うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】 (角川書店単行本) [Kindle]

  • 164人登録
  • 4.27評価
    • (25)
    • (22)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 田中圭一
  • KADOKAWA / 角川書店 (2017年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】 (角川書店単行本)の感想・レビュー・書評

  • 2017/5/27読了。
    一応僕もうつヌケの経験者ということになるわけだが、何でうつになったのか、何でそこから帰ってこられたのか、実はよく分からない。両方とも、色々な要素が複合的に重なっていて、何かが決定打になったのではないような気がするのだ。
    本書はその様々な要素を割と広くカバーしているように思う。うつになる原因も、そこから抜け出す道筋も。思い当たることがいくつもあった。たぶんいま苦しんでいる人にも思い当たることが書かれているはずだ。
    だからといって、こうすれば必ず治るというふうに言えないのがうつの厄介なところなのだが、本人が思ってもいなかった事柄が複合的にうまく組み合わさって、ひょんなことから治ることもあるとは言える。本書はその事例集として読める。
    本書のエピソードや自分のケースを振り返って思うのは、うつは人生の病だなあ、ということ。もちろん神経伝達物質の病なんだけど、それが形になって現れるきっかけは、人や社会との関わりであることが多い。そこから救い出してくれるのも、多くの場合は人や社会だ(自分一人で這い上がれることはまずない)。人や社会との関わり方が時間と共に変わってゆくこと、それはつまり人生そのものと言ってよいと思うのだ。人が人生を生きる以上は常にそのリスクを誰もが抱えている病、そして人生を生きていれば常に治る希望を誰もが持てる病、それがうつだという気がする。

  • 苦しみは主観であり、ことさら精神の苦しみに関しては「その痛み」や「症状」が理解されづらい風潮がある。

    色んな人が興味を持ちやすい形で提示することで社会と個人の間で発生する苦しみが少しでもなくなれば良いと思う。

    うつ病とそれを抜け出した人の当時と今の生活サイクルがわかるエッセイマンガ。

  • 私は海外で働き、勉強していますが、よく思うのが、
    なんで、日本人は、あんなに真面目に働いているのに、豊かさを享受できないんだろうということです。
    疲れ切った表情の方を見る度に、疑問を感じます。

    ここ十数年で、特に精神疾患者数の上昇の一途をたどっています。仕事には、完璧さを求められ、ある条件と環境の中に入ると、
    誰でも長時間労働をすることになります。また、今は残業規制が厳しく、長時間労働は、ご法度になっていますが、仕事量は、変わっていません。よって、効率を上げるないといけません。
    そのため、長時間精神を酷使することになるので、それが、長期的に続けば、いずれ潰れてしまいます。

    この本で登場してくる方の中にも、仕事が順調であったが、責任を背負い過ぎて、うつ病に突入なんて、
    例がたくさんあります。また、そうなってしまったら、どうするのかも、いろいろな例を交えて描かれています。

    ① 友人や知り合いが、君が必要だと言われて、うつトンネルを抜け出すことができた。
    ② 素直に、うつ病の状態を受け入れて、心療内科に行く
    ③ 自分の今の状態を積極的に話す。そして、他人を理解する余裕を持てるようにする
    ④ 過去のトラウマを受け入れる
    ⑤ すべてのプライドをすて、心を縛るものを開放するようにする
    ⑥ 気分が落ちた時は、「好きなこと」をやる。趣味に没頭するのもよし

    という感じです。
    やはり、うつ病に原因には、パターンがあって、その中でも、自分の能力を過剰に見積もって、
    処理できない責任をいつの間にか背負ってしまって、気付いた時には、うつ病を発症していることが多いように思います。

    非常に読みやすい本です。もし、今、辛い状況に陥っている人ならば、少し気持ちが上向くと思います。
    本当は、うつ病になる前に、今陥ってる状態を脱し、安全な場所に行きたい、しかしそれは、なかなか難しい。
    結果的には、うつ病になってみて、自分を平常に保つバランス感覚を身に着ける。

    うつ病の予防は、今、必須だと思います。中学校ぐらいから、カリュキュラムとして、組むのもいいと思います。そのために、この漫画は、非常に効果があると思います。

  • 双極性障害のことも書いてくれている。

    字が多いなぁ、とも思ったが、ずんずん読めた。

    最近、本当にやばいので、助かりました。

  • 鬱の戻りについて、参考になった。

  • 鬱病になった時の対処法がとても具体的に描かれていて、いざそうなった時に安心できそう。有名な方々が意外なことに、本格的な鬱に苦しんでいらっしゃり、辛そうで恐ろしかった。鬱のイメージの黒いゼリーみたいなのが凄く怖かった。人生には何が起こるのか分からないので、自分には無縁だなどとは思わずにいるべきだ。

  • ギャグ漫画家が書いているだけあって、ナイーブな内容だが終始穏やかな気持ちで見ることができた。
    今はそんなことないが、この先酷く落ち込むことがあったとき、この本を読めば救われるかもしれないと思う。

    それにしても画風が手塚治虫に余りにも似過ぎじゃないか?

  • イケダハヤト氏絶賛、Kindleセールで実質9割くらい安かったので買ってみました。大小あれども誰しもが気分の波はあるでしょうから、読んでてなるほどと思う部分はあったものの自分自身はうつになったことは無いのでめちゃくちゃ共感はできませんでした。
    でもいつ誰にその機が訪れるかはわかりませんので、知っておいても損はないかなーくらいの内容。

  • いろんな人の鬱の症状とその回復を描いた漫画。大槻ケンヂとか有名人の話も紹介されています。

    一話あたり10ページ程度で描かれていて、いろんな紆余曲折があって、深刻だったんだろうけど、あえて軽いタッチで描かれている。

    現代社会に生きる人にとって、鬱とは無縁じゃいられない。
    自分もいつ鬱になるか分からないし、もしくは周りの人もいつ鬱になるか分からない状況だと思う。
    もしもの状況に陥った時には役に立つ?!はず。

  • わかりやすく、いろいろなタイプの鬱から抜け出した例が書かれており、とてもためになった。これからは、家族や自分のことを少しづつほめることにしようと思う。

  • サクサクッと読めて、多種多様な事例が参考になります。
    心の風邪は気長に付き合うしかないのかなぁ、まずは自分を
    好きになれば世界が変わるかも。無理せず足掻かず進みましょう。
    常識に囚われず、サボることも時には必要不可欠。

  • うつ状態を抜けた=「うつヌケ」した人たちへのインタビューを、パロディ漫画家の田中圭一氏がコミックにした作品。

    気分が落ち込むことがデフォルトな私は、何かがきっかけですぐに気が滅入ってしまって「こんなことくらいで凹んでしまうなんてダメだなぁ」と負のスパイラル思考に陥ってしまいがちなんです。

    この作品に出てくるのは、大きなビジネスを成功させたり、世間的に認められた人たち。彼らの体験談を読んで「スゴい人たちでもウツウツとなることあるんだな」と、ちょっと自分を肯定できるようになった気がします。

    少しでもウツっ気がある人には、ぜひ読んで欲しい。

  • 【「わー!きたー!あいつだー!」がよくわかる】
    とてもいい本です!

    トンネルを抜ける感覚。
    そして黒いものが這い上がる感覚。
    青空が広がる感覚。
    絵にしていただいているからこそ、
    今後この共通イメージで語れることのみをピックアップしても、すごい貢献だと感じます。
    結論にはおおむね同意です。

    これがあるとさらにいいと思ったのは…
    ・もう少しお医者さんだけでなく、
    カウンセラーさんが出てきてもよかったかも?
    ・もっと情報を少なくしてもよかったかも
    (やっぱり真面目に読みすぎちゃう)

    私が自分の気持ちを理解できないことを
    泣いて案じてくださっていた
    カウンセラーさんの姿を思い出しました。
    うつヌケに関わってくださった皆様に感謝です。

  • 身近でうつ病になりかけた人がいました。
    なりそうにない人がなる、風邪のようなもの。
    コミックを読みながらすうっと知識や心構えが入ってきました。

  • わたし自身は、うつの自覚/診断もありませんが、色々と知りたくて読みました。
    うつの人の感覚だけでなく、なりやすい状況などが体験とともに語られており、予防などにもいいんじゃないかと思いました。
    きっと誰にでも患う可能性のある病だと思います。「生き急いでいる感覚や、疲れてるなと思ったら、ちょっと落ち着いて趣味にでも没頭して。」というのは今まで以上に意識しておきたいなと思います。

  • 鬱から抜けた人々のドキュメントですけどこの抱いているやつがオイラにも来るんだよね。

  • 私は過去に鬱を抱えていた。
    その頃のことを思いながら読んだ。
    いろんなパターンがあるのだと知った。
    マンガなので読みやすく、
    周りに鬱の人がいるという方は気持ちを知るために読んでみてもいいかもしれない。

  • 17人の体験談が紹介されています。
    うつになった(再発した)きっかけ、うつを脱出したきっかけや方法が書かれており大変参考になります。
    人は本質的に自分が好き、肯定されたい、必要とされたいという欲求があり、これに抗うと心が弱る、ということです。
    現にうつに苦しんでいる人だけでなく、そういった人を支援する人、管理職の人にもぜひ読んでいただきたいです。

  • 鬱を客観視できる。また様々な経験が読めるので参考になる。

全22件中 1 - 22件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】 (角川書店単行本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】 (角川書店単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】 (角川書店単行本)を本棚に「積読」で登録しているひと

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】 (角川書店単行本)はこんな電子書籍です

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】 (角川書店単行本)の単行本

ツイートする