ブクログ大賞

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 140人登録
  • 3.26評価
    • (9)
    • (11)
    • (30)
    • (9)
    • (2)
  • 23レビュー
監督 : ジェームズ・ボビン 
出演 : ジョニー・デップ  ミア・ワシコウスカ  ヘレナ・ボナム=カーター  サシャ・バロン・コーエン  アン・ハサウェイ 
  • ¥ 2,776 (参考価格 ¥ 4,320)
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2016年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241764010

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 分かりやすい。時間を旅する場面の映像が特に綺麗。

  • 前作もだけれど原作からはかけ離れた物語と思えば楽しめます。
    色彩豊かな映像の美しさにはまたまた脱帽。
    アリスのママが一歩踏み出したところ、赤の女王の切なさ、なかなか見どころあり。

  • 敬愛してやまないアラン・リックマンの遺作の一つであったので、いつか見たいと思っておりました。

    アラン・リックマンが声を当てている芋虫(今作では蝶々に)が話すのを聞いて、ああ、もうこの人のベルベットボイスは聞けないのかと感慨深い気持ちに。ドアを開けたアリスに向かって言った「Mind your step」は、友人のようであり他人のようであり、そしてどこか父性を感じさせるものでもあり。たった数分のシーンでしたが、彼が出演してくれてよかった。

    前作で大暴れしてくれた各キャラたちとの再会シーンは胸踊るものでしたし、ハートの女王の影が見えるシーンではやっぱりワクワクしました。

    クロノスフィアに乗って、時間の海を航海するシーンは、さすがディズニー!といったお金のかけかたで、迫力満点。劇場で見ていたらさぞかし楽しかったでしょう。

    ストーリー展開はやや予想展開が簡単すぎるものの、キャラクターたちに個性を持たせているので、これくらいシンプルなものの方がトゥーマッチにならないのでバランスが良いのかもしれません。

    個人的に、映画は90分から120分のあいだで作られるのが一番良いなと思っているのですが、こちらは112分。その間、一度も飽きたりすることなく見られたので、エンターテイメントとしては優れた作品なのだと思います。

    とにかくアリス役のミア・ワシコウスカが魅力的です。四角い顎のラインも、睨みつけたときに見えなくなる色の薄い眉毛も、中性的な瞳も。声もとても心地よく、劇中で身につける様々な衣装もよくお似合いでした。ハートの女王に会いに行ったときに来ていた、ふくらんだパンツが素敵でした。

    ジョニー・デップは若干苦手な俳優さんですが、ハッターは主役を食いすぎないへんてこさで好感が持てます。最後の「But dream is not real(でも夢は現実じゃないわ)」というアリスに対して、「Who decides which is which?(そんなこと、誰が決めたんだい)」は、アリスの世界観だけでなく、ルイス・キャロルの意思すらも感じさせる会話でうるっときました。

    あと、大大大大大好きなスティーブン・フライがチェシャ猫の声をしているので、チェシャ猫が出てくるときゅんきゅんしました。

  • 観了。

    本当にただのアリスの我儘。1人の友達を助けるためだけにタイムを危険に陥れたりして。

    ハッターが急に死にかけなのも意味不明。

    私の好きなハンプティダンプティやディーとダムが少ししか出てなくて残念。

    前作の面白さが4回観てやっとわかってきたところなので、これも後の評価になるかな。

    映像はカラフルで綺麗。
    (170604)

  • 時間は泥棒だと思ってたの
    愛するものをすべて奪う
    でもあなたは奪う前に与えてる
    毎日が贈り物よ
    その毎時間 毎分 毎秒が

    過去は変えられない でも学べる

    家族と時間の大切さを改めて思い出させてくれました。

    最後のキングスレー親子がかっこいいです

    EDムービーが素敵。

    まだ消えられない幼少のチェシャ猫可愛すぎる(*´Д`*)

    CMでタイムが悪役なのかと思ってたけどそうじゃなかった。アリスもだいぶ暴挙だけど、どっちにしろ赤の女王も狙ってたしな。遅かれ早かれ。

    赤の女王みたいな人って多分現実にいっぱいいるんだろうなぁ。純粋な正直者だからこそ。

  • 過去は変えられない。だけど過去から学ぶ事は出来る。FF8でもそう言ってたっけ。変わるのは私。アリスの母親が前向きに生き始める姿が清々しかった。ワンダーランドは相変わらず美しい。

  • もう、うちの祖母がジョニー・デップを見て「あのいつも白塗りの人」としか言わなくなったのですが、彼はこのキャリアに悔いはないのでしょうか。もしないのであれば、私も彼を、20から21世紀にかけての「ベストオブ白塗り」と評したい。むしろ黒塗りの作品や、肌色の作品、中には青塗りのようにしか見えない作品ももちろんありますが、白塗り作品の多さは、やはり群を抜いていると思いますので……

  • 映画館大画面で見るべき傑作。パンフレットも必買。

  • あまりに退屈で途中から他ごとしながら見た。

  • いやあ面白かった。
    相変わらずのブッ飛びっぷり。
    監督がティム・バートンじゃないから心配したけど、心配無用でした。
    しかしまあアリスがどうにも好きになれん。
    ある意味悪役じゃねえか。
    そして白の女王も悪いし。
    もうホントみんな自分勝手。
    まともなのはタイムくらい。
    ホント悪役しか出てこない映画だなあ(笑)
    まあそこが面白いんですけど。
    最後にアリスが頑張って世界を救った風だけど、元凶はお前だしな。
    2~3発ぶん殴られてもよかったんじゃねえの?
    そんなこんなでとにかくメチャクチャで最高でした。

  • アリスの世界である必要があるのか?

  • 設定がもう僕が知ってたディズニーのアリスからはかけ離れた別物のストーリー。  別物のストーリーとして見てもらえれば、娯楽になるかも。

  • ハッターのお父さんが両手広げて家族守るシーンが好き。

    戴冠式でのイラスベスのうれしそうな表情を見ると国民が本当にひどい人たちに思えてくる。
    式であんなんだから普段からちくちく視線だったりひそひそ声で傷ついてきてのとどめだったんだろうなー可哀想。

    ミラーナが一生懸命石になったイラスベスを運んでいくところがよかった。
    後悔してないはずはなかっただろうし、一度誤魔化して嘘をついてしまったから全てを認めるのは勇気がいることだとおもうから強くなって謝れたのがすごくよかった。
    イラスベスも少し救われただろうな……

    アリスのお母さんの愛も凄くよかったし、今回も面白かった。
    次は流石にないのかな?

  • 原作未読だけど、”不思議の国~”を鑑みればたぶんその方がいいくらいだよね。ジョニデ顔が変わりすぎで一瞬違う役者さんに変わったのかと思った。言葉遊びがすごく多かった(そりゃルイス・キャロルだもんな)のにイマイチわかりきらなかったのが悔しい。原作読むか…

  • 面白かった。
    吹き替えゴミ。字幕おすすめ。

  • 過去は変えられないけど過去から学ぶことはできる

  • もう不思議の国のアリスではないという前置きで見たほうがいい。映像は美しい。
    アリスは可愛いけれど終始ドレスが可愛くない。タイムは悪役だと思いきやいい人だった。赤の女王が不憫でならない。結局は美しく可愛いほうが得なんですねってマイナスに考えるほどに不憫。白の女王はとにかく美しい。
    女王姉妹とマッドハッタ―の過去が分かるといったところでしょうか。

  • 監督が変わったことで万人受けしやすいストーリーになったと思う。前作の雰囲気を残しつつ話がスッキリ気持ち良く終わって、個人的には2の方が好み。

  • 不思議の世界の秘密がついに明かされる‼️
    悲しい過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けれマッドハッターを救うため、時間をさかのぼる冒険へ。運命に立ち向かうアリスを待つのは秘められた真実と時間の番人タイム、はたしてアリスはマッドハッターをそしてワンダーランドを救うことができるのか?

  • タイムはいい人。もう一回見たい。

  • 信じることの大切さ。
    信じていると相手に真摯に伝える大切さ。

    I always believe you.

    今作の監督がティム・バートンでなくなったのは残念だったけど、前作の世界観が受け継がれていて良かった。

  • 原作の『不思議の国のアリス』からは、かなり遠いところまで来てしまった作品。
    前作自体ヒットはしたけれど、あまり原作に対する敬意を感じられなくて残念な作品だったので、続編にも期待はしていませんでした。

    個人的にこの作品の見所は赤の女王と白の女王の過去がわかるところね。
    赤の女王が不憫すぎ…。


    それにしてもジョニー・デップかなり顔が変わってしまってるのが気になりましたわ~…。

全23件中 1 - 23件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする