うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本) [Kindle]

  • 72人登録
  • 4.44評価
    • (14)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 田中圭一
  • KADOKAWA / 角川書店 (2017年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本)の感想・レビュー・書評

  • 【「わー!きたー!あいつだー!」がよくわかる】
    とてもいい本です!

    トンネルを抜ける感覚。
    そして黒いものが這い上がる感覚。
    青空が広がる感覚。
    絵にしていただいているからこそ、
    今後この共通イメージで語れることのみをピックアップしても、すごい貢献だと感じます。
    結論にはおおむね同意です。

    これがあるとさらにいいと思ったのは…
    ・もう少しお医者さんだけでなく、
    カウンセラーさんが出てきてもよかったかも?
    ・もっと情報を少なくしてもよかったかも
    (やっぱり真面目に読みすぎちゃう)

    私が自分の気持ちを理解できないことを
    泣いて案じてくださっていた
    カウンセラーさんの姿を思い出しました。
    うつヌケに関わってくださった皆様に感謝です。

  • 身近でうつ病になりかけた人がいました。
    なりそうにない人がなる、風邪のようなもの。
    コミックを読みながらすうっと知識や心構えが入ってきました。

  • わたし自身は、うつの自覚/診断もありませんが、色々と知りたくて読みました。
    うつの人の感覚だけでなく、なりやすい状況などが体験とともに語られており、予防などにもいいんじゃないかと思いました。
    きっと誰にでも患う可能性のある病だと思います。「生き急いでいる感覚や、疲れてるなと思ったら、ちょっと落ち着いて趣味にでも没頭して。」というのは今まで以上に意識しておきたいなと思います。

  • 専門書ではないが鬱病を経験した人たちからの実体験をインタビュー形式で聞き、それらをライトながらも幾つものの「気づき」となるものが散りばめられていて、巧く纏められていてかなりの良作といえる作品。
    私は専門家でもないので確かのことは言えないが田中圭一さんの気圧での波は季節性鬱病、冬季鬱病を想起したが、訪れる気分の落ち込みが事前に分かるのと分からないのでは対処の違いに出てくるのでこれは人によって大きなヒントになったのだろう。
    そして、田中圭一さんの語り口の節々に感じる鬱病と付き合う柔和な心構えがとても良いのである。幾つもあるが、一つ取り上げると「うつはそのうち完全に治る」とあるが、そのうちという語句が入っているのがよい。そこには完璧であろうとする無理強いをしない姿勢があるのが良いのである。
    危ないなと思ったら、請負わない、気負わない、無理をしない、そして、一度止まって自分の心の声を聞くのも大切であり、生きていく上でありのままの自分を受けとめ、自分を大切していくのは生き抜く上で大事なことである。苦しいなら辞めるという選択肢もあるということを忘れずに。
    よく責任感が強く真面目な人がなりやすいとされる鬱病だが、そう至ってしまうスパライルが的確に述べられているのでとても参考になる。そして、性格上の気質から認知の歪み(偏った思い込み、白黒思考、べき思考、深読み、先読み、それに伴う自己批判、自己嫌悪)が鬱病の入口に起因し易いことも参考としての知見に溢れている。
    継続出来る好きな趣味、打ち込めるものがあるとそれがうまく出来なくなった時に身体の危険信号として役に立つのと、鬱病の出口となるのは人によって様々であるが、一時の現象と捉えて現状から時間を置いて時を経つのを待つというのは鬱病にとって良薬と思えた。あと、新型うつ病についての言及もあると良かったかなっと。

  • 鬱から抜けた人々のドキュメントですけどこの抱いているやつがオイラにも来るんだよね。

  • 私は過去に鬱を抱えていた。
    その頃のことを思いながら読んだ。
    いろんなパターンがあるのだと知った。
    マンガなので読みやすく、
    周りに鬱の人がいるという方は気持ちを知るために読んでみてもいいかもしれない。

  • 17人の体験談が紹介されています。
    うつになった(再発した)きっかけ、うつを脱出したきっかけや方法が書かれており大変参考になります。
    人は本質的に自分が好き、肯定されたい、必要とされたいという欲求があり、これに抗うと心が弱る、ということです。
    現にうつに苦しんでいる人だけでなく、そういった人を支援する人、管理職の人にもぜひ読んでいただきたいです。

  • 鬱を客観視できる。また様々な経験が読めるので参考になる。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本)を本棚に「積読」で登録しているひと

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本)はこんな電子書籍です

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本)の単行本

ツイートする