ、そこから国や神や法といった虚構を作り出し、狩猟の過程で他の種の絶滅や自然環境に多大な影響を与えたのち農耕を始め爆発的に数を増やした。
    農業は同時に定住の制約と人口増による飢えを凌ぐための労働という枷を敷いた一方、ヒトは家畜とともに大陸を渡り始めた。神話やヒエラルキー、貨幣という史上最大の発明を生み出しながら次第に帝国化、統一化に向かい、国家、資本主義経済によって未曾有の発展と争いを繰り広げたのち科学及び核の抑止力と多大な犠牲を払って平和を手に入れつつあるのが今。
    特に科学技術の進歩によりヒトは自然原理を変える、知的設計を出発とした神に等しい力を手に入れた。

    果たしてこれらの歴史の変遷は幸福を増幅させてきたのか?この点はまだ結論が出ない中この先も進歩のスピードはさらに加速する世界において私たちは何者で何を望むものなのか?

    という、全方位的な史実、論理、考察が展開される超大作。終盤は庵野監督も真っ青の「あなたは何を望むの?」という問いまで網羅するカバレッジぶり。

    読むとしばらく現実世界に戻れなくなります(現実世界の話なのに)

    こんなに知的好奇心を刺激される本もなかなか無いのでめちゃくちゃオススメ。

  • 流行っている本だけあって面白かった。で、でも流行るちょっと前から読んでたんだからね!
    もともとはこういう、「世界史をひとつの話でまとめてるような本読みたいなー」という欲求があり、たまたま最近出た本だったので読んでみたら、これがかなりどハマり。国や経済やお金は、すべて人間の想像力によって成り立っているという、当たり前のようで全く気づかなかったことを平易な文章かつたくさんの比喩で読ませてくれる本だった。

  • 第1部 認知革命

    第1章 唯一生き延びた人類種
    不面目な秘密/思考力の代償/調理をする動物/兄弟たちはどうなったか?

    第2章 虚構が協力を可能にした
    プジョー伝説/ゲノムを迂回する/歴史と生物学

    第3章 狩猟採集民の豊かな暮らし
    原初の豊かな社会/口を利く死者の霊/平和か戦争か?/沈黙の帳

    第4章 史上最も危険な種
    告発のとおり有罪/オオナマケモノの最期/ノアの方舟

    第2部 農業革命

    第5章 農耕がもたらした繁栄と悲劇
    贅沢の罠/聖なる介入/革命の犠牲者たち

    第6章 神話による社会の拡大
    未来に関する懸念/想像上の秩序/真の信奉者たち/脱出不能の監獄

    第7章 書記体系の発明
    「クシム」という署名/官僚制の驚異/数の言語

    第8章 想像上のヒエラルキーと差別
    悪循環/アメリカ大陸における清浄/男女間の格差/生物学的な性別と社会的・文化的性別/
    男性のどこがそれほど優れているのか?/筋力/攻撃性/家父長制の遺伝子

    第3部 人類の統一

    第9章 統一へ向かう世界
    歴史は統一に向かって進み続ける/グローバルなビジョン

    第10章 最強の征服者、貨幣
    物々交換の限界/貝殻とタバコ/貨幣はどのように機能するのか?/金の福音/貨幣の代償

    第11章 グローバル化を進める帝国のビジョン
    帝国とは何か?/悪の帝国?/これはお前たちのためなのだ/「彼ら」が「私たち」になるとき/
    歴史の中の善人と悪人/新しいグローバル帝国

    第12章 宗教という超人間的秩序
    神々の台頭と人類の地位/偶像崇拝の恩恵/神は一つ/善と悪の戦い/自然の法則/人間の崇拝

    第13章 歴史の必然と謎めいた選択
    1 後知恵の誤謬/2 盲目のクレイオ

    第4部 科学革命

    第14章 無知の発見と近代科学の成立
    無知な人/科学界の教義/知は力/進歩の理想/ギルガメシュ・プロジェクト/
    科学を気前良く援助する人々

    第15章 科学と帝国の融合
    なぜヨーロッパなのか?/征服の精神構造/空白のある地図/宇宙からの侵略/
    帝国が支援した近代科学

    第16章 拡大するパイという資本主義のマジック
    拡大するパイ/コロンブス、投資家を探す/資本の名の下に/自由市場というカルト/
    資本主義の地獄

    第17章 産業の推進力
    熱を運動に変換する/エネルギーの大洋/ベルトコンベヤー上の命/ショッピングの時代

    第18章 国家と市場経済がもたらした世界平和
    近代の時間/家族とコミュニティの崩壊/想像上のコミュニティ/変化し続ける近代社会/
    現代の平和/帝国の撤退/原子の平和

    第19章 文明は人間を幸福にしたのか
    幸福度を測る/化学から見た幸福/人生の意義/汝自身を知れ

    第20章 超ホモ・サピエンスの時代へ
    マウスとヒトの合成/ネアンデルタール人の復活/バイオニック生命体/別の生命/特異点/
    フランケンシュタインの予言

    あとがき――神になった動物

  • 人間とは何か。
    思想とは何か。
    科学とは何か。
    経済とは何か。
    幸福とは何か。
    私たちはどこから来てどこへ向かうのか。

  • 読みごたえあり。
    ホモサピエンスの歴史、文明ができるまで、人が他の生物と何が違ったか、今後どういう方向に進むか。

    膨大な教養に基づいた中身が非常に濃い書籍

  • 飛行機と電車のなかで読み進めていた『サピエンス全史』の上下合本をようやく読み終えた。
    ジャレド・ダイヤモンドの人類学的なアプローチというよりは進化論の眼差しを下敷きにマクロ人類史を鳥瞰する。筆者が丁寧に因果と相関を書き分けながら記述しているのがうかがえて読みやすい。アンダーソンの「想像の共同体」のような近代国家成立の要因に限定させれるのではなく、認知革命に端を発する"虚構"の発明が人類発展を駆動したというのが重厚な本著の要諦。

    サピエンスならではの能力を可能にしたのが、想像力だ。サピエンスだけが、約七年前の「認知革命(新しい思考と意思疎通の方法の登場)」を経て、虚構、すなわち架空の事物について語れるようになった。客観的な現実の世界だけではなく、主観的な世界、それも大勢の人が共有する「共同主観的」な想像の世界にも暮らせるようになった。伝説や神話、神々、宗教を生み出し、それを共有する者なら誰もが柔軟に協働する能力を獲得した。虚構を作り変えればすぐに行動パターンや社会構造も変えられるので、サピエンスは遺伝子や進化の束縛を脱し、変化を加速させ、他の生物を凌げたのだ。no.7976

  • 古人類学から始まって、農耕の開始、帝国の興亡(と変遷)、資本主義と科学の発展を通じて、コンピュータ、医療の最先端まで恐るべき広さと深さで記述される世界の歴史。これまで、ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』が最も広範な世界史の教科書だったわけだが、これはその超増補改訂版。全人類の必読書であり、数々の著名人から賛辞が送られているので、今さら書くべきことは何もない。

    上下合冊も嬉しい。

  • 文句なしの傑作!!

    いやー、面白すぎです、この本。

    虚構=想像力がサピエンスが生き残った要因って説も超興味深いけど、後半の「幸福」に関する考察や、今後の未来に向かって我々人類にどんな方向性が考えられるか?その考察がまた超絶面白い!!!

    間違いなく今年のベスト3に入る本です。

  • 大部だったので読み終わるまで時間がかかったが、面白かった。『銃・鉄・病原菌』と同様、知的な興奮を呼び起こす本。科学的には、人生には全く意味がないとか、富める者と貧しい者の違いは、一昔前の白人と有色人種の違いと一緒というモノの見方は、資本主義が進んで富が一部の人に集まってしまった現代の大多数の人にしっくりくる。

  • つねづねに自由主義だって共産主義だって宗教だと言っておりましたので、この本のコンセプトについてはそんなん当たり前、と思っておりましたが、さすがにベストセラーになるだけはあって、当たり前の理由を理路整然と語ってくれている。

    歴史の道筋は、三つの重要な革命が決めた。
    1.約七万年前に歴史を始動させた認知革命。
    言語を駆使し新しい思考と意思疎通の方法を登場させた。虚構の発明によりサピエンスは物事を想像するだけでなく、集団で同じ想像を共有するようになった。

    このことにより、組織の規模の限界をブレイクスルーした。
    「宇宙には神は一人もおらず、人類の共通の想像の中以外には、国民も、お金も、人権も、法律も、正義も存在しない」

    2.1万年程前におこった、くらし方の革命、農業革命。
    人類は250万年にわたって、植物を採取し、動物を狩って食料としていたが、1万年ほど前にいくつかの動植物種の生命を操作することに、ほぼすべての時間と労力を傾け始めた。

    農業革命は、中東をはじめ世界のさまざまな場所で完全に独立した形で発生した。

    しかしながら農業革命は、史上最大の詐欺だった。
    食料の増加は、よりよい食生活や、より長い余暇には結びつかず、むしろ人口爆発と飽食のエリート層の誕生につながった。

    3.わずか500年前に始まった科学革命。

    そして、科学革命は歴史に終止符を打ち、何かまったく異なる展開を引き起こす可能性が十分にある。

  •  人類の歴史を原始の時代から現在、そして未来の在り方までを論じている。ただし詳細な歴史を描くのではなく、歴史を動かすきっかけとなった出来事をかなり大づかみで語る。また、その中には独特の批判精神があふれており、文明批判の書という位置づけがふさわしい。
     人間は他の生物にはない言語機能を獲得したことから、さまざまな抽象概念を持つようになり、社会とか国家とか平和とかいう形なきものを追求し、そこに理想を求めだす。無形のものに命を懸けたかり、それを保つために神経をすり減らしたりするのは人類がその後の歴史を刻むための大きな要因というのだ。
     そのほか、科学革命がもたらしたものや、グローバル化の弊害など実はほかでも読んだり見聞きした内容が大半であり、目新しさはすくない。ただ、実に巧妙な比喩の連続は読者を飽きさせず、これまでなんとなくわかったようなつもりになっていたことを易しいことばに変換させてくれた気がする。
     終章の未来予測は何ともブラックだ。人工知能の開発の末にあるのが、サピエンスの終焉だという。予測することすら不可能な未来は、宇宙戦艦ヤマトに乗るのが我々と同じ風貌をした子孫ではないかもしれないことを予測するのである。ネアンデルタール人と同じ運命を自ら作り出しつつあるのだというのだ。

  • 現生人類ホモサピエンスの繁栄は、「妄想(宗教や法律など)を信じ一致団結する能力をもったこと」という考え方は興味深い。これまでこういう主張をした人は少なかったのではないか?

    人類を駆り立てる様々な仕掛けについて、現在わかっている人類史に基づき説明を試みている。近年、時空(宇宙)や物質、生命、科学技術の生い立ちを俯瞰する試みが多くなされている。

    歴史をうまく説明できる論が出て来ることが期待される。

    追伸
     レヴィ・ストロースの構造人類学の思想が底流にある?

  • 超面白かった。もうほとんど充分ですね。

  • Incredible theories of Homosapience. According to author what makes us differ from other species is ability that can make and believe "story". (マサト)

  •  
    ── ハラリ/柴田 裕之・訳《サピエンス全史
    Homo Deus: A Brief History of Tomorrow was published in Hebrew in 2015.
    文明の構造と人類の幸福 20160916 河出書房新社》上下合本版
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B01KLAFEZ4
     
     Yuval Noah Harari 19760224 Israel /ユヴァル・ノア・ハラリ
     
    ── 《クローズアップ現代+▽“幸福”を探して 人類250万年の旅
    ~ 世界的ベストセラ ~ 20170104 22:00-22:25 NHK》
     オバマ大統領やビル・ゲイツ氏など世界の指導者が絶賛している一冊
    「サピエンス全史」。人類史を新たな視点で描いたこの本を読み解き
    混迷の時代を幸福に生きるヒントを探る。キャスター;鎌倉 千秋
     
    (20170104)
     

  • よくまとまっており内容的にもストレートで理解しやすい本。
    サピエンス全史、というのはちょっと誇大的なタイトルで、中身はよくある文明論。人類は言葉を発明することで、その場に実在しない神や資本主義、科学的思考といったものをイデオロギーに掲げて大きな集団を統一することができるようになった、という内容。脳化理論などで既に言い尽くされた感のある主張が大半であまり目新しいものはない。

    ・交雑説によると、ホモ・サピエンスはヨーロッパや中東でネアンデルタール人と交雑し、東アジアではホモ・エレクトスと交雑した。
    交代説は、ホモ・サピエンスが先住民であるネアンデルタール人らと交わることなく交代したという。
    ここ数十年は交代説が有力であった。人種差別的でない(交雑説が正しいとすると、アフリカ人とヨーロッパ人とアジア人で遺伝的な違いがあることになる)
    しかし、2010にネアンデルタール人のDNAが解析され、交雑説を支持する研究が集まりつつある。

    ・人類を統一している3つの要素は宗教、貨幣、帝国主義であった。
    ホモ・サピエンスは当初はそれほど有力な種でもなかったが、7−3万年前に「認知革命」と呼ばれる突然変異が起こり、その結果ネアンデルタール人らを放逐することができた。
    それまでも「気をつけろ!ライオンだ!」という言語を有する動物や人類種はいたが、「ライオンは我が部族の守護霊だ」などといった虚構について語る能力を得た。これが神話をつむいで集団をまとめる力になった。宗教の中にも一神教と多神教があり、多神教は寛容であるが、一神教では他の神を偽りとみなさざるをえない。かつては多神教の信者が多かったが、一神教に駆逐され、現在の世界の大半は一神教になっている。

    ・宗教はさらに貨幣への信仰へとつながる。宗教は特定のもの(キリスト教やイスラム教のように)を信じることを求めるが、貨幣は他の人々が特定のものを信じていることを信じるように求めるので、キリスト教徒とイスラム教徒のように宗教的信仰について同意できない者同士であっても貨幣に対する信頼に関しては同意できる。貨幣は宗教や性別、人種、年齢などに基づいて差別することがない。人類の寛容性の極みである。

    ・サピエンスの繁栄は他の動物種にとっては悲劇である。が、見方を変えれば小麦やじゃがいもなど特定の栽培食物によってサピエンスが家畜化されているとも言える。
    小麦のために一生懸命岩や石を取り除いて環境を整え、虫や疫病から守り、遠くから水を運び、動物の糞便を集めて栄養として与えている、

全20件中 1 - 20件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする